医学界新聞

看護のアジェンダ

連載 井部 俊子

2022.06.27 週刊医学界新聞(看護号):第3475号より

 2022年5月,帰宅してなにげなくつけたテレビは,NHK「歴史探偵」の時間であった。日本の南極観測史上,最も有名な実話であるタロとジロの生存の奇跡を検証しようというものである。

 極寒の南極で鎖につながれて置き去りにされた日本隊の樺太犬,タロとジロが1年後に発見され,保護された「南極物語」には,実は「第3の生存犬」の存在があったというのである。俳優の佐藤二朗が探偵所長を務める今回の「歴史探偵」で,私がほほうと手を打ち,(少々オーバーだが)もんどりうって感激した場面がある。それは犬ぞりチームの先頭を走る「リードドッグ」の役割である(実はリードドッグという用語も後からインターネット検索をして知ったのであるが)。

 私がときめく「犬ぞり」の話に入る前に,タロとジロの親代わりであった第3の生存犬「リキ」を紹介したい。現地でタロとジロに再会を果たした第1次・第3次越冬隊員の北村泰一氏(九州大学名誉教授)が当時の様子を語ったという新聞記事1)を参考にレポートする。

 1958年2月,日本の南極観測隊は昭和基地で第1次越冬隊と第2次越冬隊の交代作業を進めていた。ところがあまりの悪天候のため第2次越冬は急きょ中止となり,関係者全員が南極から脱出した。

 隊員たちと苦楽を共にし,重いそりを引いて貢献してきた15匹の樺太犬を救出する余裕はなく,やむなく基地に残された(「歴史探偵」によると,当時の南極観測船「宗谷」の砕氷能力が高くなく,昭和基地からぎりぎりの燃料でヘリコプターを飛ばし救助船に乗り継いだということだった)。最後の隊員が離れるとき,不穏な空気を察したのか,犬たちは一斉に「ウォ~ン」と吠えたという。

 1959年1月,基地に到着した第3次隊員は驚きの声を上げた。鎖から離れ,極寒の地で2匹が生き延びていたのだ。北村さんは残した犬の名を順に呼ぶが,反応がない。1年前はまだ幼かったタロとジロの名が残った。「タロ」と声を掛けると1匹の尻尾がぴくりと動いた。「タロだったのか」。もう1匹にも呼び掛けた。「おまえはジロか」。すると前足を前方に上げた。ジロの癖だった。北村さんは甘える2匹と南極の雪上を転げ回った。

 15匹のうち,7匹は鎖につながれたまま氷雪に埋もれて死んでいた。あと6匹の姿はなかった。

 タロとジロの生還から9年後,昭和基地のそばの解けた雪の中から,1匹の樺太犬の死骸が見つかった。タロとジロ以外にも鎖から離れ,一時は昭和基地周辺で生きていた「第3の犬」が存在していたのだ。灰色で短毛という特徴から,行方不明6匹のうち「リキ」と思われた。

 リキは第1次越冬中,幼かったタロとジロに自分の餌を与え,実の親のように片時も離れず2匹の面倒をみていた。リキは鎖から逃れた他の5匹の犬と同様にどこにでも行けた。しかし自力では食料を得られそうにない幼いタロとジロを見捨てて逃げることができず,一緒に基地に残ったのではないか。若いタロ・ジロと違い,7歳の最年長だったリキは,徐々に体力を失い,力尽きてしまったのだろうと北村さんは語る。タロとジロが生き延びることができた背景に第3の犬「リキ」がいたのである。

 では,いよいよタロ・ジロ・リキたちが活躍した犬ぞりに目を向けてみよう。

 複数の犬がそりを引く「犬ぞり」は,紀元前から存在し,人間の生活を助けていたと言われる2)。そり犬として活躍するには条件がある。①高い身体能力,②重いものを牽引するための頑丈な体と筋肉,③長時間の移動に耐えられる体力,④極寒の地での厳しい生活にも耐えられる強靱さと忍耐力である。体重45kg前後の大型犬は,寒冷地で重い荷物や人間を乗せて長距離を移動するそり犬として利用される。そり犬1頭で犬自身と同じ重さの荷物を運ぶことができると言われる。

 代表的な犬種には,シベリアンハスキー,アラスカンマラミュート,グリーンランドドッグ,ノルウェジアン・エルクハウンドグレー,カナディアン・エスキモードッグ,樺太犬などがある。樺太犬はサハリンと千島列島に住むアイヌの人々によって生み出されたとされ,体高54~67cmの大型犬で,前脚の筋肉は犬ぞりを引くために発達したと考えられている。残念ながら,車社会の到来で使役犬として必要とされなくなり,エキノコックス症の発生など不幸が続き,1970年代には樺太犬はほぼ絶滅してしまった。

 犬ぞりを牽引する犬たちにも隊列やポジションがあり,立地に合わせた隊列とそれぞれのポジションに適した性格の犬が選ばれる。そり犬のつなぎ方はファンタイプ(1頭1頭をそりに直接つなぐ方法で,犬が広がって走る姿が「ファン」のように見えることが由来)と,タンデムタイプ(犬を2頭ずつ,縦のラインに並べてつなぐ方法。幅を取らないので狭い道や急な道を走るのに適している)に分けられる。

 そり犬にはつなぐ位置に合わせた役割分担がある。先頭(前列)を走る「リードドッグ」,リードドッグの後ろを走る「ポイントドッグ」,ポイントドッグと最後尾の犬の間を走る「チームドッグ」(8頭引きの場合のみ),そりに一番近い最後尾に配置され,そりを操縦する人とそり犬をつなぐ「ホイールドッグ」である。犬ぞりの操縦者は「マッシャー」と呼ばれ,犬をコントロールする。犬たちの負担を軽くするために隊列を組み替える作業も行う。

 リードドッグは,賢いことはもちろん,操縦する人間に忠実で,他の犬よりも勇敢で直観力に優れていることが求められる。メスが多いそうだ。

 本稿の最後に,私がのけぞるように感動した場面を紹介して終わりとしたい。
 番組「歴史探偵」では,タロとジロの生存検証のあとに,北海道の犬ぞり体験を紹介した。司会者が,先頭の犬がいないと犬ぞりチームはどうなるのかと担当者に問うた。「やってみましょう」と担当者は言い,リードドッグをチームから外した。すると,マッシャーが指示をしても犬ぞりチームのメンバーは走り出すどころか,鼻歌でも歌い出すようなリラックスした表情であらぬ方向を向いてたたずむだけであった。

 私はこの映像にいたく引きつけられた。つまり犬ぞりチームが機能するには,リードドッグの存在が重要ということである。ここで人間がチームで仕事をするには,トップとチームをつなぎ牽引するチームリーダーが決定的に重要であるという月並みな結論に至った。

 そり犬の素質を見極め,ポジションごとの訓練をどのように行うのかを探りに,いつか現地に行ってみたいものである。


1)西日本新聞.タロとジロ守った?「南極物語」に“第3の生存犬” 元越冬隊60年目の証言.2018.
2)わんちゃんホンポ.犬ぞりで活躍する犬種とは? 特徴や歴史,仕事の知識.2022.