医学界新聞

連載 井部俊子

2022.09.26 週刊医学界新聞(看護号):第34837号より

 呑香どんこう美佳子さん(47歳)に出会ったのは,今年7月に行われた「2022年度コンピテンシーを基盤とした看護管理者オンライン研修」であった。

 これは一般社団法人日本看護管理学会教育委員会が主催し,「現在,医療機関等に勤務しており,看護管理者(師長・副部長・部長等)の職位にある者」を対象とした1日間(9~17時)の研修である。研修に先立ち,研修参加者には事前学習と課題提出が課せられる。

 事前学習はe-learningである。パート1では管理者の役割のほか,看護管理者が達成すべき成果とは「病床稼働率や看護師の離職率,褥瘡発生率といった単純な経営指標や質指標のみを指すのではなく,良質なケアを提供し,患者・家族のQOLを高めること,あるいはスタッフを意欲的にしたり活気付けたりすること,次世代のリーダーの育成などが含まれる」ことを学ぶ。

 そしてパート2「コンピテンシーとは何か」に進む。コンピテンシーとは,「行動によって見極められる(知覚される)動機,自己効力感,思考スキル,知識などを含む総合的な能力の概念であり,高業績につながると予測されるもの」と解説される。さらにコンピテンシーが注目される背景と学説が紹介され,本研修で使用する6つのコンピテンシー・クラスターと,それらを構成する19のコンピテンシーについて詳述される。

 研修参加者は,かなりのボリュームのある事前学習をしたのち,事前課題ワークシートを研修会開始までに提出しなければならない。ワークシートは,〈背景・部署の課題〉〈自部署の問題〉に続けて,6つのコンピテンシー・クラスターである以下の項目を記述する。

1)認知コンピテンシー……混沌とした状況や重大な問題を理解するときに,表面的な情報や他人の見方や解釈をそのまま受け入れるのではなく,それらも情報の一つとし,自分自身の考察を加え,もっと深い理解に到達するための能力。分析的思考/概念的思考といったコンピテンシーで構成される。

2)達成とアクション……業務改善や達成すべき課題について,その目標に向かって行動すること。達成重視,秩序・クオリティ・正確性への関心,イニシアティブ,情報探求といったコンピテンシーで構成される。

3)インパクトと影響力……周囲の人や組織の特性を理解し,その長所をふまえた上で,自分の職位や権限を利用し,効果的に自分の考えを伝える能力。インパクトと影響力,組織の理解,関係の構築といったコンピテンシーで構成される。

4)支援と人的サービス……他者のニーズに応える能力。対人関係理解,顧客サービス重視といったコンピテンシーで構成される。

5)マネジメントコンピテンシー……管理的な行動力,実行力はもちろん,その行動の意図も多側面から評価する。すなわち,他の人を教育する,指示する,チームを築きあげるという意図をもった行動力。他の人たちの開発,指揮命令,チームワークと協調,チームリーダーシップといったコンピテンシーで構成される。

6)個人の効果性……個人がもっている優れた能力や性質であり,他の人との比較あるいは担っている仕事との比較における成熟度の一部の側面を反映する。また直近の職場からのプレッシャーや困難に立ち向かうときに,個人の業績の出来/不出来をコントロールする能力。セルフコントロール,自己確信,柔軟性,組織へのコミットメントといったコンピテンシーで構成される。

 呑香さんは,八戸市立市民病院(628床)の看護局長として,「地域の中核病院において救急医療と急性期医療の充実に取り組んでいる」組織の概要を説明した。次に〈自部署の問題〉は,看護師のスキルの低下によって入院により生活機能が低下する患者が多いこと,退院支援が順調に進まないため病床利用率が93.5%と高く救急入院用の空床確保が困難であること,地域の医療機関・施設に寝たきり患者が増えていることを記述した。

 〈認知コンピテンシー〉では,現状を詳細に分析したのち,「重症患者の早期離床を促すための知識とスキルが不足しているので,専門性の高い看護師にケアを依存しなければならない状況になっている。そのため,専門・認定看護師による学習機会を強化しケアを実践できる仕組みづくりが必要である」とした。そして呑香さんが〈達成とアクション〉にしたのは,「専門・認定看護師が病棟をラウンドし,実践したケアを病棟看護師も実践できるように,専門・認定看護師の指導力を向上できる仕組みを作る」であった。

 コンピテンシー研修会では,4~5人のチームに分かれ,各人のワークシートについて議論した。私のチームに呑香さんがいた。彼女は画面越しであるが,明るく積極的に発言をしていた。私は,彼女のレポートが4分野4人の専門看護師と14分野27人の認定看護師の活動に強く依存していること,指導力向上の仕組みを作ることは何を達成するためのアクションなのかを問うた。呑香さんの反応はよかった。

 昼休みに修正をした呑香さんのワークシートは次のように変わった。まず自部署の問題をとらえる範囲が拡大した。「重症から回復した患者の回復やリハビリ機能の病院への計画的な転院が難しい」と問題提起した。〈認知コンピテンシー〉では,「在宅復帰をめざした取り組みを入院時から具体的な計画で進めることが必要。一般病棟の看護師が専門・認定看護師にタイミングよく看護計画を相談できることが必要」となり,〈達成とアクション〉では,①急性期治療を受けた患者が回復や療養のために適した病院や施設に計画的に転院できるよう看護を強化するために,②重症患者の看護の学習を深めるとなった。

 研修会が終了して1週間後,私は思い立って,呑香さんの病院を訪問した。月曜日の昼下がり2時間くらい話をしたのち,院内ICUを案内してくださった。八戸市立市民病院の新しく開放的なロビーには地域住民の作品が飾られて涼しさを呼びこもうとしていた。

 呑香さんは語った。コンピテンシー研修では,自分の立ち位置を認識した。今まで学んでいた「逆ピラミッド組織」や「地域完結型医療」を思い起こした。管理者だからと気負ってしまい患者の視点が不足していた。むしろ原点に戻って患者のことを書いていいんだと気付いた。チームの他のメンバーのレポートも自分の鏡となった。病棟に行くと「師長たちを信用していないのか」と言われたが,管理者の「歩き回りと対話」の重要性を理解し実行することにしたい。研修会に参加して“もやもやが晴れた”,と話した。

 今年4月から看護局長となった初々しい呑香さんに,エールを送りたい。

開く

医学書院IDの登録設定により、
更新通知をメールで受け取れます。

医学界新聞公式SNS

  • Facebook