書店イベント・メディア紹介

  • 医学
  • 看護
  • リハ・臨床検査他

2024.06.19

 弊社の《シリーズ ケアをひらく》は、2000年に発行された『ケア学』からはじまりました。

 2019年には第73回毎日出版文化賞を受賞し、医療者だけでなく、多くの方に評価をいただいているシリーズです。

シリーズ ケアをひらく | シリーズ商品 | 医学書院 「科学性」「専門性」「主体性」といったことばだけでは語りきれない地点から≪ケア≫の世界を探ります。 www.igaku-shoin.co.jp

 そんな《シリーズ ケアをひらく》から今年5月に出た新刊『あらゆることは今起こる』は、発行翌日増刷という異例の大ヒット!

 著者の柴崎友香氏は『その街の今は』(新潮社)、『寝ても覚めても』(河出書房新社)、『春の庭』(文藝春秋)などで知られる小説家。そんな氏は、「発達障害」の1つとされる注意欠如多動症(ADHD;Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)と診断されており、本書では自身の内側で起こっている体験や日常生活を報告しています。

あらゆることは今起こる | 書籍詳細 | 書籍 | 医学書院 www.igaku-shoin.co.jp

 今回は、そんな本書のイベントとメディアでの紹介情報をまとめます(随時更新予定)。

▼ 目次

書店イベント

※ 終了しました ※
2024年6月25日(火)開催
「人間は二か所に同時にいることはできない」
柴崎友香氏×斎藤 環氏 トークイベント

 オフライン(代官山 蔦屋書店;東京都渋谷区)とオンラインの同時開催イベントです(19:00~20:30)。以下、イベントの概要です。

「ある場所の過去と今。誰かの記憶と経験。出来事をめぐる複数からの視点」――それは自分の小説そのものだと語る柴崎氏。早くから柴崎氏の小説の登場人物に発達障害の特性である「拡散する主体」を感じ取った斎藤氏は、それゆえに多くの声を集める器となりうるのだ、と論じた(『小説トリッパー』2013年夏号)。それから10年。ADHD診断を経て書かれた本書を斎藤氏はどう読むか。そして柴崎氏がずっと考えているという「人間は二か所に同時にいることはできない」と本書のタイトルはどうつながるのか。きっと何かが起こらずにはいられないクロストーク。

(DAIKANYAMA T-SITE ウェブサイトより)

 お申込み方法などイベント詳細につきましては、下記ウェブサイトをご覧ください。

【イベント&オンライン配信(Zoom)】シリーズケアをひらく『あらゆることは今起こる』(医学書院)刊行記念 柴崎友香×斎藤環トークイベント「人間は二か所に同時にいることはできない」 store.tsite.jp

2024年7月08日(月)開催
「私は「この私」を通じてしか世界を経験できない」
柴崎友香氏×横道 誠氏 トークイベント

※※ 本イベントは終了いたしましたが、アーカイブ視聴チケットを販売中です ※※

詳細はこちらをご覧ください。
申込期間:2024年7月9日(火)〜8月9日(金)

 

 オフライン(本屋B&B;東京都世田谷区)とオンラインの同時開催イベントです(19:30~21:30)。以下、イベントの概要です。

※ 本イベントは6月7日の開催を予定しておりましたが、標題の日程に延期となりました。

2024年5月、小説家・柴崎友香さんの『あらゆることは今起こる』(医学書院)が発売されました。「シリーズケアをひらく」44冊目となる本作は、20年来ご自身のADHD的な要素を捉えていた柴崎さんが2021年9月にADHDの診断を受け、そこから「診断を受けるってどういうことなんだろう」「なんで私は診断を受けてみたかったり、ずっと困っていることがあったんやろう」とじっくり考えながら書き進められた本です。本書では柴崎さんにとっての困りごとが多く紹介され、 柴崎さんの内側世界を読みながら柴崎さんの小説を思い出すこともできる、そんな豊かな一冊となっています。

本書の刊行を記念し、本屋B&Bではトークイベントを開催します。

対談のお相手にお迎えするのは、ASDとADHDの当事者研究本『みんな水の中』の著者、横道誠さん。発達障害の診断を受け、この経験を通じて何か書きたいと思った柴崎さんが影響を受けた一 冊です。本書のあとがきには、”『みんな水の中』 はASDだけでなく「 ADHD者の体験世界を内側から記している」ことも「 意義のひとつ」とあり、それなら私が/ 私も書いてみようと思った。”とあります。

ご著書のなかでそれぞれの体験世界を内側から書いたお二人が、ついに対面されます。

発達障害、といっても特性は人によって様々です。柴崎さんの特性についてうかがいながら、横道さんの事例もお話しいただきます。また、ドイツ文学者である横道さんは、発達障害の特性と柴崎作品の関係性、また混沌たる並行世界に対する文学作品の役割について本書を通じてどのように読まれたのでしょうか。

もしかしたら、横道誠さん司会による柴崎友香さんとの当事者研究の時間もあるかもしれません。

どうぞお楽しみに!

(本屋B&B ウェブサイトより)

 お申込み方法などイベント詳細につきましては、下記ウェブサイトをご覧ください。

柴崎友香×横道誠 「私は「この私」を通じてしか世界を経験できない」『あらゆることは今起こる』(医学書院)刊行記念 bookandbeer.com

 

 以上の情報は、2024年6月19日(水)正午時点の最新のものになります。随時更新予定です。興味がある方はぜひ参加をご検討ください!

対談のお相手のご著書等を紹介

 斎藤 環氏によるオープンダイアローグをテーマにした書籍を弊社からも複数発行しています。

 横道 誠氏による、同じく《シリーズ ケアをひらく》の『みんな水の中――「発達障害」自助グループの文学研究者はどんな世界に棲んでいるか』も好評発売中です。

メディア紹介

2024年5月27日 WEB本の雑誌 <NEWS本の雑誌>

【今週はこれを読め! エンタメ編】 ADHDと診断された作家の感覚と体験〜柴崎友香『あらゆることは今起こる』 www.webdoku.jp

感覚も、脳や身体の特徴も、皆ぞれぞれ違う。それを理解する人が増えることで、生きづらさから解放される人はきっとたくさんいるのではないだろうか。発達障害には関心がないという方にも、読んでいただきたい1冊である。

文:高頭佐和子(書店員)

2024年5月27日 HONZ <おすすめ本レビュー>

芥川賞作家によるADHDをめぐる私ノンフィクション 『あらゆることは今起こる』 honz.jp

コンサータによってドーパミンがよく働くようになると「脳の報酬系が働いている」状態になる。そのことを、「脳内に励ましの歌コーラス隊」がいるという喩え話で説明されている。ADHDの人は、「脳内のコーラス隊が子どもである」から困ってしまうという。……さすがやわ。トランスポーターがどうのこうのよりも、はるかにわかりやすい。

文:仲野徹(大阪大学大学院医学系研究科教授)

2024年5月27日 日本経済新聞 夕刊 <カバーストーリー>

柴崎友香、ADHDの経験つづる 見いだした創作の源泉 www.nikkei.com

ADHDの診断を受けた経験は、創作の原点を見つめ直す契機になった。「今ここにある私の体という限られた1点に、重なり合う複数の時間がまたがっている。そういう感覚の上にしか書けない表現があるのかもしれない。

著者(柴崎友香)インタビュー

2024年6月15日 信濃毎日新聞 <書評>

書評「あらゆることは今起こる」(柴崎友香著) 混沌の世界 「今、ここ」に注力 www.shinmai.co.jp

自分の「できない」や、相手の「わからない」を心のどこに置けばいいのか。「わかる」「わかり合う」を目指す社会において、不安定な状態は隠され、なかったことにされやすい。……自身への問いが新たな問いを呼び、問いが読者に少しだけ飛び火する。それが程よく温かくて優しい。

評者:武田砂鉄(ライター)

2024年6月22日 毎日新聞 <今週の本棚(書評)>

伊藤亜紗・評 『あらゆることは今起こる』=柴崎友香・著 | 今週の本棚 mainichi.jp

具体物が突然抽象的な概念に変化したり、抽象的な話が物のリアリティに飲み込まれたりしていくさまは、無言の魔法を見ているようで引き込まれてしまった。……著者的日常のど真ん中に一瞬で引き込む、原美樹子のカバー写真も秀逸である。

評者:伊藤亜紗(東京工業大教授・美学)

2024年6月29日 共同通信配信(『高知新聞』『沖縄タイムス』ほか) <書いた、思った、考えた>

あらゆることは今起こる 柴崎友香さん 自分の感覚知るきっかけに | 書いた、思った、考えた www.okinawatimes.co.jp

「過去とか現在とか未来といった時間が入り交じる感覚を持っている自分の特性が、小説の執筆に生かされている」と柴崎さんは語る。「この本を読むことが、自分の感覚を見つめ直したり、身近な人に話してみたりするきっかけになればうれしいです」。

著者(柴崎友香)インタビュー

2024年6月29日 Real Sound <BOOK>

話が飛ぶ人は体内に複数の時間が流れているーーADHD当事者の作家が描くエッセイ『あらゆることは今起こる』 realsound.jp

なるほど「人間」は「今ここ」にしか存在できない。にもかかわらず「人間」は「今ここ」に存在しない「あらゆること」を想像できる。それはわたしたちにとっての薬であり毒であり、スーパーパワーであり呪いである。

文:竹永知弘(ライター、日本文学研究)

2024年6月30日 毎日新聞 <文化の森>

ADHD 自分の感覚を言葉に 柴崎友香さん、書き下ろし新著 | 文化の森 mainichi.jp

「ADHDのことを普通にエッセーに書くと、忘れ物や遅刻の失敗談、個別の事象になりがちです。困っていることの多くは、誰もが体験する延長線上にあるので『たいしたことない』って埋もれやすいし、単純化されて誤解もあります。経験や周りの状況を通して、まとめて書かないと伝えるのが難しいと考えたんです」。

著者(柴崎友香)インタビュー

2024年6月30日 読売新聞 <本よみうり堂>

柴崎友香さんと読書委員 ADHDを語る…付き合いづらい世界との折り合い方、誰にとっても参考に | 本よみうり堂 www.yomiuri.co.jp

柴崎 ADHDの困難は「よくあること」に埋もれがちでもあって、難しいところですね。
東畑 ADHDについての本のようで、実は柴崎さんという人が、世界とどう付き合いづらかったかということとが描かれていて、読みながら「俺はこうだな」みたいな、自分が世界とどう付き合っているかを振り返ることを誘発する本に思えました。……
長田 イスに長く座っていられるから定型とか、そうではないですよね。

著者(柴崎友香)/東畑開人(臨床心理学者)/長田育恵(劇作家)による鼎談

2024年7月06日 読売新聞 <一病息災>

「人が当たり前にできるのに、自分にはできないことがある。子どもの頃から気づいていて、実は困っていました」。

著者(柴崎友香)インタビュー

2024年7月09日 Hanako Web <きょうは、本を読みたいな>

【柴崎友香さんインタビュー】人間も社会も混沌とした、わからないものでいい | 『あらゆることは今起こる』| きょうは、本を読みたいな #10 hanako.tokyo

「『乗り越えて頑張った』『そういう特性だから逆に才能があった』というような感動話にまとめられることもある。そうではないべつの伝え方がないだろうかと模索していました。診断を通して気づいたことを、発達障害の当事者だけではない、もっと広く社会を見る視点で書いてみたいと思っていたんです」。

著者(柴崎友香)インタビュー

2024年7月26日発売予定 週刊ポスト(小学館) <POST Book Review 著者に訊け!>

「私もできないことは多いけれど、ただそれもマイナスがあるからプラスもあるというよりは、両方同時にあるって感じなんですよ。ところが文章には常に順序が伴い、『お金はないけど楽しかった』と書くか『楽しいけどお金はなかった』と書くかで優劣や価値が生じてしまう。そうした優劣や序列を離れて、いろんなものがただ同時にある感じを、私はずっと小説で書きたいと思ってきたんです」。

著者(柴崎友香)インタビュー

2024年7月29日発売予定 週刊プレイボーイ(集英社) <“本”人襲撃 BOOK>

「もともと自分の著作を読んでくださっていた方以外にも広く届いている感覚はあり、発達要害への関心の高まりを感じています。その理由は、「普通」の枠が狭くなっていることなのかなと思っています。そして、その狭い「普通」であることが求め続けられる中で、そこからこぼれ落ちたときに助けを求めることが難しくなっているんじゃないかなとも」。

著者(柴崎友香)インタビュー