みんな水の中
「発達障害」自助グループの文学研究者はどんな世界に棲んでいるか

もっと見る

ASD(自閉スペクトラム症)とADHD(注意欠如・多動症)を診断された大学教員は、彼をとりまく世界の不思議を語りはじめた。何もかもがゆらめき、ぼんやりとした水の中で《地獄行きのタイムマシン》に乗せられる。その一方で「発達障害」の先人たちの研究を渉猟し、仲間と語り合い、翻訳に没頭する。「そこまで書かなくても」と心配になる赤裸々な告白と、ちょっと乗り切れないユーモアの日々を活写した、かつてない当事者研究。

*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

シリーズ シリーズ ケアをひらく
横道 誠
発行 2021年05月判型:A5頁:270
ISBN 978-4-260-04699-2
定価 2,200円 (本体2,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • TOPICS
  • 序文
  • 目次

開く

●『シリーズ ケアをひらく』が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。同賞の詳細情報はこちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

開く

水は、心にも良いものかもしれない……
(サン・テグジュペリ『星の王子さま』原文フランス語、Saint-Exupéry 1946: 77)

はじめに

 I部は「詩のように。」、II部は「論文的な。」、III部は「小説風。」――三種類の様式を使って、ASD(自閉スペクトラム症)とADHD(注意欠如・多動症)の診断を受けている私という人間の体験世界を伝える。それが本書の目的だ。

 私はいわゆる発達障害者だ。もしかすると私の「仲間」でも、多くの人は、私のような考え方や感じ方に無縁という可能性もある。だが、それで良い。それこそが「脳の多様性」なのだから。

 本書は、本文内でも触れるさまざまな著作に影響を受けており、それらなしでは生まれることがなかった。しかし、上述した三つの異なる様式から「私」に迫ろうとしたこと、自助グループおよび文学と芸術によるケア、セラピー、リカバリーという見通しを示したことは、本書の大きな特徴だ。

 文学の専門家が、文化人類学から学んだ手法で自分自身に対するフィールドワーク記録を作る。哲学や言語学から学んだ知識も動員して、医療や福祉について考察する。詩人やエッセイストや小説家の流儀を取りいれながら書く。なんともかんともな写真や短歌や絵(落書き)やマンガ(?)まで載せてしまう。「やりすぎ」と言われるかもしれない本書だが、読んだみなさんが「みんな水の中」だと実感していただけるならば、とてもうれしい。

*本書で「原文+言語」と表記している引用はすべて拙訳による。
*原文の傍点やルビなどは無視していることがある。

開く

はじめに

I――詩のように。

II――論文的な。
 一 脳の多様性
 二 水中世界
 三 エスの圏域
 四 植物
 五 宇宙
 六 五感
 七 謎めいた統一体
 八 動物
 九 他者
 一〇 祝福
 一一 呪縛
 一二 依存症
 一三 トラウマケア
 一四 ジェンダーとセクシュアリティ
 一五 死
 一六 医療、福祉、自助グループ
 一七 文学と芸術
 一八 言語
 一九 未来

III――小説風。

あとがき
参考文献

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。