みんな水の中
「発達障害」自助グループの文学研究者はどんな世界に棲んでいるか

もっと見る

ASD(自閉スペクトラム症)とADHD(注意欠如・多動症)を診断された大学教員は、彼をとりまく世界の不思議を語りはじめた。何もかもがゆらめき、ぼんやりとした水の中で《地獄行きのタイムマシン》に乗せられる。その一方で「発達障害」の先人たちの研究を渉猟し、仲間と語り合い、翻訳に没頭する。「そこまで書かなくても」と心配になる赤裸々な告白と、ちょっと乗り切れないユーモアの日々を活写した、かつてない当事者研究。

*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。

シリーズ シリーズ ケアをひらく
横道 誠
発行 2021年05月判型:A5頁:270
ISBN 978-4-260-04699-2
定価 2,200円 (本体2,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • TOPICS
  • 序文
  • 目次
  • 書評

開く

●『シリーズ ケアをひらく』が第73回毎日出版文化賞(企画部門)受賞!
第73回毎日出版文化賞(主催:毎日新聞社)が2019年11月3日に発表となり、『シリーズ ケアをひらく』が「企画部門」に選出されました。同賞は1947年に創設され、毎年優れた著作物や出版活動を顕彰するもので、「文学・芸術部門」「人文・社会部門」「自然科学部門」「企画部門」の4部門ごとに選出されます。同賞の詳細情報はこちら(毎日新聞社ウェブサイトへ)

開く

水は、心にも良いものかもしれない……
(サン・テグジュペリ『星の王子さま』原文フランス語、Saint-Exupéry 1946: 77)

はじめに

 I部は「詩のように。」、II部は「論文的な。」、III部は「小説風。」――三種類の様式を使って、ASD(自閉スペクトラム症)とADHD(注意欠如・多動症)の診断を受けている私という人間の体験世界を伝える。それが本書の目的だ。

 私はいわゆる発達障害者だ。もしかすると私の「仲間」でも、多くの人は、私のような考え方や感じ方に無縁という可能性もある。だが、それで良い。それこそが「脳の多様性」なのだから。

 本書は、本文内でも触れるさまざまな著作に影響を受けており、それらなしでは生まれることがなかった。しかし、上述した三つの異なる様式から「私」に迫ろうとしたこと、自助グループおよび文学と芸術によるケア、セラピー、リカバリーという見通しを示したことは、本書の大きな特徴だ。

 文学の専門家が、文化人類学から学んだ手法で自分自身に対するフィールドワーク記録を作る。哲学や言語学から学んだ知識も動員して、医療や福祉について考察する。詩人やエッセイストや小説家の流儀を取りいれながら書く。なんともかんともな写真や短歌や絵(落書き)やマンガ(?)まで載せてしまう。「やりすぎ」と言われるかもしれない本書だが、読んだみなさんが「みんな水の中」だと実感していただけるならば、とてもうれしい。

*本書で「原文+言語」と表記している引用はすべて拙訳による。
*原文の傍点やルビなどは無視していることがある。

開く

はじめに

I――詩のように。

II――論文的な。
 一 脳の多様性
 二 水中世界
 三 エスの圏域
 四 植物
 五 宇宙
 六 五感
 七 謎めいた統一体
 八 動物
 九 他者
 一〇 祝福
 一一 呪縛
 一二 依存症
 一三 トラウマケア
 一四 ジェンダーとセクシュアリティ
 一五 死
 一六 医療、福祉、自助グループ
 一七 文学と芸術
 一八 言語
 一九 未来

III――小説風。

あとがき
参考文献

開く

●新聞で紹介されました

面白くないわけがない
書評者:斎藤環(筑波大教授・精神科医)

書評を見る閉じる

《ずっと不思議だったのだ。発達障害当事者の書く本はなぜあれほど面白いのか。テンプル・グランディン、ドナ・ウィリアムズ、綾屋紗月、東田直樹らが教えてくれる彼らの世界は、いわば「別の世界線」をかいま見せてくれるようなスリルがある。その系譜に連なる新たな傑作が本書である。

著者はASD(自閉スペクトラム障害)とADHD(注意欠陥多動性障害)の診断を受けている。彼は、先人の「当事者研究」を踏まえつつ、彼自身の世界のありようを詩のように、論文のように、小説のように記していく。著者自身による漫画やイラストも満載だ。複数の形式を用いることで、彼自身の世界が立体的に立ち上がる。

この奇妙なタイトルも、彼自身が常に感じている、水の中を漂っているような感覚に由来する。これに限らず、彼の感覚はわれわれの日常的な感覚とはかなり異質だ。彼らは何が起きるか予測がつかない「魔法の世界」に生きている。水への強い憧れと水に関連する青色を好み、周囲の世界との隔絶感、孤独感をしばしば抱いている。過集中による至高体験をしばしば経験するが、いわゆる「タイムスリップ現象」(トラウマのフラッシュバックに近い現象)にも苦しめられている。また性自認に関しては、男女いずれとも定めがたいXジェンダーが多いという。

本書でもっとも興味深いのは、こうした特異な世界の記述に際して、数多の文学作品が縦横に引用される点だ。従来の当事者研究が自然科学的な記述を目指すのに対して、横道は「文学および芸術と関係づける」ことを目指す。近年注目を集めている「中動態」概念も、発達障害者にとっては日常的なモードということになる。彼らはまるで、哲学の概念を感覚的に基礎づけ、観念の受肉を試みるかのようだ。

そう、私たち定型発達者(マジョリティー)にも、文学や芸術を通じて発達障害者の世界の一部を共有し、横道のいう「脳の多様性」に思いを馳せることができる。その時過去の傑作群は、まったく異なる相貌をもって立ち現れるだろう。これが面白くないわけがない。その意味で本書は批評の書だ。

作品や作家を診断するのが「病跡学」なら、ここにあるのは病跡学を反転させた「当事者批評」という新しい可能性の端緒なのだ。》
(日本経済新聞 2021年6月5日 書評欄より全文転載)

どのように生きられているか
書評者:尹雄大(ゆん・うんで;インタビュアー、ライター)

書評を見る閉じる

《本書は「水の中」に住む者の記録である。「水の中」とはASD(自閉スペクトラム症)とADHD(注意欠陥・多動症)がもたらす世界だ。著者、横道誠の日々は、さながら水の中の出来事なのだ。音はくぐもり、視界はぐにゃりと曲がり、急に明るみが差したと思えば陰る。医学はそのような感覚を視聴覚の過敏さとそれがもたらす疲労が「現実を水のなかの世界のように錯覚させているのだ」と説明する。

錯誤が現実認識を過(あやま)たせ、社会生活を困難にさせる。ならば「発達障害者」の成長を促す感覚統合療法を幼い頃から受けていればよい、という発想があり得るだろう。著者は言う。「受けていたらこの世界に参入することはできなかったのだから、受けなくてよかったと思う」

ASDは「人間関係を発展させ、維持し、それらを理解することの欠陥」があるなど散々な言われようだ。他者の言動への類推や共感の欠落は「心の理論」の障害として知られている。だが、外界からは水の中がそう見えるだけかもしれない。「おそらく定型発達者は他者の意図を三択問題のようにして解いており、対して私たちはそれを十択問題のようにして解いているのではないか」

本作はASDとADHDがいかなるものかという説明よりは、どのように生きられているかを描きだす。横道のトラウマやジェンダー観が語られるさなかに挟まれる温冷水浴や雨期への嗜癖(しへき)、流血など水への連想が読み手に浸透し、気づけば水中にいる感覚が宿る。だが溺れてはいない。とすれば、水の外の社会は数多(あまた)ある世界の一つにすぎず、そこで「息苦しい」と人々が言うのはなぜか、との疑問が湧く。

本書の冒頭は詩のような書き振りで始められる。ふぞろいな字、広く空いた空間。ページの余白に文字が水中の泡のように浮かぶ。同じ表現の繰り返しは、著者の身悶(みもだ)えを思わせる。身体感覚は論理的に語れない。詩ならば包括的に語れる。

水の中を含む私たちの住まう世界は、本当は論理の外で流動している。この世界を真摯(しんし)に捉えるならば、詩を綴(つづ)るような試みが必要だ。》
(信濃毎日新聞 2021年6月19日 書評欄より全文転載)

生きるための、実存的な真剣さの奇跡
書評者:藤田直哉(文芸評論家)
週刊読書人2021年9月3日号

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。