医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2992号 2012年09月03日

第2992号 2012年9月3日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第229回

オバマケア合憲判決の「想定外」(2)

李 啓充 医師/作家(在ボストン)


2990号よりつづく

前回のあらすじ:2012年6月28日,2010年に成立した医療保険制度改革法(通称「オバマケア」)を葬り去るべく共和党・保守派が起こした「違憲訴訟」に対し,最高裁判決が下された。判決文の朗読が始まった直後,ニュースTV局2局が「オバマケアに違憲判決」とする速報を流した。


誤報の理由

 なぜ,CNNとFOX Newsの2局が「違憲判決」の誤報を流したのか,その理由をご理解いただくために,判決文の流れに沿って,今回の判決内容を振り返ろう。

 判決文の大半を執筆したのは,最高裁長官ジョン・G・ロバーツだった。2005年,ブッシュ政権下で指名されて長官に就任したことでもわかるようにもともと「保守派」と目されてきた上,3月に行われた審理の際にも,オバマ政権を代表する法務長官に対して厳しく批判する内容の質問を繰り返した。誤報を流したTV局の担当者が,執筆者の名を見ただけで,「違憲判決だ」とする予断を抱いたとしても不思議はなかったのである。

 しかも,今回の訴訟で最大の争点となった「インディビデュアル・マンデート」(保険加入義務付け条項)は,憲法の「通商条項」(連邦政府が複数の州にまたがる通商行為を規制する権限)をめぐって争われたのだが,ロバーツが執筆した判決文は,「インディビデュアル・マンデートは通商条項で認められる権限を越え,憲法違反」と断じていた。誤報を流したTV局の担当者は,どうやら,判決文のこの部分までを読んだ時点で,「違憲判決」と信じ込んでしまったようなのである(註1)。

 「通商条項の観点から見たら違憲」と裁定したのは,ロバーツを含めた保守派の判事5人であったが,ロバーツの判決文には,このすぐ後,「でも,インディビデュアル・マンデートはやっぱり合憲」とする「どんでん返し」が用意されていた。

 「インディビデュアル・マンデートは,具体的には,保険に加入しなかった人に対し国税当局が罰則金を課すという仕組みで運営されることになっており,これは,憲法が連邦政府に付与するところの『徴税権』の行使にほかならない。『徴税権の行使』という観点から見れば,完璧に合憲」としたのである。ロバーツのこの見解にリベラル派の判事4人が合意,5対4の「逆転勝ち」で合憲の裁定が下されることとなったのだった。

敗訴するも勢いづく共和党

 オバマ政権側は,「徴税権の行使」とする観点からインディビデュアル・マンデートを弁護する議論は行ってこなかっただけに「想定外」の判決となった。では,なぜ,徴税権に基づく主張を展開してこなかったのかというと,その最大の理由は,「税金」と認めた途端に,米国民がもっとも嫌う「増税」を実施したとする攻撃材料を,共和党に与えることが容易に予想されたからにほかならない。「国民に新たな税を課した」と批判されたくないからこそ,「罰則金は税金」とする最高裁判決が出た後も,オバマ政権は,一貫して「税金ではない」と主張し続けているのである。

 一方,共和党は,「インディビデュアル・マンデートは合憲」とされて裁判には負けたものの,最高裁から「罰則金は税金」とするお墨付きを得たことで,「オバマケアは増税を強いる悪法」とする新たな攻撃材料を得て勢いづいている。もともと,法廷闘争で敗れた場合は,2012年11月の大統領選挙に勝利してオバマケアを反故にするという二段構えの作戦であっただけに,「転んでもただ起きない」とばかりに,攻勢を強めているのである。

 皮肉なことに,最高裁判決の後も,オバマと同じく「インディビデュアル・マンデートは税金ではない」と主張して共和党主流派の怒りを買ったのは,同党大統領候補のミット・ロムニーだった。ロムニーはマサチューセッツ州知事だった時代に,オバマケアの「ひな形」となる医療保険制度改革(註2)を実施した前歴があるだけに,「知事時代に増税を実施した前科がある」と言われることを恐れたのである。しかし,オバマと同じ主張をしたことが共和党支持者に不評と見るや,数日後には「やっぱり税金だ」と意見を変更,政治家として「腰の定まらない」ところをあらためて見せつけたのだった。

この項つづく

註1:もっとも,判決文の冒頭部分には「少数派の反対意見を保守派4人の判事が連名で執筆した」ことが明記され,「合憲判決」であることは容易に察せられただけに,違憲の誤報を流した担当者は,よほど慌てて判決文を「飛ばし読み」したのではないだろうか?
註2:「オバマケア」に対して「ロムニーケア」と呼ばれるが,ロムニーは,オバマケアの「ひな形」となるロムニーケアを実施したことについて,「マサチューセッツ州には正しい政策だったが,アメリカ全体に当てはめるには正しい政策ではない」とする苦しい言い訳に終始,「腰の定まらない政治家」という印象を強めている。

連載一覧