医学界新聞

対談・座談会 筒泉貴彦,山田悠史

2024.06.11 医学界新聞(通常号):第3562号より

3562_0201.jpg

 臨床留学は医師としてのキャリアだけでなく,人としての成長にもつながります。一方で,留学先での働き方や,現地での生活になじめず挫折してしまう人も少なくありません。臨床留学を実りあるものにできる人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

 多くの留学生を輩出し自らも米ハワイ大学に留学した経験を持つ筒泉氏と,米ニューヨーク市・マウントサイナイ医科大学で臨床に従事する山田氏の対談を通じて,臨床留学を検討する際に求められる心構えを考えました。

筒泉 大学6年生のときに神戸大学が設けていた1か月間の短期留学プログラムでハワイを訪れたことが臨床留学を志したきっかけです。ニューヨークやタイも留学先の候補としてありましたが,ミーハーだった私はハワイを選びました。そこで医学教育や臨床で行われる医療の質の高さを目の当たりにして,ここで内科医としての研鑽を積みたいとの思いを抱きました。その短期留学プログラムを終えた後,USMLE(米国の医師国家試験)の勉強と,日本の研修医としての努力を並行して行い,卒後6年目からハワイ大学の内科研修プログラム(UHIMRP)のレジデントとして臨床留学することができました(写真1)。

3562_0202.JPG
写真1 米ハワイ大留学時の同期との集合写真。上段右から2人目が筒泉氏。

山田 私は医学部に入学してから,医師になること以外で何かをやり遂げたいと考え,USMLEの対策本と『六法全書』を買って,米国の医師免許か,弁護士資格のどちらかにチャレンジしようとしていました。勉強を進めていたところ,自分は医学が好きだと改めて自覚したことから米国医師免許の取得に舵を切りました。

筒泉 山田先生は大学在学時からUSMLEの勉強をされていましたが,渡米したのは卒後7年目でしたね。

山田 とんとん拍子で行けば卒後2,3年目から臨床留学できそうですが,研修医としての生活自体が楽しく充実していたので留学への興味がいったん薄れました。臨床留学を再び考えるようになったのは後期研修中です。それまで面白いように医師としての飛躍的な成長を感じて充実感を抱いていたものの,徐々に陰りが見えてきました。そうした時に大学院へ進学し博士号を取得する人もいますが,私は学生時代にUSMLEのステップ1を取得していたこともあり,初心に帰って臨床留学について考えるようになりました。ちょうどそのタイミングで藤谷茂樹先生(聖マリアンナ医大)に出会い,「USMLEを取っているのに渡米しないなんてもったいない」と情熱を持って声を掛けられ,背中を押される形で,当時練馬光が丘病院総合内科のプログラムディレクターを務められていた筒泉先生の下で2年間トレーニングを積んで留学に至りました。タイミングや人との出会いが私を米国に導いたのです。

筒泉 私と出会う前から山田先生は総合診療に軸足を置かれていました。総合診療を学ぶことも米国留学のモチベーションだったのでしょうか。

山田 はい。今でこそ多くの病院に総合診療科が立ち上げられましたが,私が初期研修医の頃はほとんどありませんでした。総合診療のスキルを伸ばしながら自らのキャリアパスを歩もうと思ったときに,総合診療が分野として成り立っている米国で学ぶことは自分のビジョンと合致していました。

筒泉 山田先生は臨床留学を自らの成長に生かせていると思います。もちろん日本国内だけでも成長できる機会はたくさんあります。一概に米国と日本どちらが良いかという話ではありませんが,自分のやりたいことと,それを提供してくれる環境とのマッチングが重要なのであり,それが国内であっても,どこの国でも良いと思います。私の友人である心臓血管外科医のうち何人かは,オーストラリアやタイに武者修行として留学しています。加えて,医学部に入学してすぐに米国医師免許や弁護士資格のための勉強をしようなんて普通は思わない中でプラスアルファを求めてきた山田先生にとっては,努力している人のほうがより報われる環境も向いていたのだと思います。日本の組織はどうしても年功序列や平等性を意識するところがあるので,高みをめざして何かスペシャルなことをしたい人には,海外の環境は合っています。山田先生は今も米国で過ごされていて,環境としてはどうですか。

山田 診療科や働く地域によっても変わりますので,全てを反映した言葉にはならないものの,異動したり帰国したりする理由が何も見つけられないほど今の病院に満足しています(写真2)。日本では2024年から始動した働き方改革の面でも米国は先進的で,医師が守られている点が大きな違いかと思います。

3562_0203.png
写真2 研修医時代、病棟のスタッフとの写真

筒泉 私も留学によって20~30年前に米国の働き方改革を見ていて,日本の働き方改革を考えるに当たっての道標をいただきました。また,日本と米国それぞれの研修医を経験して,井の中の蛙とならず世界という大海を知ることができたように思います。同じ病気を見ているはずなのに重症度分類も,治療指針とそこに至った根拠の考え方も全部がとにかく違って,それを直に学べたことで医師としての視野が広がりました。昨今はインターネットで日本との違いは調べられますが,実際に体験するのとでは理解度が異なります。

 留学による成長は生活面でも実感しました。自分と肌の色,国籍,宗教,言語が違う人たちとかかわるというのは,日本語ネイティブで容姿も似通った人が大半を占める日本での生活と全く異なります。家族とも異なる環境での生活をお互いに頑張っていこうとラポールも深まりましたし,自分の人生の中でスペシャルな期間となりました。

山田 私も医師としての成長と,人間としての成長の両方を感じています。ニューヨークは世界でも有数の多言語・多国籍の都市なので,時に英語ですら使いものにならないこともありました。診療では6言語の通訳を使う日もあり,時間もかかるため大変ですが,学びもすごく大きいです。これまでの人生でいろんなことを知った気になっていましたが,何も知らなかったのだと日々思い知らされています。痛みは伴いますが,異国での経験に自分の人間的な器を大きくしてもらったり,懐を深めてもらったりと,成長の機会を与えてもらっているような気がしています。

山田 かつての私がそうだったように,臨床留学の準備のために筒泉先生の下を訪れた方は何人もいたはずです。そうしたご経験から,留学を実りあるものにできる人,そうでない人とさまざまなケースを見ていると思います。一緒に医師として仕事して,生活をして見えてくる傾向の違いを感じられたことはありますか。

筒泉 何が何でもやり切るという胆力と覚悟,何をしないといけないのかを冷静に分析する力が,成功と失敗の分かれ目かなと思います。どこかで「もういいや」と手を抜いてしまったり,自分のスタイルに固執してしまったりする人には,うまくいかない傾向が見られます。極論,自分のスタイルを悔しくても曲げられる覚悟がないと独りよがりになってしまう危険性がある。勘違いしてならないのは,海外の臨床留学プログラムが,「喜んで来てください」というスタンスではないことです。最低限,各施設が求める基準を満たさなければなりません。その基準を満たすために前述した能力が必要になるのだと思います。

山田 同感です。米国で常勤医師になって以降すごく感じるのは,常に360度から評価され続けるプレッシャーに打ち勝たなければならないことです。1年間で診た患者数,自分が上げた売り上げ,教えた研修医の数とその研修医たちからの評価,発表した論文数,全てが細かく点数化されて位置付けが決められます。精神的なタフさもなければなかなか生き抜けません。そういう意味でも,事前の臨床留学に対するモチベーションや覚悟の違いは,留学後の成功にも結び付くのかなと思います。

筒泉 山田先生を含めて留学を希望する方にたくさん会ってきて,留学してからのビジョンを持っている人はうまく行っているように思います。一方で,留学することがゴールになっていて,米国留学をステータスとして,それ自体が日本で医師をしているよりも上位のスペックだと勘違いしている人も少なからずいて,彼らの多くは留学してもうまくいっていないように見えます。臨床留学はかなり大変です。海外の医師免許を取得すること,異なる国で医師として生き残ることだけでなく,家族も含めて今ある環境を日本に置いて行くのは大きなストレスになります。そうしたストレスを乗り越えるには,相応のモチベーションと緻密なビジョンが求められます。

山田 それ以上賛同できないぐらい首を縦に振って聞いてしまいました。まさに,憧れだけではやっていけません。準備の大変さもさることながら,留学してからの理想と現実とのギャップや生活面での苦労に打ち勝たなければならないからです。そうした苦労を乗り越えられず,帰国してしまう方も実際にいらっしゃいます。

筒泉 確固たるモチベーションとビジョンを持っている人は,たとえ走り出しが良くなくても絶え間なく成長しています。童話『うさぎとかめ』のように,スペックがどれだけ高くてもモチベーションが維持できなくなると途中で失敗してしまう。臨床留学は成長するための手段であってゴールではない。自分にとっての適切な成長への道筋を描けているかが,臨床留学の成功に向けて一番大切なことだと思っています。

筒泉 ただ,山田先生をはじめとする臨床留学を経験した優秀な医師に憧れ,モチベーションやビジョンを持たずとりあえず留学しようと考えてしまう人がいるのもまた事実です。憧れの対象とされる彼らの能力は,必ずしも留学だけで培われたわけではないことをどう伝えれば良いのか。臨床留学の先輩という立場で,うまくいかなくなる人を見るのは忍びなく,いかに彼らを導くべきか日々悩んでいます。

山田 確固たるモチベーションやビジョンが,留学前に必ずしも見つかっていなくても良いのかなと思うようにもなりました。筒泉先生のお話と,先ほど私が話した「憧れだけでは留学できない」との話と矛盾してしまいますが,慎重に道を選ぶだけでなく留学に興味を持ったらチャレンジしてもらいたいですし,私も応援したいという気持ちを持ちました。

筒泉 気持ちに変化があった出来事などがあるのでしょうか。

山田 卒後早くして,ビジョンもなくとりあえずのように留学され,途中で帰国してしまう人を見る一方で,米国に来たからこそ本当にやりたいことが見つかったという人も少なくないからです。人や物事との出会いはオンライン上でもできますが,そのほとんどが計画的なものです。人生の転機となる偶然の出会いは「場所がつくる」ものだというのを,これまでの人生を振り返って感じています。日本で生活して,自分がやりたいことに出会えなくても,場所を変えれば人生をも大きく変えることがあり得るはずです。

筒泉 なるほど。私は今,「留学を応援している人に失敗してほしくない」との思いからかなり慎重に準備を手伝っておりその立場上,保守的になってきていますが,自身を振り返ってみればハワイと聞いて行ってみたかっただけの若造だったので,「おまえこそ計画性がないじゃないか」と言われたら何も言い返せません。自分の夢というのは諦めてはならず,その夢に対して情熱が先にきてビジョンが足りてない人の中には,確かにニューヨークなど海外の風を感じて,本当にやりたいことを見つけることで急激な成長を遂げるタイプの人もいると思います。だからこそ,そういう人を大切にしたいし,たとえ今の試験結果が悪いからといって留学を止めるようなことは簡単にしてはいけませんね。

山田 失敗しないためにはモチベーションやビジョンが大切なことが一面では真実である一方,失敗しても大丈夫というマインドでも良いのではないでしょうか。「失敗しないように」と思ってしまうと,チャレンジできなくなる。それで留学を諦めてしまうのはもったいない。興味があって留学しようと思ったら,ぜひチャレンジをしてほしいと思いますし,私が藤谷先生や筒泉先生に出会ったようにサポートしてくれる人は探せば周りに数多くいるはずです。

 米国の例になりますが,キャリア形成は失敗を前提とした仕組みがあります。周りの同僚に話を聞くと,必ずと言ってよいほどどこかで失敗しているものの,その後に良いポジションや成功をつかんでいます。失敗しても成功をつかんだ人が周りに多くいるからこそ,みんなチャレンジできる。「失敗を恐れて何かをしない人」よりも,「失敗するかもしれないけどチャレンジする人」を後押しする,そういう環境が米国にはあります。とにかく動かないと何も始まらない。興味があってチャレンジしてみようと思った人は,それだけである意味選ばれし人なので,失敗しても良いからチャレンジしてみようと飛び込んでもらいたいです。

筒泉 今の山田先生のお話は,非常に本質を突いていると思います。私の人生も失敗だらけですが,そこから得られたこともたくさんあるので,私は失敗することが全然怖くないです。失敗はみんな嫌なものですが,大切なのは致命的な失敗をしないようにすること。そのために,自分をサポートしてくれる味方を作ってほしいです。臨床留学は一人で成し遂げることが難しいプロジェクトなので,サポートしてくれる人の存在が欠かせません。あなたのことをサポートしようと思ってもらうためにも,なぜ留学をしたいのか,相応のリソースを投下するだけの価値があるのか,本当にやる気があるのかといった自身の留学に対する気持ちを整理して,人に伝えられるようになることが必要だと思います。サポートを得られるかどうかの分かれ道になりますから。まずは自分の気持ちを整え,他人にしっかり伝えてサポートを受けながら進められると,難易度は高いけれども,自らを成長させられる良い機会になると思います。本気でチャレンジしてみてください。

(了)


0202.png

高槻病院総合内科 主任部長

2004年神戸大医学部卒,同大病院にて初期研修。淀川キリスト教病院,神戸大病院での後期研修を経て,09年より米ハワイ大内科レジデントプログラムで留学。12年に帰国後,練馬光が丘病院にてプログラムディレクターとして総合診療科の立ち上げ,15年には明石医療センターの総合内科の立ち上げに従事する。17年より現職。総合内科専門医,米国内科専門医,米国内科学会上級委員。編著に『THE内科専門医問題集』シリーズ(医学書院)ほか。

0203.png

米マウントサイナイ医科大学 アシスタント・プロフェッサー

2008年慶大医学部卒。東京医歯大病院にて初期研修修了。川崎市立川崎病院総合内科,練馬光が丘病院総合診療科を経て15年に渡米。米マウントサイナイベスイスラエル病院にて内科レジデントとして勤務する。18年埼玉医大病院総合診療内科の助教として帰国した後,20年に再度渡米し現職。総合内科専門医,米国内科専門医。編著に『THE内科専門医問題集』シリーズ(医学書院)ほか。

開く

医学書院IDの登録設定により、
更新通知をメールで受け取れます。

医学界新聞公式SNS

  • Facebook