医学界新聞

看護のアジェンダ

連載 井部俊子

2023.05.29 週刊医学界新聞(看護号):第3519号より

 10数年,共に仕事をした元同僚が退職するというので“面接”した(長く管理をしていたせいで,私にはものごとの真相をはっきり知りたいというクセがある)。退職の理由は何かという私の問いに,すでに十分考慮してきたという彼女の答えは「退屈」であった。

 退職者との面接は立場上数多くしてきたが,仕事が負担であるとか忙しくてやっていけないなど,いわゆる過剰説が一般的であった私にとって,仕事が退屈だから辞めるという理由そのものが新鮮だった。いや,仕事が退屈だからというよりも,職場の雰囲気が退屈だからといったほうが正確かもしれない。やることはあり,皆,黙々と仕事をしているし仲が悪いわけではないが退屈なのであると彼女は付け加えた。

 彼女の話を聞きながら,ある本のタイトルを思い出した。それは『暇と退屈の倫理学』(國分功一郎著,朝日出版社,2011年)である。自宅の本棚から取り出して表紙をめくると,購入した日付があった,「2013.8.12」と記されている。およそ10年前に私は「暇と退屈」に惹かれて読んでいたのだ(しかも最近この本が文庫本となって,書店に並び人気だという)。しかし,当時は暇と退屈には無縁の生活を送っていた私には,面白いタイトルの本だなという印象しか残らず,その後,暇と退屈について考察することはなかった。

 10年が経過して,自分の目の前に現れた,その仕事ぶりをよく知っている有能な同僚が,私の本棚にあるタイトルに通ずる理由で退職を決断したということに心が動いた。

 國分が前述の書で,暇と退屈に関するいくつかの学説を紹介している(あらためて読み直すと興味深い)。本稿では,「退屈論の最高峰」であるハイデッガーの退屈論『形而上学の根本諸概念』に関する著者の解説を取り上げたい。

 ハイデッガーは,「退屈はだれもが知っていると同時に,だれもよく知らない現象」であるので「こういったものを分析することは実に厄介である」と述べた上で,退屈を二つに分けて考えることを提案する。一つは「何かによって退屈させられること」。もう一つは「何かに際して退屈すること」。前者を退屈の第一形式,後者を退屈の第二形式と呼ぶ。

 第一形式は受動形である(「退屈させられる」)。これははっきりと退屈なものがあって,それが人を退屈という気分のなかに引きずり込んでいるということである。第二形式では,何か特定の退屈なものによって退屈させられるのではない。何かに立ち会っているとき,よくわからないのだが自分が退屈してしまうのである。いわば退屈が周囲を覆い尽くしてしまうような感じであり,そのなかで人が退屈するのだという。

 ハイデッガーは退屈の第一形式を説明する事例として,ある片田舎の小さなローカル線の,次の列車が4時間後に来るという駅で待つという状況を記している。退屈しているときに,私たちが退屈を押さえ込もうとして求めるのは気晴らしである。何度も繰り返し時計を見てしまうのは,現在の時刻を確認したいのではなく,目の前に現れている退屈を相手に,あとどれだけ気晴らしを続けなければならないのかを確認したいからである。退屈している私たちは,ぐずついてる時間によって引きとめられている。ぐずつく時間による〈引きとめ〉は退屈の第一形式を構成する要素である。

 第二形式は,「何かに際して,何かに立ち会いつつ,なんとなく,なぜか,いつのまにか,それと知らずに退屈している」。第一形式の,より深まった退屈である。ハイデッガーは,「大変楽しかったけれども退屈したパーティー」の例を記している。第二形式の場合は,「主体の置かれている状況そのものが暇つぶしであり,その状況は特定の退屈なものなどありはしない」。ここでは退屈させるものは「何だかわからない」という性格を持っている。そこにいる私自身のなかに空虚が成育してくる。外界が空虚であるのではなくて,自分が空虚になるのだ。

 退屈の第一形式は〈暇であり退屈している〉。第二形式は〈暇ではないが退屈している〉。さらに気晴らしと区別できない退屈であり,退屈を払いのけるはずのものが退屈になっている。

 ハイデッガーはさらに,もはや気晴らしが不可能であるような,最高度に「深い」退屈を考える。退屈の第三形式「なんとなく退屈だ」である。ここで私たちは,退屈に耳を傾けることを強制される。その声を無理矢理聞かされることで人はどうなるか。人間は自分に目を向ける。目を向けることを強制される。すると,自分が持っている可能性に気がつく。つまり,「なんとなく退屈だ」と感じている私たちは,あらゆる可能性を拒絶されている。だが,むしろあらゆる可能性を拒絶されているが故に,自らが有する可能性に目を向けるよう仕向けられている。この第三形式からこそ,他の二つの形式が発生するのだと説明される。

 退屈の第三形式「なんとなく退屈だ」のなかで,人間は自分の可能性を示される。その可能性とは何なのか。ハイデッガーは「自由」だと答える。言い換えると,私たちは退屈する。自由であるが故に退屈する。退屈するということは自由であるということだ。「退屈する人間には自由があるのだから,決断によってその自由を発揮せよと言っているのである。退屈はお前に自由を教えている。だから,決断せよ」――これがハイデッガーの結論である。

 もっとも,著者の國分は「ハイデッガーの結論には受け入れ難いものがある」とした上で,「彼の退屈の分析は極めて豊かなものである」とも評している。

 なぜ,退屈が退職の理由となるのか。退屈にはどのような意味があるのかを,(國分の解説を通してではあるが)ハイデッガーの退屈論によって学ぶことができた。退屈だから辞めるという,もしかすると本人が気がついていない真の理由に「退屈」が潜んでいるかもしれないという仮説は,私を沸き立たせる。そこには自由があり,決断せよというメッセージがあるというのである。