医学界新聞

書評

2022.05.16 週刊医学界新聞(レジデント号):第3469号より

《評者》 東京工科大教授・作業療法学

 私の作業療法士人生はハンドセラピィから始まった。二十数年前に村上恒二先生(広島大名誉教授)のご指導の下で,本書編者のお一人である飯塚照史先生と毎夜のように学び,そして議論をしたことを今でもよく覚えている。良好な術後成績には良い手術とハンドセラピィの両者が必要であることをさまざまな機会で耳にした。その後,私は手外科分野を離れたのだが,人生で一番熟読した医学書は手外科分野のものであることは今でも変わらない。私にとってこの分野は「ふに落ちる(答えがある)」ものが多く,書籍を読むことで時に感動すら覚えた。

 本書はハンドセラピストのための書籍とされている。私自身すでに門外漢と思いつつも,一通り目を通させていただいた。本書はハンドセラピィの基盤である機能解剖をまず詳説し,ハンドセラピィ特有の評価を網羅している。これは初学者の理解を深めることに最適である。治療に関しても関節可動域訓練や物理療法などを知見も踏まえながら提示しており,さらに多数の事例提示がなされている点は初学者のみならず熟練のハンドセラピストにとっても有用な知見になると思われる。このような初学者にも臨床家にとっても痒い所に手が届く本書の構成は,編者の先生方の顔触れを考えれば納得の構成であるといえる。また,QRコードからWeb動画にアクセスし,視聴して学べることは最大の利点の一つであろう。動画によるイメージは理解を促進するため,多くのセラピストがスマートフォンでQRコードを読み取り,学びの一助とする姿が目に浮かぶ(特に装具作成)。

 私は,本書の対象読者はハンドセラピィ領域にとどまらないと思う。ハンドセラピィの主な関心事である拘縮やその改善のための知識は,他の疾患領域のセラピストも持つべき内容である。さらに,装具に関しては,廃用予防のみならず,近年は課題指向型訓練などを行う際に併用することで効果的な介入手段となる。したがって,本書は他領域のセラピストにとっても有用な書となるであろう。

 名著とは臨床に鑑み,再現可能で理解に富むものと個人的に思う。本書を読み終えた時,久しぶりにふに落ちる感覚を得た。現在,偶然にも義肢装具学を教授しており,今後の講義準備に当たっては,おそらく本書を熟読することになるだろう。私が手外科領域の先人の方々から学ばせていただいたことはuseful hand,つまり「作業に携わる手」を支援するということである。本書には至る所にその概念がちりばめられている。本書の帯に書かれているように,手を救うセラピストを多く輩出するためにも,多くの方に手に取っていただきたい書籍である。


《評者》 福島医大教授・低侵襲腫瘍制御学

 最近,外科の世界にもオンライン教育が導入されつつあるが,コロナ禍がやってくるはるか以前から,医学生・研修医向けにWeb上で勉強会を開催していた先駆者がいた。本書の翻訳を企画した今村清隆先生である。それもただの勉強会ではない。米国のテキストや専門医試験問題集を利用して,全国のやる気ある医学生がWeb参加しているというではないか。「自分が医学生のときに,そんな勉強会があったら……」とほぞをかむ先見性と企画力である。その今村先生がオンライン勉強会で使用した米国の有名なテキスト『Surgery:A Case Based Clinical Review』(第2版,Springer)の訳書が,このたびついに発刊された。

 日本にいて同じ病院や医局で長く仕事をしていると,知らず知らずのうちにローカルルールにとらわれてしまい,ともすれば特定の疾患を自分の型に当てはめて治療する作業に満足しがちである。しかし疾患の本質的な理解が浅いと他の文化圏の病院に異動したときに大いに苦労することとなる。昔から,外科診療では「外科医が絶対に外してはいけない疾患」があり,そうした外科医の幹となる症例をしっかりと伝えることこそが,国内だけでなく国際的に活躍する外科医を教育する第一歩になろう。本書の原書は,もともと米国の外科教育を目的に執筆されたものであるが,わが国の医学生,初期研修医,専攻医にとっても必読の内容である。読者それぞれの段階でこの30症例から学び取れることは違ってくると思うが,早めに本書を手にして熟読していただければ,将来のキャリアで必ず役立つ知識が得られることだろう。まずは今村先生の愛情がこもった本書のページをめくってみていただきたい。情報量の多さに圧倒されることなかれ,世界で戦うにはこれくらいがちょうどよいのだ!

 最後に,本書には今村先生が長年かけて培ってきた教育のエッセンスがぜいたくに詰め込まれている。「外してはならない典型例」を軸に,最新文献とトピックスを織り交ぜて解説されており,各症例についているQRコードを読み込むとネイティブの英語で症例の読み上げが聞けるという芸の細かさである。こうした書籍の作りこみ方も含めて,今村清隆先生の「新しい時代を切り開く力」も学び取っていただけたらと思う。