医学界新聞

看護のアジェンダ

連載 井部 俊子

2021.05.31 週刊医学界新聞(看護号):第3422号より

 2020年7月10日,株式会社日本看護協会出版会では定例の企画会議が開催された。そこでは,コロナプロジェクト・リーダーの金子から書籍企画書が提示された。「当社では阪神・淡路大震災や東日本大震災の後に看護職の体験記を出版している。今回のコロナ禍もそれらに匹敵する災害ととらえ,現場のナースの体験記を刊行してはどうかと考えた。医療職の活躍を紹介するような本や雑誌記事は多いが,本書は1人の医療専門職としての姿だけではなく,生活者としての本音も垣間見えるような本にしたい」というものであり,賛同を得た。

 仕様はA5判,横組み,300ページ程度,本体価格2000~2520円程度,刊行目標日は2021年2月上旬とし,内容構成案が議論された。Part 1は現場レポート,Part 2は個人の生活への影響,Part 3はナースたちの「コロナ日記」,Part 4は各種団体の活動,Part 5は教育機関のコロナ禍による影響となった。さらに,感染症学,ウイルス学,疫学などの医学的情報を〔解説〕として加え,コロナ禍の影響を受けた医療周辺業界や経済的な話題など幅広く執筆する〔コラム〕を設けることとした。

 次に執筆者である。まず,編集部員の推薦,SNSや雑誌告知などによる公募,特設サイトの開設などを通して広く募集することとした。

 こうして社の総力を挙げて取り組んだ成果が,『新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート』(日本看護協会出版会)として結実した。2021年3月10日に第1版第1刷を発行,厚さ4 cmの本となった。

 〔現場レポート〕は全体の64%を占める。現場の第一線で活躍したナースたちの体験と思いがにじみ出る。File #001は「そんなことがあったな,といつか思うときが来るのか」と題して,クラスター発生の報道で注目された永寿総合病院看護部長・北川順子さんのレポートである。「ホームページから職員を割り出して電話やネットへの書き込みがあった」り,「仕事帰りに待ち伏せされ,話を聞かせてほしいという記者からの手紙を渡されたり,自宅まで付いてきたりされた職員もいた」という。一方で「“がんばれ,永寿総合病院”という地元有志からの横断幕が病院駐車場に張られた」。そして北川さんは「“まだ,ここにいてもいいんだ。必ず恩返しをしなければいけない”と感じた。応援は私たちに力をくれる」と記している。「いただいたお手紙や職員同士の感謝の言葉を廊下の壁に掲示した」時の看護部長の境地を思い,私は胸が詰まった。

 〔現場レポート〕は,以下の見出しが示すように多岐にわたった。クラスターを乗り越えて,ダイヤモンド・プリンセス号,感染症指定医療機関,感染者受け入れ医療機関,後方支援医療機関,分娩取り扱い医療機関,小児医療現場,緩和ケア病棟,軽症者宿泊療養施設,保健所,保健所/帰国者・接触者相談センター,帰国者・接触者相談センター,高齢者施設,高齢者施設/訪問看護ステーション,ホームホスピス/訪問看護ステーション,訪問看護ステーション,児童発達支援施設,ラジオパーソナリティ/保健師・看護師,海外で活躍する看護職(ここでは,台湾,マレーシア,インド,ミャンマー,ブラジル,ボリビア,パラグアイ,英国からのレポートがあった)。

 〔私の「コロナ日記」〕では,それぞれの日常を記した20編のレポートがあった。ここでは,出版活動では脚光を浴びることの少ない株式会社日本看護協会出版会営業部のレポートが私の目にとまった(file #106)。「書店の休業,学術集会の中止,授業のオンライン化,教科書の電子化など,新型コロナウイルスの感染拡大は出版市場にも多大な影響を与えた」なかで,営業部が「いちばん印象的だった」こととして,「書店ロス」ともいえる現象が起きたことを記している。「書店が再開したらすぐに本を買いに行く」「書店には,ネット書店にはない本との出会いがある」などというSNSへの投稿は,彼らの活動の価値を保証し鼓舞した。「本は生活必需品」として早期の営業再開を望む声があったことから,社会生活を維持するため,最初の緊急事態宣言では東京都による休業要請の対象に書店は含まれないとした。

 『新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート』は,2020年1月,中国・武漢からのチャーター機への看護官派遣から,第3波が来る12月までの激動の2020年のレポートである。執筆者162人,756ページというナースたちのレポートは,歴史的価値を持つであろう。コロナプロジェクト・リーダーの金子によると,原稿執筆依頼を受けた著者たちから一様に感謝されたことが特徴的であったという。

 しかし,この原稿を執筆した2021年4月下旬は,東京・大阪・京都・兵庫の4都府県を対象に3回目の緊急事態宣言が発令中であり,夜の東京はネオンが消された。コロナ禍の終息の見通しは立っていない。