書店フェア

  • 医学
  • 看護
  • リハ・臨床検査他

2024.07.01

 暑くなってきて、もうすっかり夏を感じる日々となりました。本屋さんでエアコンの涼しい空気に包まれながら、あるいはゲリラ豪雨が過ぎ去るのを待ちながら、思いがけない宝物の1冊と出会える季節です。

 弊社商品に関する書店フェアとしましては《シリーズ ケアをひらく》関連や、「発達障害のことがわかる専門書」などを複数店舗で開催いただいています。そちらについてはそれぞれ別記事でまとめておりますので、ご参照くださいませ。
 本記事では、一書店様限定のフェアや他社様との合同フェアなどに絞り、この夏に開催中のものの一部をご紹介します。

 なお、開催時期は予告なく早期終了・期間延長する場合がございます。ご了承ください。

「自然科学書フェア」

ジュンク堂書店 藤沢店(2024年5月14日~7月31日)

 理学、工学、農学、医学、家政学、図鑑・事典、人工知能、健康・運動・リハビリテーション、宇宙・天文、動物たち、防災の各テーマに沿った書籍がずらりと並んだフェアです。

 弊社を含む医学書出版社だけでなく、多種多様な出版社の書籍が一堂に会しています! 科学LOVEな皆さまは散財注意!な魅力的な空間です。

「 『看護管理』(医学書院)バックナンバーフェア」

紀伊國屋書店 アミュプラザおおいた店(2024年6月上旬~7月15日)

 看護師長を中心に、主任から看護部長まで幅広い読者層に役立つ情報をお届けしている雑誌『看護管理』。特に人気の高いバックナンバーを集めたフェアを開催中です!

 書店の棚には限りがあるので、ふだん、雑誌のバックナンバーを並べるのは簡単ではありません。現物を手に取って吟味できるのはリアル書店の醍醐味ですが、雑誌においてそれができるのは学会場かこのようなフェアくらいではないでしょうか。貴重な機会です! ぜひお立ち寄りください。

 

 ちなみに……フェアとは関係ないのですが、弊社では看護管理者向けの生涯学習のためのオンラインプラットフォームとして「看護管理 まなびラボ」が昨年よりスタートしました。無料コンテンツもありますので、まずは下記ウェブサイトを覗いていただけると幸いです。

看護管理 まなびラボ | 医学書院 よりよい組織と人を育てる kanlabo.igaku-shoin.co.jp

「100年先まで伝えたい1冊フェア」

三省堂書店 名古屋本店(2024年6月上旬~7月上旬)/
三省堂書店 神保町本店(小川町仮店舗)(2024年7月1日~8月31日)

 100社以上の出版社の「100年先まで伝えたい1冊」と、その出版社による手書きPOPが並ぶなんとも魅力的なフェア!

 POPを描かせていただくことになった販売部の筆者は、同僚に「どの本がいいかなあ」と相談しましたが、10人に聞けば10冊の本が挙がり、ひとしきり悩みあぐねた結果、『子どものための精神医学』(滝川一廣・著)を選びました。きっと他の出版社の方々も同じように(本当は5冊でも10冊でも100冊でも選びたい!!ところを)悩んで悩んで決めた1冊だと思います。愛のあるPOPと選書をぜひお楽しみください。

 ちなみに同僚から挙がったタイトルは、『手の構造 Structures of the Hand』 『解剖学カラーアトラス』などの美しいアトラス本、『標準整形外科学』『目でみるからだのメカニズム』『中動態の世界《シリーズ ケアをひらく》』などなどでした。

「看護書フェア(by 看販会)」

 看護書販売を考える会(看販会)様が主催する、弊社・医学書院を含む計8出版社による看護書フェア。

 フレッシュナース向けの書籍にはグリーン色の帯が、アドバンスドナース向けの書籍にはオレンジ色の帯がそれぞれ巻かれており、ご自身のレベルに合ったタイトルを選びやすくなっております! 「本のタイトルに惹かれて買ってみたけど、難しすぎ(or 簡単すぎ)てがっくり」なんて悲しい経験がある方には特におすすめです。

 開催店舗は下記よりご覧くださいませ! ノベルティとしてライト付きボールペンがもらえる店舗もございます。

「看販会フェア」実施店舗 kangosho.com

 

 ジュンク堂書店池袋本店 6F医学コーナーでのフェア展開の様子は ↓ このようなかんじです。『わかりやすい省察的実践』『精神科の薬がわかる本 第5版』『医療福祉サービスガイドブック 2024年度版』などなど、自慢の好評書を並べていただいております!

おわりに

 今回は、弊社の書籍のかかわる書店フェアのみをご紹介しましたが、「第70回青少年読書感想文全国コンクール フェア」や「夏の文庫フェア」など夏ならではの魅力的なフェアも多数開催されている季節です。夏休みのひとときに、一人はもちろん、ご家族で本屋さんに行くのもまた面白い発見があるかもしれません。

 皆さまにとって充実した夏になりますように!