医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3329号 2019年07月08日



第3329号 2019年7月8日


Medical Library 書評・新刊案内


内科レジデントマニュアル 第9版

聖路加国際病院 内科専門研修委員会 編

《評者》田中 純太(新潟大地域医療教育センター特任教授)

原点に立ち戻りながらも新しい「聖路加」スタンダード

 最初に表紙を見て驚いた。初版から一貫して「聖路加国際病院内科レジデント編」であったのが「聖路加国際病院内科専門研修委員会編」に変わっているのだ。

 そして,手に取ってまた驚いた。第8版よりも明らかに軽いのだ。比較してみると,実に50ページ近くスリムになっている。

 表紙を開けてみよう。編集委員は2015年から2017年までの歴代「聖路加内科チーフレジデント」である。そして,編集責任者は3人だ。このうち「聖路加」の医師臨床研修プログラム責任者である木村哲也医師,内科専門研修プログラムディレクターの長浜正彦医師は,共に1990年代の「聖路加」でトレーニングを受けた精鋭である。また,高尾信廣医師は,単に「初版編集者」ではない。『内科レジデントマニュアル』では第7版まで編集に携わり,木村医師や長浜医師はもちろん,私自身をも厳しく指導してくださった「聖路加内科チーフレジデント」のレジェンドである。

 さて,マニュアル本体のページをめくってみよう。ここでも第8版との明らかな違いに気付く。まず,目次がスッキリして見やすくなっているのだ。

 そして,夜間や新入院時にレジデントが安全,確実に対処できる工夫にあふれている。

 その一つが「疾患概念」「診断の要点」「初期対応のポイント」から「初期対応」へとコンパクトに整理していることだ。特に「初期対応のポイント」は囲みで箇条書きになっており,大切な項目がサッと頭に入る。また,各疾患の最後には留意すべき「入院指示オーダー」のポイントが提示してあり何とも心憎い。さらに,小さなことではあるが,薬品名も一般名で記載しており,ジェネリック製品が定着したこの時代にはうれしい限りである。

 実際に1か月間,入院診療やオンコール,当直の際に本書を使用した。そして,初期対応に必要な情報が,まさに過不足なく盛り込まれていることにあらためて納得した。

 そもそも『内科レジデントマニュアル』は,聖路加国際病院内科レジデントの教育を目的に編集している。したがって,2018年度から始まった新専門医制度を考慮すれば,医師臨床研修から内科専門研修に至るプロセスを網羅するために「聖路加国際病院内科専門研修委員会編」としたことは理にかなっている。そして,up-to-dateでより一般的な内容に絞った編集方針により,結果としてポケットサイズを重視したスリム化にも結び付いているのだ。

 私は,高尾医師の指導下で24年前上梓した第4版の編集に当たった。その「序」には「正確な知識と的確な判断,そして冷静で確実な処置」が日常臨床で第一に必要なことであるとの高尾医師の言葉が書かれている。

 初版の上梓から35年,原点に立ち戻りながらも全く新しい「聖路加」スタンダードにふさわしい一冊が登場した。

B6変型・頁480 定価:本体3,400円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03613-9


プロメテウス解剖学アトラス 頭頸部/神経解剖 第3版

坂井 建雄,河田 光博 監訳

《評者》篠田 晃(山口大大学院教授・神経解剖学)

プロメテウスが贈る美しき灯火

 プロメテウス解剖学アトラス第3巻頭頸部/神経解剖に,待望の日本語第3版(原著ドイツ語第4版)が世に出ることとなった。清楚で美しい図譜が定評の「プロメテウス」は,生理機能や病態・臨床的意義の理解までもめざした詳細な解剖学アトラスである。今回の最新版では,特に神経解剖と歯科口腔領域で目を見張る拡充と改訂がなされている。通常,解剖学シリーズの神経解剖領域は,その構造と機能の複雑さ故に中途半端感が残り,他の神経解剖学アトラスや専門書に道を譲ることになる。今回の改訂では最新の情報が加わり,全体の構成が再編された。

 特に序論が充実し,全体が見渡せるようになり,複雑な中枢神経系の構造の学習への心構えができる。中枢神経系の用語集と要約の大幅な増ページもうれしい。初学者・学生諸君のみならず教員や研究者にとっても知識の整理として大変助かる。第3巻の神経解剖の章自体で神経解剖学の専門書・専門図譜のレベルに達している。また医学にとって盲点となりがちな口腔領域の充実した増ページも見逃せない。歯の発生と歯科診療の項が新たに追加され,X線写真と局所麻酔刺入点の写真も加わった。歯科医をめざす学生はもちろん,医学生や若手医師にとっても臨床的理解が助けられ,口腔領域の解剖が一層魅力的なものとなったであろう。

 神経解剖が対象とするのは中枢神経だけではない。脳を理解しようと思えば,末梢神経や感覚器や効果器,そしてそれらとの関係について学ばなければならない。頭頸部は特に顕在意識化された脳の高次機能の入出力の要である。こころを構成する認知や情動や能動について深い理解をめざすならば,この領域の詳細な有機的関係の理解が鍵を握っている。これらが一体化した第3巻は21世紀の脳科学・神経科学の礎を担っているといっても過言ではない。

 現実に出会う自然現象には無数の情報が含まれ本来複雑である。見えていても見えないものばかりである。科学的解析プロセスはその描写から始まるが,そのままでは真実の不完全な鋳型である。描写から説明文のついた図譜,シェーマ(図式)への過程で整理がなされ理解に至る。しかし同時に大切な真実が削ぎ落とされていることを忘れてはならない。そういう意味で,われわれは常にご遺体や体そのものに立ち返る必要がある。

 図譜というものは,真の人体の描写とシェーマを結び付ける位置付けにある。描写に近い図譜もあれば,シェーマに近い図譜もある。「プロメテウス」の美しさは,描写の側面とシェーマの側面を持ち併せ,両者を上手くつなぐ整合美にあると言える。特にこの巻の神経解剖は,精緻な図譜とシェーマの絶妙な組み合わせにより,構造と機能が一体のものであるとわかる。これが解剖学図譜を芸術の域に高め,読者を惹き付けて止まぬゆえんである。翻訳版はともするとその過程で原著のエッセンスを失う危惧がある。英訳を介するとなおさらである。今回はドイツ語原著から直接の翻訳であり,神経解剖学や歯科解剖学のそうそうたる面々が訳者として参加している。日本語の説明文は,損なうどころかさらに理解を助ける言葉がちりばめられている。

 プロメテウスはゼウスの反対を押し切り,哀れで愚かなる人類に人体が理解できるよう,未来を照らす神の灯火を与えてくれた。解剖学図譜の至高の大傑作である。

A4変型・頁610 定価:本体11,500円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03643-6


泌尿器科レジデントマニュアル 第2版

郡 健二郎 監修
安井 孝周,林 祐太郎,戸澤 啓一,窪田 泰江 編

《評者》松原 昭郎(広島大大学院教授・腎泌尿器科学)

信頼の定番ポケットアイテムがより使いやすくより身近に!

 「泌尿器科診療ですぐに役立つポケットサイズの専門書がほしい」。これは泌尿器科医として初めの一歩を踏み出す全てのレジデントに共通する願いであろう。本書は,名門・名市大泌尿器科とその関連施設に勤務する百戦錬磨のベテラン医師たちが,この要望に応えるべく丹精込めて手ほどきした泌尿器科診療の奥義書である。発売当初から信頼のツールとして好評を博してきた本書が8年振りにリニューアル,磨きをかけてパワーアップし,わずか11 mmという驚きの薄さに生まれ変わった。

レジデント目線の必要な情報が全てこの一冊に

 ページをめくってまず気付くのは,きめ細やかで豊富な情報量である。症候と鑑別診断,検査法,処置,代表的疾患はもちろん,処方例,周術期管理,患者説明,トラブル対処法,緩和医療,各種スコア・質問票,さらには保険点数までカバーされている。また,各項目別に目を向ければ,例えば検査では必要物品や器具の使い方,手順まで一挙手一投足に丁寧に解説してある。ここまで至れり尽くせりの全てそろった書籍は他に類を見ない。しかも,改訂版では項目ごとに新たなページで始まるよう編集され,知りたい場所に素早くアクセスできるよう工夫されている。

豊富な図解とフローチャートで直感的かつ確実な理解

 ビジュアルな点も,駆け出しの医師にとってはありがたい。初版でも日常診療に欠かせない知識は項目ごとに整理整頓され,シンプルなレイアウトで端的にまとめられていたが,改訂版ではこれに図解やフローチャートが随所に盛り込まれ,よりわかりやすくなった。持続勃起症の治療を例に挙げれば,「シャント造設術を行う」という記述にとどまっていた初版から,改訂版ではイラストを交えた作成方法が丁寧に解説されている。また,チェーン尿道膀胱造影のような上級医からの口伝だけでは曖昧になりがちな画像の見方などは,図解によって確実に理解できるよう改良されている。

他の書籍にはない経験に裏打ちされた勘所や注意点が満載

 本書の出色は枚挙にいとまがないが,特に際立っているのは全ての情報が生きていることであろう。泌尿器科診療の最前線で活躍する63人もの経験豊富なドクターが自らの経験に基づいた診療の極意をポイントとしてくまなく伝授するとともに,苦い思いをして初めて得られる要注意事項を惜しみなくちりばめている。これによって何が重要なのか,落とし穴はどこにあるのかが手に取るようにわかるのである。これはもう単なるマニュアルではない。あらゆる場面で力をくれるバイブルと言えるだろう。

 本書は単に読むだけでも味わい深い。項目ごとにエッセンスが凝縮された固形スープのようだ。読者の皆さんには常になぜそうなるのだろうかという視点で本書を味わってほしい。そうすれば本書の最大の目的である思考力,観察力,洞察力が養われ,本書が手垢にまみれる頃には泌尿器科の星になっているに違いない。

B6変型・頁320 定価:本体4,500円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03838-6


こんなときオスラー
『平静の心』を求めて

平島 修,徳田 安春,山中 克郎 著

《評者》中西 重清(中西内科院長)

オスラーにはなれないけれど,オスラーの心から学ぶ

 私が書評を書くにふさわしい人間かどうかわからないが,開業医の立場から解説する。ウィリアム・オスラーの『平静の心――オスラー博士講演集』(医学書院,2003)は名著であるが,難解である。精読したいとは思うが,数ページで挫折してしまうのは私だけではないかもしれない。3人のオスラリアン(オスラー伝道医師)が,わかりやすく実例を交えて解説し,臨床現場で平易に活用できる一冊としたのが,『こんなときオスラー――「平静の心」を求めて』である。

 8つの大きな見出し(「臨床上の葛藤――医師と患者のはざまで」「日々の勉学の中で」「教師と生徒」「進むべき道への迷い」「理想の医師像を求めて」「人生と平和と愛と」「付録」「オスラーの生涯と言葉」)で構成され,いつでも,どこからでも,気になったところから読める。臨床に悩んだときに探しやすい構図になっている。この厚さなら軽いので寝転んでも読めるし,急患が来たら,読み止めることもできる。もうあなたは,『平静の心』を仮眠用の枕にしなくてもよいのである。なんて斬新な試みだろう。

 中身は,オスラーのクリニカルパールが満載である。教養を身につけ,医師としてだけでなく,人として成長せよ。病気が相手ではなく,人が相手である。医療は病になっている人を診ているのであって,病気を治すのが先ではない。可能であれば,医学教育にも携わりなさい。著者の心の豊かさと深さ,厳しさが随所に垣間見える。オスラーにはなれないけれど,オスラーの心を知り,わが身の姿勢を正すことはできそうである。

 『こんなときオスラー』というタイトルではあるが,いつも側に置いてほしい。「どんなときもオスラー」が一緒にいて,あなたに語り掛けてくるだろう。ひょっとすると,あなたの医師人生を変える書籍かもしれない。

A5・頁200 定価:本体2,400円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03692-4


《ジェネラリストBOOKS》
整形画像読影道場

仲田 和正 著

《評者》白石 吉彦(隠岐広域連合立隠岐島前(おきどうぜん)病院院長)

これはいい!! わかりやすくて,おもしろくて,合点がいく

 著者はただの整形外科医ではない。ただ整形外科医になりたくて,なったのではないのです。著者は地域で役に立つ医師になるためには内科,小児科,整形外科が必要と感じ,内科・小児科はある程度独学で勉強できると考え,師につく必要のある外科系ということで整形外科医を選ばれた。

 プライマリ・ケアの現場で一番多いのは運動器に関する訴えで,内科医にも整形外科の知識は必須。ところが,既存の整形外科の教科書は膨大で,やたらと外国人の名前の付いた徒手テストや所見が出てくる。覚えられない。目の前にやってくる運動器に関する訴えを全て整形外科医に丸投げするわけにもいかない,そんなジレンマの中で仕事をしている医師は少なくないと思います。

 「この本程度の知識があれば,さほど困らないと確信しております」。

 まえがきに書かれた著者のこの力強い言葉から,後光が差して見えます。

 整形外科疾患の中でも,特に需要の多いものに絞ってくれているのもありがたい。よくある疾患に対して,できることわかることだけきちんとやる。わからないことは適切に紹介すればよい。

 整形外科専門医の著者が無駄な知識を排除した,と言ってくれているのもいい。たくさんは覚えられないのです。そして,明日から役に立つ,というのがいい。第一線の臨床医に必要なのは実学なのです。X線写真1枚からわかることをきちんとわかるようにすることです。頸椎正面の棘突起がC7は楕円形が1つでC6以上は二股ではっきりしない,正常橈骨関節面は掌側に10°~25°傾いているが,Colles骨折では背側に向かう,なんてのは知っておくと読影のキーになります。

 受傷起点とX線上に現れる所見の機序を丁寧に解説してくれているのもいい。臨床医が大切にしている問診からX線にある答えにたどり着くのに,合点がいくのです。

 そして面白いのがいい。ピアノ教本バイエル(下巻)1/2をマスターした著者が繰り出す数々のダジャレ,ユーモア。そして怒涛の反復。妙に頭に残ります。日本中で「ニャニャ」(手関節掌屈はC7),「肘をシチッと伸ばす」(肘伸展はC7)という声が聞こえてきそうです。大腿骨近位部骨折の特有の姿位を「大腿骨骨折音頭」と称して表す著者の姿も一発で脳裏に刻まれます。

 英検1級,米国医師資格取得者の著者が,読み方や外国人名のいわれを解説してくれているのもありがたい。Bouchard(ブシャール)結節や,Chauffeur(ショーファー)骨折(橈骨茎状突起の骨折)のChauffeurは運転手とか,月状骨周囲脱臼のTerry Thomasの歯のすき間などなど。

 あと,結構困るのが,小児の骨。骨端線なのか骨折なのか? 肘の骨化核の出現順,出現時期も「CRITEつれなくイレブン」で大助かり。意味の解読は本書で。

 さらに著者が撮りためた2000枚のX線写真から「さらなるレベルアップのための画像読影練習問題」も出され,一歩突っ込んだ知識が得られるようになっています。

 内科医にわかりやすい整形本,総合診療医がさらにパワーアップ。この本,手に入れるしかないでしょ!

A5・頁164 定価:本体3,600円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03833-1


熱血講義! 心電図
匠が教える実践的判読法

杉山 裕章 執筆
小笹 寧子 執筆協力

《評者》中川 義久(滋賀医大教授・循環器内科学)

引き込まれるように心電図の世界に織り込まれていく

 心電図学習に目覚め,確実に判読できるようになりたいと志す者は多い。しかし,その多くは挫折し,心電図が嫌いになり去っていく。そのような迷える子羊に希望を与えてくれる素晴らしい書籍が登場した。その名も『熱血講義! 心電図――匠が教える実践的判読法』である。心電図の初学者を対象とした書籍は多い。本書は従来のどれとも明らかに異なる。一言で言えば「熱い!」のである。これでもかと,微に入り細に入りわかりやすく解説する著者の杉山裕章氏の情熱がダイレクトに伝わってくる。退屈することなくページがどんどん進んでいく。ウーン,素晴らしい!

 書名には「熱血講義!」,「匠が教える」といった魅力的なキャッチコピーが躍っている。『人は見た目が9割』などキャッチーなタイトルの書籍も存在する。まさに「書名は見た目が9割」である。本書のタイトルは内容の充実度に見合うもので,決して過剰な表現ではない。「匠」とは,優れた技術を持った職人を指す言葉である。著者の杉山氏は,まさに心電図判読の「匠」に相応しい技を惜しげもなく皆に開示している。説明には,「杉山流かけことば」と命名された記憶しやすい呪文がちりばめられている。正常心電図の洞調律の定義の項での「イチニエフの法則」などが好例である。こういった躍動感あふれる「かけことば」によって,心電図学習は難しいという敷居の高さを解消し,読者を楽しい世界に引き付けていく仕掛けである。さらに,執筆協力者の小笹寧子氏による「小笹流 私はこう読む」というコラムが本書の活力を高めている。斬新な切り口のコメントが多く,単調に陥りがちな心電図学習にアクセントを与えている。著者の「杉山流かけことば」が経糸(たて糸)となり,執筆協力者の「小笹流 私はこう読む」が緯糸(よこ糸)となって,心電図学習という強靭な布地を構成している。心電図への苦手意識を抱いていた者も,引き込まれるように心電図の世界に織り込まれていくのである。執筆者と執筆協力者の目的意識と情熱が融合することによって誕生した,まさに「熱い!」一冊が本書である。本書の成功の鍵は,著者が,この素晴らしい協力者を得たことであろう。

 本書は,心電図学習を始めようとする入門者に最適であることは当然である。そして,1つ上のレベルでの理解を求める者,さらには心電図判読法を初学者に教えるべき立場にいる者にもお薦めしたい。なぜなら,本書を通読することによって心電図のベストティーチャーへと成長できるからである。さあ皆さん,熱血講義に参加して,「匠」の技に触れてみませんか。「熱い!」一冊だけに,ヤケドにご注意あれ。

A5・頁400 定価:本体4,000円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03603-0


《ジェネラリストBOOKS》
トップランナーの感染症外来診療術

羽田野 義郎,北 和也 編

《評者》志水 太郎(獨協医大主任教授・総合診療医学)

外来感染症診療の次世代・実践テキスト

 感染症の書籍はあまたあるが,外来診療に特化した本はそれほど多くない。本書は,大学病院の感染制御部の副部長としても感染症関連の書籍の著者としても活躍目覚ましい羽田野義郎先生,そして,感染症への造詣も深く,奈良県の医療・教育を地域から牽引するやわらぎクリニックの副院長である北和也先生,という,業界の衆望を担うリーダーらの下に完成した「外来における感染症診療の実践的テキスト」である。感染症科の専門外来の診療ではなく,一般(内科)診療の中で出合う外来での感染症の指南書であるために,読者対象は広い。いわゆる“総合診療”的に,症状や健康問題に分け隔てなく対応する上で必ず出合うであろうコモン~比較的コモンな感染症の問題にフォーカスを絞っている。

 タイトルの章立ても,第1章の基本疾患(かぜ,インフルエンザ,気管支炎・肺炎,尿路感染症,皮膚軟部組織感染症,性感染症など),第2章の対応を知っておくべき疾患(パルボウイルスB19感染症,麻疹と風疹,ムンプス,HIVなど),第3章の緊急疾患(髄膜炎,敗血症,椎体炎,化膿性関節炎など),第4章の長期マネジメントが重要な疾患(結核,非結核性抗酸菌症),第5章の外来診療の感染症関連で知っておきたいこと(高齢者の診かた,子どもの診かた,妊産婦の診かた,海外渡航者の診かた,感染対策,外来静注抗菌薬療法,ワクチン)と,広範かつ網羅的で,プロブレムオリエンテッドな構成になっている。そのため現場で欲しい標準的な情報へのアクセスが本書を通して容易になると言える。この網羅性と硬派さは羽田野先生のアイデアなのだろう。

 さらに一読して,本書に標準的記載にとどまらない読者を引き付ける魅力があると感じた。その理由が最初わからなかったが,それは読者目線の視点がある,ということに2巡目に気が付いた。明確で必要十分な表,シェーマ。そしてそれぞれに短文の解説が付いた各章末の参考文献は,本書から原著にアプローチする読者にもフレンドリーである。また「とりあえずこれだけは!」という章始めのポイントは,ヘッドラインとして現場目線で最も重要なポイントがわかり実用的であること,またケースベースドであり読者にも実感が湧きやすいこと,また「クリニックではどうする?」のコーナーは,検査手段やベッドなどが限られた医療現場での対応についての現場目線の示唆に富んでいるし,処方例は具体的な著者の臨床行動がわかり参考になる。また,「私の失敗談」や,ページ下の脚注が実は脚注ではなく,北先生いわく“にぎやかな”本文の合いの手になっていることなども,編者のユーモアが感じられて親近感が湧く。このあたりは漫画をはじめさまざまなサブカルチャーに造詣の深い北先生の色が出ているのかもしれない。

 脇を固める著者の先生方も,感染症や総合診療の業界に足を踏み入れている先生方なら誰しもが「おお,この先生が!」となるような気鋭の若手~ベテランの先生方である。このような著者陣を迎えた編者お二人の統率力も光る。

 また,本書は医学書院の新しいレーベルである「ジェネラリストBOOKS」シリーズの一角を成している。巻末にこのシリーズの書籍が列挙されているが,これらのシリーズの本と併せて読むことで,本書の文上・文底に込められたメッセージがさらに明らかになり,深い理解が得られることと思う。

A5・頁356 定価:本体4,200円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03633-7

関連書
    関連書はありません