医学界新聞

誰も教えてくれなかったオーサーシップ

連載 前田樹海

2022.01.24 週刊医学界新聞(看護号):第3454号より

 看護系大学の教員である私たち3人は,構想から計画まで十分に討議をした上で1つの共同研究を始めた。以前から多くの研究を共にしてきた仲間なので気兼ねなく自由にアイデアを出し合い,われながら素晴らしい研究計画を練ることができた。本研究は3つのパートからなり,各自がそれぞれの担当パートでデータ収集と分析を中心的に行ったところ,いずれも仮説を支持する結果が得られた。論文執筆は,ネットで同時編集できるファイルを共有して進めた。主として自分のパートに関する事項をそれぞれが担当し,緒言と総合考察に関しては全員で執筆した。最も苦労したのは論文が完成した後だ。3人はそれぞれ等しく研究に貢献していたので,著者順をつけることができなかったのである。結局,アルファベット順に並べた。

 本連載ではこれまで,「自分の研究論文の著者欄に名前を載せるべき人は誰か」との疑問に対する検討方法を(明確な答えはないとはいえ)いくつか紹介してきました。しかしいざ共著の論文を作成した時,次に突き当たるのは「複数の著者をどのような順序で並べるのか」という問題です。そこで,今回はこの“著者順”について考えていきたいと思います。

 複数の研究者が協働して行う研究論文には,複数人のオーサーシップ保持者が存在します。これらの著者を列挙する時,どうしても順序ができてしまいます。オーサーシップは著者としての資格を満たすか否かの基準であって,並べる順序はまた別の話です。第1回(3430号)でも紹介した,医学領域においてオーサーシップの世界的な基準を作成しているICMJEですら,「著者欄に記載される著者の並び順を決定するために使用される基準はさまざまであり,編集者ではなく著者グループが一括して決定するものとする」という文言でもって著者に丸投げしており,何らかの基準を提示しているとは言いがたい状況です。

 日本の看護系学術誌の投稿規定も一通り見てみましたが,複数著者の並べ方について記述されているものはなさそうでした。かろうじて「筆頭著者は本学会会員に限る」という文言は見つけられましたが,著者の中に会員が複数いる場合には筆頭著者はおろか他の著者の記載順を決めることもできませんね(笑)。そうなると,オーサーシップを持つ者の集まりである「著者グループ」がどう判断するかがとても重要になってくるわけです。

 一方で他分野に視野を広げると,著者順を明確に規定しているケースも少なくありません。

 例えば,冒頭のエピソードを読んで「著者名をアルファベット順に並べるなんて,そんなバカな」と思われた方もいるかもしれません。ところが数学の分野では「共著の論文ではアルファベット順に並べるのが普通」との声明もあります。これはいわば,オーサーシップを満たして著者欄に名前を連ねていることが大事なのであって,その順位付けに意味を持たせない考え方です。卑近な例として看護師国家試験のような資格試験をイメージするとわかりやすいでしょう。試験という特性上,取得したスコアで順位付けを行うことは可能です。しかしその順位に意味を持たせず「資格を満たすスコアをとること」を重要視することで,資格者を平等に取り扱うコンセプトは,学術論文の著者においてもあり得ない話ではないわけです。

 また,僕が翻訳に携わっている米国心理学会(APA)の論文作成マニュアルの最新版(第7版)では,筆頭著者および著者の順序について,その決定権と責任は著者グループに委ねながらも,研究に携わった個人の相対的な貢献を正確に反映するよう明記されています。学科長や若手教員,学生などといった相対的な地位にかかわらず,基本的には学術的な貢献度の降順に並べよ,ということです。分野や雑誌によっては,もう一人の主要な研究貢献者(例:学生の研究計画・進行を指導した研究室の教授や研究プロジェクトのリーダー)が最後に記載される慣例があります。それを反映してだと思いますが,同マニュアルの第6版からは,文献リストの書誌情報に最後の著者(ラストオーサー)を必ず記載することになりました。なぜラストオーサーを記すようになったのかと言うと,同マニュアルが心理学分野だけでなく看護学を含む他の自然科学,社会科学等の他分野でも幅広く用いられることが考慮されたからでしょう。

 これだけAIやらビッグデータビジネスやらが席巻している昨今ならいっそのこと,研究活動にかかわる貢献度を全てスコア化して著者順を決めるという未来もあながち夢物語ではない気もします。第2回では著者に代わる新たな概念として「貢献者(Contributor)」があると,BMJ誌の事例から触れました。BMJ誌は,研究に対する役割を分類して学術的貢献度を示す代表的なツールとして,CRediTを採用しています。CRediTは,論文における役割を「概念化」「データの整理/管理」「プロジェクト管理」「可視化」「研究費獲得」など14のカテゴリーに分類し,これらの項目のうち誰がどの役割を果たしたのかを表示することで,研究への貢献度を可視化するものです。これをもう一歩進めて,各カテゴリーへの貢献の有無だけでなくその度合いを数量化し,かつこの考え方を多くの学術団体が採用すれば,著者順をめぐる悩みは解決するのではとの希望的観測を持っています。

 ここまでご紹介したように,著者順の規定は学問領域によって差が大きく,少なくとも看護の領域においては著者グループに一任される部分も大きいことがわかりました。したがって,冒頭のエピソードにある3人の研究貢献度が本当に等しく,かつ全員が納得しているのならば,アルファベット順でも大きな問題はないわけです。また近年では,複数の筆頭著者を認める学術誌も増えてきています。例えば,オープンアクセスジャーナルのPLOS ONEでは,複数の筆頭著者に陰陽太極図を付し,著者注で「研究論文に対して同等に貢献した」と記載することで複数の筆頭著者を明示する仕組みをとっています。冒頭エピソードの3人は,このような複数筆頭著者を認めるジャーナルを探して投稿するのも一つの手かもしれません。

 複数筆頭著者を認める媒体が徐々に市民権を得つつあるとはいえ,著者欄に名前を並べればおのずと「順序」を考える必要に迫られます。論文内で文献を引用する際に“(Maeda and Tanaka,2022)”などと記載することからもわかるように,論文の著者名や順番はある研究を特定するための非常に重要な役割を果たしています。「誰が」「いつ」という情報が,文末の文献リストと照合するためのキー項目となっているわけですね。なお看護系の多くのジャーナルで採用されている,“(著者,発行年)”で示す引用方式はAPAの規定にのっとったものです。APAの論文作成マニュアル第7版では,3人以上の著者(従来は6人)からなる論文を引用する際の表示は筆頭著者姓のみとなったので,「筆頭に誰を置くか」の重要性はますます大きくなったと言えましょう。第2回で述べたように研究の系譜は著者に深く結びつくので,ここでもし著者順をでたらめにしてしまうと系譜をたどるのが困難になること必至です。筆頭著者だけでもしっかりと決めるのが大切なのです。そういう観点からも,やはり“学会の会員だから筆頭著者”というわけにはいきませんね~。

 結局のところ,オーサーシップや著者順は,明確な基準がない場合も多そうだということがわかりました。しかし明らかに研究にかかわっていない人が著者欄に名前を連ねていたり,研究論文の内容に対して責任を持てない人が筆頭著者になったりするのはやはり適切ではありません。その学問領域に沿った方法で著者を明確に示すことで,研究の系譜を後世に正しくつなぎ,看護学や科学の発展に寄与できると思うからです。

 これから自分が論文を執筆するときだけでなく,研究論文を読むときに著者欄や著者注を気に掛けてみると,何か新たな発見もあるかもしれません。本連載を通じて,少しでも多くの人に今後オーサーシップについて関心を持ってもらえれば,うれしく思います。