医学界新聞

書評

2022.01.17 週刊医学界新聞(通常号):第3453号より

《評者》 日医大武蔵小杉病院腫瘍内科部長

 「患者さんとのコミュニケーション」というなかなかエビデンスが成り立ちにくい分野で,第一線で臨床,研究をされている森田達也先生のこの本を一気に読ませていただきました。森田先生たちが,自ら臨床の現場で成し遂げた研究の成果,エビデンスと,それに対する解説,また臨床現場での用い方まで,詳しく楽しく物語風に描いてくださったので,非常にわかりやすく,かつ実践的であり,読み終わった時には赤ラインと付箋でいっぱいになってしまいました。この本は,がん医療にかかわる医師や,医療従事者の人たちにぜひ読んでほしい。特に,がん治療医,腫瘍内科医に必読の本と思います。

 われわれがん治療医が診療現場で患者さんによく言ってしまうセリフに,「いつ何が起こるかわかりません」「どちらにするか,決めてください」「もう治療はありません,できることはありません,ホスピスを勧めます」「余命はわかりません」「余命は〇か月です」などがありますが,これらの言葉掛けがあまり好ましくないコミュニケーションの例として,エビデンスを交えて紹介されています。そして,どのように対応したらよいのか,具体的な例が示されているので,非常に実践的です。日頃,臨床医がよく使っている言葉が,患者さんにとってはとても傷つく言葉であったり,好ましくない言葉であったりすることにあらためて気付かされ,目からうろこでした。明日からの臨床にもすぐ使える内容と思います。

 以前,森田先生にお会いした際,まだ映画化される前だった『君の膵臓をたべたい』(住野よる著)を読むように紹介されました。この小説は,主人公が難病になりながらも日常生活に喜びを見つけて生き生きと生きる姿に加えて,人生の不条理を描いたものですが,森田先生の文学への造詣の深さにも感心いたしました。本文の途中に出てくるコラムにも文学的要素が反映されており,また森田先生のファンになってしまいました。特に,コラムの中の「(文学や哲学の領域では)医学研究がわざわざ質の高いインタビュー研究やら代表性の高い集団のコホート研究やら新規性の高い実験心理研究やらをしなくても,死を前にした人間の体験はあらかたのことが,『わかって』いるのではないのかという気にもなることが多くあります」との言葉がとても印象的でした。


  • 即戦力が身につく頭頸部の画像診断

    即戦力が身につく頭頸部の画像診断

    • 尾尻 博也,加藤 博基,久野 博文 編
    • B5・頁484
      定価:8,580円(本体7,800円+税10%) MEDSi
      https://www.medsi.co.jp

《評者》 産業医大名誉教授/門司メディカルセンター院長

 本書に対する期待は,尾尻博也先生をはじめとする編集者,ならびに分担執筆者の顔ぶれを見ただけで高まった。よくあるケースレビューの体裁を取っているものの,随所にこだわりがみられて,やはりひと味違う本に仕上がっていた。

 入門編,実力編,挑戦編というレベル別の構成が面白い。トライしてみたところ,入門編の中にも決して簡単ではない症例があるので,読者が自信をなくす必要はない。一方,挑戦編も全く歯が立たない訳ではない。いずれにせよ,クイズ感覚でどんどん読み進めていけるのが,本書の強みであろう。系統的な教科書だと,ある程度読むうちに,眠くなる人も多いのではなかろうか。

 どんどん読んでいけるのは,解説の記載を徹底的に「ダイエット」した効果もあると思う。これだけ知っておけばよいという割り切りが気持ちよい。もっと詳しく知りたいときには,いわゆる成書を読めばいい。「序」に書かれているとおり,Q & A方式は本書の目玉であると思う。Qに対しまず自分で考えるという作業を通して,とても効率よく,必要な関連知識を習得できる。

 そして全136症例を制覇できたころには,「とっつきにくい,自分には無理だ,できれば読影したくない」などと思っていた頭頸部画像診断を,進んでやりたくなっているであろう。実際にレポートを書く際は,本書の「所見」欄を参考にすればよい。冗長を避けて,簡潔に必要な所見を記載するコツがつかめる。ひと通り「力試し」を終えた後は,部位別に疾患名が記載されている別目次を使えば,通常の教科書のような使い方もできる。「一粒で二度おいしい」という古いキャッチフレーズを思い出した。

 私は常々,若い放射線科医に,系統的かつ包括的に記載された「ボリュームのある」専門書を読みなさいと言ってきた。ケースレビュー的な本だと,どうしても知識が断片的になるきらいがある。しかし,こういう工夫の塊のような素晴らしいケースレビューが出てくれば,忙しい画像診断医,専門医をめざす人たちにとって本当にありがたいことである。

 些細なことだが,読んでいて一つだけ気になった。試験問題を解くときのように,症状と画像のみで診断を考えようとしていると,症例によって診断(正解)がすぐ目に入ってしまうのである。私は,英単語を勉強していた昔を思い出しながら,手元にあったハガキで正解を覆って,読んでいった。本書の体裁上やむを得ないと思われるものの,何か工夫ができればさらに素晴らしい。

 放射線診断専門医をめざす人たちはもちろん,全ての画像診断医にとって間違いなくお薦めの書である。


《評者》 大原綜合病院放射線科・副院長/画像診断センター長

 栗本典昭先生に初めてお会いしたのは日本気管支学会(現在の日本呼吸器内視鏡学会)だったと思います。超音波を用いた気管支壁構造や縦隔リンパ節の研究内容を教えていただき,その緻密さに感銘を受けました。私がX線CTを使った仮想内視鏡の検討を行っていた頃です。あの時見せていただいた超音波画像に匹敵するような微細形態をCTでも描出できないかと今でも夢想しています。

 先日,栗本先生の『気管支鏡“枝読み”術』を拝読し,とても懐かしく感じました。私は,1982(昭和57)年から2年間,坪井栄孝先生が開発した坪井式末梢病巣擦過法を習得するために郡山市の坪井病院で研修を受けました。当時の研修方法は,複数枚の断層写真からトレーシングペーパーに気管支走行をトレースして,立体的なトレース像を作成することでした。情報が足りなければ気管支造影を行いました。そうやって分枝名を記載した詳細な気管支樹を作成した後に実手技を行っていました。「枝読み術」はこのトレース作業を気管支内に視点を置いて行うことに他なりません。トレース像が画像診断医にとって肺の立体的把握に役立ったように,「枝読み術」は呼吸器内視鏡医にとって気管支分岐の立体的把握に大いに役立つでしょう。

 近年,画像枚数の増加とコンピュータ技術の進歩を言い訳にして,自分の頭で立体構築するという基本をおろそかにしているように感じます。本書でも繰り返し述べられているように,コンピュータを使わずに紙と鉛筆で立体構築する訓練はとても貴重な経験であると思います。手作業を通して対象患者の気管支分岐を頭の中に構築できるのです。。

 小学生の頃,『ミクロの決死圏』というSF映画がありました。医師たちがミクロ化して患者体内に入り,治療を行うというストーリーです。「枝読み術」は自分をミクロ化してCT画像の中に入り込む秘術です。このような秘術を惜しげもなく公表する栗本先生に敬意を表します。しかも,豊富な画像とDVD-ROMでとにかく平易に普及させたいという工夫が満載です。呼吸器内視鏡医はこの秘術を習得し,実践することで,自分の技術の向上をすぐに実感できるでしょう。画像診断医は気管支というキーワードで知識のブラッシュアップを行えるでしょう。放射線技師は診療医がどのような気管支画像を求めているかを知ることができるでしょう。現在のマルチスライスCTであればどこでも実践できますので,施設ごとに気管支描出に適したCT条件を工夫してみることも面白いと思います。


《評者》 福岡大名誉教授

 2021年9月,本書が発刊された。初版から10年がたち,がん治療の進歩とともに,がんのリハビリテーション(以下,がんリハ)はエビデンスが蓄積され,標準化が進み改訂に至ったものである。がんに携わる全ての医療者が,がんリハ専門家の指導の下でがんリハを実践できるように記載された本書をぜひ推薦したい。

 評者は半世紀にわたり化学療法の創成期から現在のゲノム医療まで共に歩んだ腫瘍内科医である。当初,がんを治すことをめざし,徹底した治療を行っていた。ある時,精巣腫瘍の高校生を診る機会があり,脱毛がいやで治療に消極的だった彼を説得しシスプラチン併用療法を開始した。悪心・嘔吐(CINV)が強く心身の疲弊から「もう,許してほしい」と懇願され,治療が完遂できなかった。その後,有効な制吐薬が開発されCINVは制御できるようになった。このような支持療法はがん対策推進基本計画の重要な施策の1つに掲げられているとはいえ,系統立った教育,研究,診療が不十分な領域である。

 その中でがんリハは,最も成功している非薬物的支持療法である。その理由の1つ目は,リハが病院の診療部門として機能し,その基盤の上にがんリハが導入されたこと。2つ目は2007年度からがんリハの系統だった研修プログラム(CAREER)が開始され,2010年度にがんリハ料が診療報酬上で算定可能となったことである。各施設のがん診療チームが本研修を終了していることが算定の要件となっていて,がん診療連携拠点病院のほぼ全ての施設でがんリハが導入されている。

 本書は,辻哲也先生をはじめ執筆者の多くがCAREER研修の運営にかかわり,豊富ながんリハの経験を基に記載されており,「マニュアル」にふさわしい内容となっている。まず,がんリハに必要な基礎的な知識が得られるようがんの病態・治療,リハ診療の概要の記載から始まる(第I章)。その後,具体的ながんリハに入り,各節(原発巣,症状,ライフステージ別)の冒頭に「ここがポイント」⇒診療の概要⇒リハのアプローチ⇒ケース紹介と系統立って記載されている(第II章)。経験の少ないセラピストも自信を持って治療に当たることができる内容である。さらに基本的な技術に関するWeb動画33編が閲覧でき,それを利用して日常診療の中でアドバイスができる。

 がん罹患者の多くは高齢者であり,サルコペニアや心身の脆弱例ではがん治療が十分にできず,まさに「がんと共生」することになる。また上記,精巣腫瘍の例のようにAYA世代は成人とは異なるアプローチが要る。本書ではこれらライフステージに応じたリハ,またがん悪液質,緩和ケア中心の患者のリハにも果敢にチャレンジしている。今後,外来がんリハ保険適用獲得のための有用性の検証,さらにはがんの軌跡(trajectory)に応じて対応できるような人材育成と体制作りを期待したい。本書はその基盤となる包括的な実践書であり,病棟・外来に置いてぜひ参考にしていただきたい。


《評者》 富山大病院和漢診療科特命教授

 私が三潴忠道先生から『はじめての漢方診療 十五話』に書かれている内容について直接講義を受けたのは25年前のことである。当時の資料は現在の『はじめての漢方診療ノート』に掲載されている図表の一部が印刷されたものであり,三潴先生の診療が終わってから連夜直接講義を受けたことを今でも懐かしく覚えている。そして現在,私が漢方に傾倒するための基礎をしっかりと築くことができたのはこの連日の講義のおかげである。そのため,その時の講義内容が『はじめての漢方診療 十五話』という形で書籍になってから私は自身が行う勉強会のテキストとして本書を使用し,自分一人で読んだ回数も含めると相当な回数,この書籍にはお世話になってきた。そこで今回第2版ではどのように改訂されたのかわくわくしながら第2版を拝読した。

 通読してみてまず感じたことは,初版では文面になく勉強会で三潴先生から教えていただいたことが第2版では随所によりわかりやすく解説として加筆されていた。さらにA5判からB5判への変更,小見出し,キーワード,まとめがつくなどのレイアウトの変更もあり,解説者がいなくても独学で内容をより深く理解できるようになったと感じる。また三潴先生は漢方を広めるために西洋医学的な診断ならびに客観的な評価を重視しているが,その点が第2版でも反映されている。具体的には時代の流れに合わせて,また各専門領域の医師が見ても漢方薬の有用性を客観的に評価することができるよう,症例をいくつか差し替えている。この改訂もまたこれから漢方を学ぶ者にとってはその理解を深めるために重要なことであると考える。

 一方,陰陽から始まる漢方の基本的な考え方に対する柱の部分は全く変更しておらず,三潴先生が故・藤平健先生や小倉重成先生から学んだ教えに対する確信,ブレのなさを感じた。また本書は初学者向けではあるが,三潴先生の頻用処方の中から第2版で追加されている方剤も多数あり,また新しく加わった“漢方診療こぼれ話”も非常に読み応えがあり,臨床経験が豊富な医師にとっても新たな発見ができ,きっと日常臨床に役立つ内容であると考える。

 三潴先生は「守・破・離」とよく言われる。これから漢方を学ぼうとする先生方は本書に記載されていることに倣い,何度も繰り返し実践し修め,そして新しい発見があれば『はじめての漢方診療ノート』に加筆し,まずは自分なりの漢方医学に対する土台をしっかりと固めてほしい。本書は読者の皆さんを漢方の素晴らしい世界へ誘う指南書と確信する。


《評者》 筑波大教授・眼科学

 待望の『角膜クリニック 第3版』が刊行された,などと書くと,いかにも月並みな書評の書き出しとなってしまうが,しかし1990年の初版,2002年の第2版を長らく愛用してきた評者にとって,まこと「待望の」あるいは「待ちに待った」第3版というのが偽らざる感想である。今回,31年前の初版を久しぶりに取り出してみたのだが,多くの付箋や下線が残っており,よく勉強させてもらったという記憶がよみがえってきた。角膜を学ぶ眼科医が必ず手に取る良書であった。赤本と呼ばれた初版,新赤本と呼ばれた第2版とも,すでに背表紙は色あせて赤くはない。時の流れを感じる。

 さて,19年ぶりの改訂である。阪大眼科角膜グループの伝統を反映した,非常に実務的で,無駄のない優れた教科書という印象は変わらない。今回最も大きな変化と感じたのは,基礎編という項目をなくしたことである。前版までは,生理・生化・発生・免疫・微生物学・創傷治癒・薬学・遺伝子などの知識が,巻末にまとめて記されていた。今版では,それらの基礎知識を,臨床編や治療編の中に入れ込んで解説するようになっている。これにより基礎的知識と臨床的知識を結び付けやすくなり,角膜の機能や疾患をより有機的に理解できるようになった。

 新しく追加された項目としては,前眼部OCT,波面収差解析,角膜生体力学特性,抗原検査・抗体検査・PCR,遺伝子検査などがある。また,角膜パーツ移植の発展や上皮移植・培養上皮移植の臨床導入を受けて,角膜移植の項が充実した。その他にも,人工角膜,フェムトセカンドレーザー,角膜クロスリンキング,涙液検査などに関する解説が紙幅を増し,最新の医療状況を反映したものとなっている。

 このように明らかに内容の充実が図られた本書であるが,それにもかかわらずページ数の増加が最小限に抑えられていることは特筆しておきたい。改訂に伴ってボリュームを増していく本が少なくない中,本書では読者の使い勝手や価格を考えて編集陣が工夫されたのであろう。このあたりも阪大流であろうか,好感が持てる。

 一方で,あえて欠点を挙げると,初版や前版から同じ写真が用いられているものが少なくないことと,引用文献が古いことが若干残念であった。古い写真と新しい写真ではクオリティが違う。次回の改訂に期待したい。

 本書の刊行と時を前後して,初版から監修を務めてこられた眞鍋禮三先生の訃報が届いた。おそらく,本書の完成を目にされることはなかったと思われる。しかし,眞鍋先生が構想された国産角膜専門書が30年を超えるロングセラーとなり,昭和・平成を経て令和時代に第3版が刊行されたということは,眞鍋先生が育てられた「角膜学」が日本に広く根付いたことを示しているのではないかと思う。日本における角膜臨床のレベルアップへの貢献は,計り知れない。