医学界新聞

絶対に失敗しない学会発表のコツ

連載 後藤 徹

2022.01.10 週刊医学界新聞(レジデント号):第3452号より

 社会人の基本は身だしなみです。それは学会の演者も変わりません。医師の多くは非医療者ほど気合を入れて就職活動に取り組まないためか,この点を見落としがちです。学会発表という晴れ舞台には,頭のてっぺんから足の爪先まで,いつも以上に気合を入れて挑みましょう。寝ぐせ,しわしわのシャツ,曲がったネクタイ,カジュアルすぎるバッグ,汚れた革靴などは絶対に避けます。連載第1~3回を通して学会発表のいろはを身につけたあなたのプレゼンは一流です。一流のプレゼンには,一流の身なりで臨みましょう!

 初めての学会発表では,プレゼン中に極度の緊張に陥らないため,会場に慣れることが一番重要です。この項では発表を「戦国時代の合戦」に例え,初心者が戦をいかに勝ち抜くかを考えます。

1)“地の利”を押さえる(=会場の下見)

 自分の発表場所および時間は,学会の日程表から事前に把握していると思います。受付と口演スライドデータの登録を済ませたら,会場を下見するのが吉です。特に研修医セッションやアワードが絡む場合は,自分以外の発表を聞くことがよい予行演習になります。会場の大きさや形状,収容人数を把握するとともに他の演者の発表を参考にしましょう。

2)発表時の武器を知る(=プレゼンツールの把握)

 会場ではプレゼンツールを確認します。空き部屋となる時間帯があれば実際に壇上に立って確認することもできます。に一般的なプレゼンツールと注意事項をまとめました。発表中,壇上に1人立つあなたは,言わば“四面楚歌”の状態です。会場をどう掌握するのかを再確認しましょう。

3452_03_01.jpg
 学会発表時に活用するプレゼンツールと当日の注意事項

3)開戦の狼煙を上げる(=座長への事前あいさつ)

 忘れてはならないのが座長への事前あいさつです。座長はたいていセッションが開始する直前に会場に入ってきます。その際,「〇番目の演者で,〇〇病院の〇〇(名前)です。本日はよろしくお願いいたします」と一言あいさつするだけで印象がだいぶ変わります。座長は初めて会う先生であることが多く,質疑応答時には座長からの質問が最も多いという状況に鑑みて,議論の相手と事前に少しでも会話をしておくと,本番でリラックスできるはずです。

4)先制の矢を放つ(=質問する)

 アワードセッションでよく行われる手法ですが,ウォーミングアップとして自分の発表前に他の演者に質問をするのがお勧めです。学会での質問は飛び道具です。質問内容さえしっかりしていれば,あなたにどれくらいの臨床能力があるかは関係ありません。また答えてもらった内容がわからなくてもお礼を言えば場を乱すことはありません。下記の基本ルールにのっとって積極的に質問してみましょう!

1.自己紹介
例 「○○病院の○○と申します」
※研修医や何年目といった情報は不要。

2.賛辞を述べる
例 「○○に関する最新の知見を教えていただき,大変勉強になりました」
  「○○の治療アルゴリズムの考え方が非常に勉強になりました」

3.質問/意見を述べる
例 「○○に関して質問させていただきたいのですが……」

4.答えに対するお礼を述べる
例 「教えていただき,ありがとうございます」

 質問時のポイントは「長々と」「過剰にへりくだって」話さないことです。あなたの意見を一方的に述べる場ではありません。「不勉強で申し訳ありませんが」などというフレーズも蛇足です。コンパクトに質問しましょう。

 皆さん,合唱コンクールでは普段の声(地声)で歌わず“コンクール用の自分”を演じますよね? 学会も同じです。学会で求められるキャラクターは,①ハキハキと答える,②オーバージェスチャーをする,です。まず,自分が思うレベルの3倍ハキハキ答えましょう。「ハキハキ」とは,適度な間を保ち,語頭から語尾までしっかり発声するという意味です。ONとOFFを明確に使い分けます。

 2つ目の「オーバージェスチャー」とは,身振り手振りを口演に追加することです。腕を大きく広げる,抑揚とリンクして上半身を動かすといった“伝えようという姿勢”は熱意ある発表と印象付けられます。人前に立つことが苦手という方も多いと思いますが,恥ずかしがっている演者の発表は伝わりません。堂々と演じましょう!

 大御所たちがそろう聴衆席の顔ぶれやその人数に圧倒され,頭が真っ白になることがあります。これはSelf confidenceが聴衆からのプレッシャーに負けた時に生じます。聴衆に飲まれないためには,自分のペースに引き込むことが大事です。焦って早口で説明する,事前練習では言わなかったコメントを入れてしまうなどの行為をプレゼン中に自覚したら,スライドを次に進めた際の「間」を少し長めにとって自分を落ち着かせます。私はレーザーポインターで指しながら直接スクリーンに向かって話す時間を作ることで,聴衆からも壇上のPCからも目をそらして心を落ち着かせています。座長をチラ見して,自分の発表をしっかり聞いてくれていると再確認することもSelf confidenceの回復につながります。

 発表が終わった解放感に身を任せて遊びに行くのは,もうちょっと待ってください! 大事なのは発表後です。他の演者に質問に行ったり,座長に再度あいさつをしたりすることは今後の研究活動において重要です。その中で率直な感想や賛辞をもらえると,自分にとって大きなプラスになります。必ず名刺交換をして,帰宅後に再度あいさつのメールもすると良いでしょう。

 加えて,可能なら学会終了後の懇親会にも参加しましょう。懇親会はシンポジウム登壇者や学会役員クラスの上級医のみならず,自分と卒後年度が近い先生方とのつながりを持つ貴重なチャンスです。普段は臨床業務で手一杯の中,他病院の先生と知り合いになるチャンスはなかなかありません。懇親会での出会いが,病院見学や手術見学などの素晴らしい流れにつながるかもしれません。研究会や学会で仲良くなり,情報交換をするスキルはあなたが臨床医として働き続ける上で最も有用なコミュニケーション能力の一つです。

 もう一つお勧めするのは,自分が応募した上級演題のセッションを聞くこと。選ばれた演題には,自分に無かった光るものが必ずあります。抄録の書き方,発表の内容,スライド構成,口演,質疑応答の全てをチェックして何が自分と違うのかをメモしておきましょう。同時に,その領域のホットトピックを把握します。ホットトピックは時代の流れで変化や見直しが必要とされる部分です。新しい疾患定義や治療法など,その生かし方と標準化のプロセスは,論文上だけでなく学会でも議論されます。次の学会ネタをストックする意味で,大きなアドバンテージになります。

 最後に,学会発表を終えた日は寝る前に必ず自分を褒めましょう。これが学会発表を嫌いにならない秘訣です。慣れないうちは口演がぎこちなく,質問にもうまく答えられないものです。これらを気にする必要は全くありません。しっかり準備してきて,最後までやり遂げた実績は大きな自信につながります。今後も医学者として積極的に情報発信をしていきましょう!