医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3241号 2017年09月25日



第3241号 2017年9月25日


Medical Library 書評・新刊案内


シミュレーション教育の効果を高める
ファシリテーターSkills & Tips

内藤 知佐子,伊藤 和史 著

《評者》笠松 由利(兵庫医大病院看護部教育担当次長)

モチベーションアップや看護の質向上に役立つ

 本書は,看護基礎教育だけでなく,看護師現任教育の場でも活発に行われているシミュレーション教育の中で最も重要な「シミュレーションファシリテーター育成」に焦点を当てた,著者の実践を基に書かれたものである。シミュレーションファシリテーターに興味を持ち,その役割の重要性は理解していても,具体的にどのようなスキルが必要なのかがわからない,あるいはスキルをうまく使いこなせず,自信を持って実践できていない看護師は多いのではないだろうか。本書はこれらのことを一気に解決してくれる。

 シミュレーションに必須のChapter 1「シナリオ作成」に始まり,シミュレーション当日のChapter 2「ブリーフィング」,Chapter 3「セッション」,Chapter 4「デブリーフィング」でシミュレーション教育に必要なスキルについて,具体的にわかりやすく書かれている。

 初学者は“既存シナリオを使いこなす”ことで,準備段階での疲弊を回避できるだろう。また,デブリーフィングガイド作成段階での失敗事例が紹介されており,ついやってしまいがちな言動にハッとし,日頃の自分自身を振り返るよい機会となるだろう。さらに“声掛けの仕方”や“良い例・悪い例”など,明日から使えるスキルが満載である。“成長には振り返りが大切”との考えで,ファシリテーターと共に研修での振り返りを欠かさない著者だからこその一冊である。

 他方,本書にちりばめられた多くの理論が魅力である。組織行動学,教育学,心理学など,さまざまな理論を活用し,スキルの根拠を教えてくれる。理論を苦手とする臨床の看護師にもわかりやすく,「へえ~,そうなんだ!」と思えるものばかりである。教える立場にある看護師にとっては,自分の実践がさまざまな理論に基づいていることを知り,スキルの偉大さに驚くとともに,それを使いこなせたときの自身の成長を誇りに思うに違いない。さらにこれらの理論は,ファシリテーターだけではなく,成人学習者と向き合う組織の管理者にも役立つであろう。

 看護師は教育者ではないため,他者への教え方を学んでいないことが,職場の人間関係や中堅看護師の疲弊の要因にもなっている。ぜひとも組織全体で教え方を学び,Skill 17の「看護実践につなぐスキル」を身につけていただきたい。中堅看護師のモチベーションアップや,看護の質向上に本書は大いに貢献するだろう。

 会議,面接,研修など,あらゆる場面で活用できるファシリテーションスキル。今や看護職にとっても必須のスキルである。まずは身近な後輩育成に活用できれば,その効果はいずれ教育の枠を超え,看護師をさらなる成長へ導くに違いない。

A5・頁264 定価:本体2,600円+税 医学書院
ISBN978-4-260-03014-4


スピリチュアル・コミュニケーション
医療者のための5つの準備・7つの心得・8つのポイント

岡本 拓也 著

《評者》田村 恵子(京大教授・緩和ケア・老年看護学)

ケアに悩めるときのバイブル

スピリチュアルケアの疑問に応える
 「スピリチュアルペインって難しい。どうケアしたらよいのだろう」と悩んでいませんか。

 こうしたケア提供者の悩みを吹き飛ばすがごとく執筆者の岡本拓也氏は「スピリチュアルな問題は,突き詰めると,その人自身,つまり本人の問題です」(「はじめに」より)と断言しています。このためスピリチュアルケアとは,「“そっといっしょに”にいる,という“存在”そのものの提供以外には,究極的には,何も行いえないのだろうと思うわけです」と述べています(「はじめに」より)。「そうなのだ」とうなずかれる方がたくさんおられると思いますが,ちょっと肩の力を抜いてみると,「でも,これってかなり自分自身が問われるってこと?」と再び不安や疑問を感じるかも……。そうした疑問に端的に応えているのが本書です。

すべてのケアは心に触れる
 第1章では,スピリチュアルケアの神髄をスピリチュアル・コミュニケーションという概念を用いて丁寧にひもといています。そして,第2章では,ケア提供者が患者さんに会う前に行うべき5つの準備が具体的に説明されています。続く第3章では,患者さんに向き合う時の7つの心得が紹介されています。そして,最後には,スピリチュアルなコミュニケーションをどうすれば高めることができるのかが8つのポイントとしてまとめられています。

 特に,私の印象に残った言葉は「すべてのケアは心に触れる」(p.4)です。日々のケアがそうありたいとあらためて感じさせられました。ケアに悩めるときのバイブルとして,手元に置かれてはいかがでしょうか。

A5・頁188 定価:本体2,500円+税 医学書院
ISBN978-4-260-02529-4

関連書
    関連書はありません