医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3062号 2014年02月03日

第3062号 2014年2月3日


〔連載〕続 アメリカ医療の光と影  第262回

米スポーツ界を震撼させる変性脳疾患(2)

李 啓充 医師/作家(在ボストン)


3060号よりつづく

 前回のあらすじ:元NFL選手の脳に認められた広範な異常と脳震盪との関連を論じたベネット・オマル医師の論文に対し,NFLの専門委員会は「データも文献の解釈も間違いだらけ」として,その撤回を求めた。

 科学の領域において,論文に対する反論が掲載誌に寄せられることは驚くに値しない慣習であるが,論文の内容を全否定した上で撤回を求めたNFLの反応は極めて異例なものであった。NFLは,なぜ「超急性拒絶反応」ともいうべき強硬なリアクションを示したのだろうか?

 撤回要求を執筆したのは,NFLが「脳震盪に対する科学的調査と対策を進めるため」として,1994年に設立した「Mild Traumatic Brain Injury Committee(以下,MTBIC)」の委員たちだった。NFLが拒絶反応を示した理由をご理解いただくために,まず,この委員会が設立された経緯から説明しよう。

大統領自らルール改正に乗り出した過去も

アメリカン・フットボールは,肉体と肉体とが激しくぶつかり合う迫力を「売り」として人気を集めてきたスポーツである。伝説的名コーチ,ビンス・ロンバルディの言葉を借りるならば,「contact sports ではなくcollision sports」なのであるが,collision sportsの宿命として,選手がさまざまな外傷を負うリスクは他のスポーツと比べて著しく高い。1905年にセオドア・ルーズベルト大統領がホワイトハウスでフットボールの安全性を向上させるための「緊急サミット」を開催した事例は有名であるが,この年,頭部外傷で死亡する大学選手が続出,「危険なスポーツだから禁止しろ」とする運動が高まったことが開催の理由だった。大のファンだった大統領が「フットボールを救う」目的で開いたサミットでは,肉体同士のぶつかり合いを減じるべくさまざまなルール改正が行われた。例えば,スピードの重要性を高めるためにファーストダウン獲得に必要なヤード数が5から10と倍に増やされただけでなく,ボールを前に投げてよい「フォワードパス」のルールが導入されたのだった。

 一方,その後,頭部外傷を減じるためにヘルメットの着用が義務付けられるようになり,その材質・意匠の改良も続けられた。しかし,ヘルメットは,頭蓋骨折等の「外部」のけがを防ぐには有効な防具ではあり得ても,頭蓋内で脳が激しく揺さぶられる脳震盪を防ぐご利益は限られている。しかも,皮肉なことに,ヘルメットが「頑丈」になるにつれてぶつかり合いはますます激しさを増した。さまざまな方策が講じられてきたにもかかわらず,NFLにおける脳震盪の危険が大きく減じることはなかったのである。

 MTBICが設立された94年は,マスコミが「脳震盪のシーズン」と呼ぶほど,スター選手が試合中に脳震盪を起こす事例が頻発した。当然のことながら,その危険性についての関心が著しく高まったのであるが,NFL機構は終始一貫して「脳震盪の頻度は昔から変わっていないし,危険性が高まった事実はない」とする立場を取り続けた。

NFLの姿勢を変えた,あるジャーナリストの指摘

 NFLの「問題は存在しない」とする姿勢が変わるきっかけになったのは,1994年12月にニューヨーク市で開かれたあるイベントに,コミッショナーのポール・タグリアブーが出席したことだったと言われている。このイベントは,米プロスポーツ界のトップが,ファンの関心が高い事項について語り合うという趣旨で開かれたものだったが,パネル・ディスカッションの司会役を務めたのは,『男たちの大リーグ』,『さらばヤンキース――運命のワールドシリーズ』などの著作で知られるデイビッド・ハルバースタムだった。ハルバースタムから脳震盪が頻発する問題について聞かれたタグリアブーは,「マスコミが大騒ぎしているだけ」とした上で,「脳震盪の頻度は3ゲームに1回で,昔から変わらない。2万2000回のプレーで1回しか起こらない」と数字を挙げて,問題にする必要はないとする立場をあらためて強調した。

 ハルバースタムは,スポーツ物の著作でも知られるが,元々ジャーナリストとして名を上げたのはピューリッツァー賞を受賞したベトナム戦争の取材であった。「コミッショナーのコメントを聞いていて,昔,国防長官のマクナマラが記者会見で都合のいい数字ばかり並べ立てた挙げ句に米国をベトナム戦争の泥沼に引きずり込んだことを思い出した」と彼が述べた途端,会場は大爆笑に包まれたのだった。

 観衆の笑いものにされてタグリアブーが何を思ったかは知らないが,「脳震盪は大した問題ではない」とするNFLの姿勢にファンが納得していないことは明らかであったし,機構として何らかの処置を講じる必要を痛感したとしても不思議はない。「脳震盪について科学的に調査するとともに,有効な対策を検討する」として,タグリアブーがMTBICの設立を決めたのは,このイベントに出席した直後のことだった。

 一方,ハルバースタムはNFLの脳震盪問題を60年代に米国が泥沼に引きずり込まれたベトナム戦争に例えたが,まるで彼の予言が当たったかのように,NFLにおける脳震盪問題は,MTBIC設置後もますます深刻さの度合いを強めたのだった。

この項つづく

連載一覧