医学界新聞

寄稿 平岡 孝浩

2022.08.01 週刊医学界新聞(通常号):第3480号より

 近年,コロナ禍によるスクリーンタイムの増加が指摘されている1),また,国内ではICT教育やGIGAスクール構想の導入も相まって,小児の近視が増え続けている。近視が強くなるにつれ,緑内障や網膜剥離,黄斑症など失明につながる疾患の発症リスクが高まることから2),予防医学の観点からも近視対策が急務である。小児期から積極的に介入して近視抑制法を実践することが世界的に推奨されている。その背景には眼鏡やコンタクトレンズ,さらには薬剤を用いた各手法の臨床研究が進み,エビデンスが集積されてきた点がある。さらに近年は,複数の手法を組み合わせた併用療法の検討も進む。以下に,国際的に臨床応用されている治療法を概説する。

 なお,近視抑制のメカニズムに関しては,調節ラグ理論,軸外収差理論,近視性デフォーカス理論,機械的張力理論など複数の仮説が提唱されている。紙面の都合上,各理論の詳細は他の成書を参照していただきたい。

◆眼鏡

 古くは,近見加入度数が下方に配置されている累進屈折力眼鏡()が調節ラグを改善すると考えられていた。多数のランダム化比較試験(RCT)が施行されたが,システマティックレビューにおいて臨床的効果は不十分との結論に至っている3)。その後,周辺に行くほど同心円状に加入度数が強くなるデザインが開発され,軸外収差の改善により近視進行抑制効果を発揮することが期待された。その代表であるMyoVision®(Carl Zeiss Visions社)を用いた2年間のRCTが日本で行われたものの,有意な抑制効果は認められなかった4)

 近年,香港理工大学とHOYA社が共同開発したdefocus incorporated multiple segments(DIMS)レンズが注目されている()。中心のクリアゾーン(9 mm径)は通常の単焦点レンズであるが,その周囲に1.03 mm径の微小セグメント(+3.5Dの加入)が約400個埋め込まれている。微小セグメントを通過した光線は,網膜前方に焦点を結ぶため,常に近視性デフォーカスが形成される状態となる。2020年に報告された2年間に及ぶRCTでは,単焦点眼鏡群と比較して近視の進行を52%抑制,近視の進行に影響する眼軸長伸長も62%抑制したことが確認された5)。さらに1年間延長された研究は,「元々のDIMS眼鏡群→3年目もDIMS眼鏡群」「元々の単焦点眼鏡群→3年目はDIMS眼鏡にスイッチ」というデザインで継続され,DIMS継続群では近視進行抑制効果の維持が,またDIMSスイッチ群では新たに近視抑制効果が確認された6)。本レンズはMiyoSmart(HOYA社)という商品名で既に諸外国で市販されている。

3480_04_01.jpg
 DIMSレンズの仕組み(左)と近視性デフォーカスの形成(右)
DIMSレンズは,通常の単焦点レンズ(9 mm径)の周囲を多数の微小セグメントが囲む。微小セグメントを通過した光線が網膜前方に焦点を結び,常に近視性デフォーカスを形成する。

 またSTELLESTTMレンズ(Essilor社)という特殊眼鏡も開発されている。高度な非球面性を有する小型レンズが,中央の単焦点ゾーンを取り囲むように同心円状に連続して埋め込まれており近視性デフォーカスを形成する,“H.A.L.T.”(Highly Aspherical Lenslet Target)テクノロジーと称されるデザインとなっている(DIMSレンズに似たコンセプトである)。1年間のRCT結果が既に報告され,単焦点眼鏡の対照群と比較して屈折で67%,眼軸長で64%の非常に強い近視抑制効果が確認された7)。今後,長期間での研究結果が待たれる。

◆オルソケラトロジー

 オルソケラトロジー(orthokeratology:OK)とは,ハードコンタクトレンズ(HCL)の装用によって角膜の形状を意図的・計画的に変化させ,近視や乱視の矯正を図る治療法である。近年では,夜間就寝時のみに特殊デザインHCLを装用するオーバーナイトオルソケラトロジー(overnight OK)という手法が主流となっている。レンズ中央がフラットな形状を有しており,角膜中央部を扁平化することにより近視を軽減できる。同時に裸眼視力も向上するため,日中は裸眼で生活できるようになる。

 OKによる近視進行抑制効果が初めて報告されたのは2004年のケースレポートであり8),以降も多くの研究結果が報告されてきた。初のRCTは香港で行われ,眼鏡装用対照群と比較して2年間で43%の眼軸長伸長抑制効果が確認された9)。メタ解析論文も複数報告されている10~13)。長期経過の報告も徐々に増加し14),光学的手法の中では最もエビデンスが豊富であると言える。小児の近視進行抑制法として国際的に確固たる地位を確立しているといっても過言ではない。

 また,OKと後述する0.01%の低濃度アトロピン点眼の併用効果に期待がかかり,OK単独群と比較して有意な眼軸長伸長抑制効果が日本人の学童で確認された15, 16)。香港でも類似のRCTが行われており,ほぼ同様の結果が報告されている17)

◆多焦点ソフトコンタクトレンズ

 多焦点ソフトコンタクトレンズ(SCL)を用いた近視進行抑制法も広く行われている。複数のデザインが試されているが,最も強い抑制効果が確認されたのは,MiSight®(CooperVision社)という2焦点SCLである。近視性デフォーカスを形成するトリートメントゾーンと近視矯正のためのコレクションゾーンが,交互かつ同心円状に配置されるデザインを有する(https://bit.ly/3Au7mEW)。4か国で3年間のRCTが行われ,MiSight®は単焦点SCLと比較して屈折度で59%,眼軸長で52%の抑制効果を示した18)。2018年にCEマークを取得,2019年には米国FDAでも承認された。さらに本年に入って6年間の臨床経過が報告され,長期の有効性・安全性も確認されている19)

 また,焦点深度拡張型(extended depth of focus:EDOF)デザインを有するSCLも登場し,その近視進行抑制効果が確認されている20)。海外ではMYLO®(Mark’ennovy社)やNaturalVue®(Visioneering Technologies社)をはじめ,複数のEDOFレンズが近視進行抑制用に市販されている。

◆低濃度アトロピン点眼

 上記の光学的アプローチのほか,薬物を用いた近視抑制も広く試みられている。低濃度アトロピン点眼がその代表であり,0.01~0.05%点眼液が臨床応用されている21)。濃度が高いほうが近視進行抑制効果は強いが,羞明などの副作用が出やすく,中止後のリバウンド(急激な近視進行)も懸念されている。

 眼鏡やコンタクトレンズでは,より有効性が高い光学デザインが模索され,各社が新規商品の開発を進めている。OKに関しては光学径を縮小したデザインの有効性が報告され注目を浴びている22)。アトロピン点眼は,0.01%点眼液の安全性やリバウンドの小ささから世界的に応用されてきたが,日本で行われたRCTで効果が弱いことが浮き彫りとなり23),0.025%や0.05%など濃度がより高い点眼液の応用が今後広がっていく可能性が高い。

 ただし,残念ながら近視進行抑制治療として本邦で保険承認されたデバイスや薬剤はいまだない。現在治験中のものは複数あるが,国際的には大きな遅れをとっていると言わざるを得ない。わが国の小児が一刻も早く国際的な標準治療を受けられるようになり,近視患者の爆発的な増加に歯止めがかかることを切望している。


:1枚のレンズの中でグラデーション状に度数が変化し,遠近双方に焦点を合わせるレンズ。老眼鏡が代表的。

1)Br J Ophthalmol. 2021[PMID:34340973]
2)Prog Retin Eye Res. 2012[PMID:22772022]
3)Optometry. 2012[PMID:23249121]
4)Jpn J Ophthalmol. 2018[PMID:30083910]
5)Br J Ophthalmol. 2020[PMID:31142465]
6)Br J Ophthalmol. 2021[PMID:33731364]
7)Br J Ophthalmol. 2021[PMID:33811039]
8)Optom Vis Sci. 2004[PMID:15365383]
9)Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012[PMID:22969068]
10)Curr Eye Res. 2016[PMID:26237276]
11)PLoS One. 2015[PMID:25855979]
12)Optom Vis Sci. 2015[PMID:25599338]
13)J Ophthalmol. 2015[PMID:26221539]
14)Ophthalmic Physiol Opt. 2018[PMID:29691927]
15)Jpn J Ophthalmol. 2018[PMID:29974278]
16)Sci Rep. 2020[PMID:32728111]
17)Ophthalmic Physiol Opt. 2020[PMID:32776533]
18)Optom Vis Sci. 2019[PMID:31343513]
19)Optom Vis Sci. 2022[PMID:35086120]
20)Ophthalmic Physiol Opt. 2019[PMID:31180155]
21)Ophthalmology. 2022[PMID:34627809]
22)Ophthalmic Physiol Opt. 2021[PMID:33991112]
23)Jpn J Ophthalmol. 2021[PMID:33586090]

3480_04_02.jpg

筑波大学医学医療系眼科 准教授

1993年筑波大卒。20年より現職。博士(医学)。近視,コンタクトレンズ,眼光学を専門に研究。第6回日本角膜学会学術奨励賞,第3回日本コンタクトレンズ学会学術奨励賞,第2回日本眼光学学会学術論文賞など受賞歴多数。日本近視学会理事,日本コンタクトレンズ学会理事,日本老視学会理事,茨城県眼科医会副会長など,多くの役職を兼務する。代表著書に『学童の近視抑制治療』(文光堂)。