医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3072号 2014年04月14日

第3072号 2014年4月14日


在宅医療モノ語り

第48話
語り手:目に見えるつながりです 
診療情報提供書さん

鶴岡優子
(つるかめ診療所)


前回からつづく

 在宅医療の現場にはいろいろな物語りが交錯している。患者を主人公に,同居家族や親戚,医療・介護スタッフ,近隣住民などが脇役となり,ザイタクは劇場になる。筆者もザイタク劇場の脇役のひとりであるが,往診鞄に特別な関心を持ち全国の医療機関を訪ね歩いている。往診鞄の中を覗き道具を見つめていると,道具(モノ)も何かを語っているようだ。今回の主役は「診療情報提供書」さん。さあ,何と語っているのだろうか?


私の封筒までもが情報です
ワタクシ紹介状は封筒に入ってやってきます。前の医療機関の連絡先が書いてある封筒なので,名刺代わりにカルテに保存しておくと便利。入院希望があるのに病院が見つからない,なんてときには紹介元を頼ります。
 前回,「次は椅子に座ってゆっくりとお話しましょう」なんて言って,在宅医は帰っていきましたが,大丈夫かなと心配でした。慌ただしい年度末です。人事異動で主治医交代,一家でのお引越し,それに伴って在宅医療が始まることも終わることもあり,とにかく大忙し。例のお宅で,ベッドサイドの丸椅子に医師が座ることはできても,ゆっくりとお話しできるのだろうかと案じたのです。“暇そうな雰囲気”と“傾聴”がダイジ――頭ではわかっていても,携帯電話が鳴ったり,主治医の焦る気持ちが表に出たりしないかと。

 私は,病院から診療所にやってきた診療情報提供書です。紹介状のほうがなじみ深いでしょうか? 情報の中身はどんなものか? 患者の名前,生年月日,住所,性別,傷病名,紹介目的,病状や治療の経過,処方内容などが書かれています。なぜ紹介されるのかも,きちんと書いてあります。例えば,「発熱の精査」とか「肺炎の加療」とか。次の医療機関で何をしてもらいたいのかがわかるように,経過や今までの治療内容に関しては詳しく書いてあるのです。

 私は「訪問診療の依頼」に使われた診療情報提供書です。普通の紹介状とは結構中身も違ってきますね。いつもの内容に加え,介護する家族の様子や介護保険の利用の様子,そして病状に加え,予後もわかっていれば,在宅チームが助かる情報になります。また,前主治医からぜひ教えてもらいたい情報のひとつに「病状の説明をどのようにしたのか」があります。外来かかりつけ医がそのまま訪問診療に行く場合は導入もスムーズでしょうが,まったく初めての方がザイタクに紹介されてくる場合,私は大きな役割を果たすのです。

 「病院の先生から,検査の結果を聞かないで退院してしまったの。どうだったのですか,先生」。患者さんは在宅医にそう尋ねました。病院ですでに結果を聞いていたご家族は黙って下を向いています。在宅医は患者さんの横の丸椅子に座り,「病院の先生にお手紙で教えていただきました」と私を片手に答えると,患者さんは「まあ,それで?」と身を乗り出しました。「お熱の原因として腫瘍が疑われたようです」。患者さんは「やっぱり。そんなことじゃないかと思っていました」と一言。「詳しくはもっと検査をしてみないとわからないそうですが……」という在宅医の言葉を残し,少しの沈黙がありました。「もういいわ,時間がもったいないもの。残された時間はどのくらいなのかしら?」。私には「がんだとすれば,予後は短い月単位と考えます」と書いてありましたが,在宅医もどう答えようかと考えていたのでしょう,再び沈黙が流れました。「気になりますよね? これから先のことは,本当のことは誰にもわからないと思いますが」と在宅医が答えかけると,慌てて言葉を遮るように「そうよね。誰にもわからないことよ」と患者さんは言いました。そして自分に言い聞かせるように,その言葉を繰り返していました。

 それから約2か月後,患者さんはご自宅で最期を迎えられました。家族に囲まれ,生まれたばかりのひ孫も遊びにきて,にぎやかな時間もあったようです。在宅医は病院の前医にザイタクでの様子を「お返事」として手紙を書きました。

ワタクシ紹介状は封筒に入ってやってきます。前の医療機関の連絡先が書いてある封筒なので,名刺代わりにカルテに保存しておくと便利。入院希望があるのに病院が見つからない,なんてときには紹介元を頼ります。

つづく

連載一覧