医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2782号 2008年05月26日



第2782号 2008年5月26日


看護のアジェンダ
 看護・医療界の“いま”を見つめ直し,読み解き,
 未来に向けたアジェンダ(検討課題)を提示します。
〈第41回〉
「看護」の語り方

井部俊子
聖路加看護大学学長


前回よりつづく

 米国のジャーナリストであるスザンヌ・ゴードンは,『沈黙から発言へ』(早野真佐子訳,日本看護協会出版会,2002)のなかで,看護が社会的に広く認識されないのは,「非可視性」と「可視性」の問題ではなく,「沈黙」と「発言」の問題であると指摘した。このことを再び反すうすることになったのは,ある会合での体験であった。

看護の本丸を伝える

 病院における看護師の働きがいかに優れたものであるか,看護の機能が高度医療のなかでいかに拡大していくことが可能かといった主張と討議が活発に行われたその会合は,看護職以外の参加者に看護を「可視化」するための「発言」を必要としていると,私は強く思った。看護の役割拡大の主張は重要であり,看護師が自律して判断し実践をすることができる領域を示すことは理にかなっている。そのことを否定するつもりは毛頭ないのであるが,看護界から対外的にメッセージを伝えようとする際には看護の本丸を省略しないで言及することが必要なのだ。

 しかし,われわれ看護職は,看護の本丸はからだで知っているがゆえに,その部分を省略する傾向があることを自戒をこめて実感した。看護の本丸を置き去りにして外堀の拡張だけを願っているような誤解を招かないようにしなければならない。会合に出席している日本のジャーナリストや,看護師の活動を高く評価している病院管理者にも,看護の本丸とは何かを伝えておく必要がある。

「まとまった記述」と「ケアのタペストリー」

 わが国の看護の基本となる法令は保健師助産師看護師法である。保健師は「保健指導に従事することを業」とし(第二条),助産師は,「助産又は妊婦,じょく婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業」とし(第三条),看護師は,「傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業」としている(第五条)。

 国際看護師協会(2002年,簡約版)は,「看護とは,あらゆる場であらゆる年代の個人および家族,集団,コミュニティを対象に,対象がどのような健康状態であっても,独自にまたは他と協働して行われるケアの総体である。看護には,健康増進および疾病予防,病気や障害を有する人々あるいは死に臨む人々のケアが含まれる。また,アドボカシーや環境安全の促進,研究,教育,健康政策策定への参画,患者・保健医療システムのマネジメントへの参与も,看護が果たすべき重要な役割である」と定義している。

 日本看護協会は,看護の概念として,「そもそも看護とは,健康であると不健康であるとを問わず,個人または集団の健康生活の保持増進および健康への回復を援助することである。すなわち人間の生命および体力を護り,生活環境を整え,日常生活への適応を授け,早期に社会復帰のできるように支援することを目的とするものである。また,治療効果をあげるための診療補助業務は看護の役割でもある。さらに,母子保健,助産,保健指導などの諸活動は,当然,看護の専門分野として包含されるべきことはいうまでもない〈後略〉」と述べている。

 しかし,こうした「まとまった記述」だけで日常のありふれた看護の価値をイメージしてもらうことは困難であることを,私は友人のジャーナリストの発言によって知ることとなった。療養上の世話とは何か,診療の補助とは何か,これらは別々に行われるのか,高度な看護とは診療の補助を意味するのか等,彼の疑問は膨らむ。

 スザンヌ・ゴードンは,看護師の仕事の重要性が十分に認識されないひとつの理由を彼女の著作『ライフサポート』(勝原裕美子・和泉成子訳,日本看護協会出版会,1998年)のなかで次のように表現している。「バイパス手術に成功したばかりの男性は,自分の執刀医がいかに巧みに手術を成功させたかについて,夕食会で友人たちに自慢する」のだが,「看護師が彼らにしたことなど,言葉の端にものぼらない。この心疾患患者をお風呂に入れたり,生きのびられるか死んでしまうのかわからずに恐怖に苦しんでいる時に慰め,楽にさせ,正面から向き合ったのは看護師だった」にもかかわらず。なぜなら,「私たちは,病気にかかったという事実を忘れたいと思っている。だから,医学が人間の健康状態に勝利を収められるという幻想に飛びついてしまう」のであると説く。そして,看護を「診断や治療といった生物医学的モデルに押し込めるのではなく,数え切れないほどの糸を織り上げて作り上げるケアのタペストリー」と言い表し,「看護師がケアのタペストリーを織り上げていく様をじっと見ていることのなかでのみ,その高潔さとその意義を知ることができる」と語る。

再び問われる「発言」

 しかしながら,ケアのタペストリーを織りあげていく様を語るには一定の時間が必要であり,忙しそうなジャーナリスト氏に伝えることはなかなか困難である。ちなみに3人のナースが登場する『ライフサポート』はおよそ370頁に及んでいる。

 ナースプラクティショナー(NP)の教育を米国で受けた鈴木美穂さんは,看護モデルを忘れて,NPの教科書か医学書を参考にするようにと教授から言われ,たしかに,「NPはナースであるが,看護モデルを忘れなければその定められた仕事は遂行できないようである」と報告している。(看護管理,18(5),414頁,2008)

 看護が社会的な認知を獲得するためには,こうしたバリエーションを含めて,どのように「発言」するかが再び問われることになった。

つづく

連載一覧