医学書院

検索
HOME雑 誌 > 総合リハビリテーション

総合リハビリテーション


リハビリテーション領域をリードする総合誌。リハビリテーションに携わるあらゆる職種に向け特集形式で注目の話題を解説。充実した連載ではリハビリテーションをめぐる最新知識や技術を簡潔に紹介。投稿論文の審査、掲載にも力を入れている。5年に一度の増大号は手元に置いて活用したい保存版。電子版は創刊号から閲覧できる。(ISSN 0386-9822)


月刊,年12冊
2020年 1部定価:本体2,300円+税

2020年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 25,200円
冊子+電子版/個人 28,200円
電子版/個人 25,200円

冊子版/学生割引 20,160円
冊子+電子版/学生割引 23,160円
電子版/学生割引 20,160円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2020年01月発行 (通常号) ( Vol.48 No.1 )
定価 2,530円 (本体2,300円+税10%)
特集 医工学最前線
リハビリテーション医学・医療領域において医(用)工学技術を用いた活用事例として,リハビリテー ション・ロボティックスに注目が集まっています.上肢・下肢の訓練用ロボットや介助ロボットなどの 研究が活発に進められる一方,リハビリテーション現場でのロボット機器の導入は進んでいない現状が あり,医工学技術と現場のニーズのミスマッチを指摘する声もあります.  このようななか,AI(artificial intelligence;人工知能),ICT(information communication technology; 情報通信技術),IoT(internet of things;モノのインターネット), VR(vertual reality;仮想現実)などの キーワードで代表される多くの医工学技術が臨床の各分野に導入されつつあります.今後,ロボット技 術だけでなく,さまざまな医工学技術がリハビリテーション領域にも応用されることが期待されます. 本特集では,各専門領域における技術発展の動向や,今後のリハビリテーション領域に活用できそうな 技術や事例など,医工学の最前線を紹介していただきます.