医学界新聞


形成外科診療との親和性を活かして

寄稿 朝日 林太郎

2021.08.23 週刊医学界新聞(通常号):第3433号より

 日本医科大学付属病院では,20年ほど前より美容外科・美容後遺症診療を行っています。現在では電車やテレビの広告などでも美容外科を目にする機会は多くあり,広く身近なものになっていますが,当院美容外科・美容後遺症診療の立ち上げの頃は,まだ美容外科が広く普及していない時代でした。

 美容外科は形成外科の一分野であるとともに,高度な形成外科の知識と技術が要求される分野でもあるものの,正式なトレーニングを受けていない一部の医師による医学的に不適切な治療が蔓延していた時代もありました。このため,特に豊胸手術関連で不適切な治療による後遺症患者が多くおり,当院はそうした患者さんを治療できる数少ない医療機関として実績を挙げてきました。医学の進歩とともに科学的根拠のある治療を行う正当な美容医療が広がりつつありますが,いまだ不適切・不誠実な治療を提供する医療機関も少なからずあるのが現状です。

 また,美容後遺症診療のみならず,通常の美容外科診療も行っています。大学の美容外科を受診される患者さんは,いくつかの美容クリニックで手術を受けた方や,リクエストが複雑な方が多い印象があります。

 形成外科診療と美容外科診療,美容後遺症診療,それぞれの位置付けとゴールを図1に示します。マイナスの状態を限りなく正常に近い状態にしていくのが形成外科診療です。これに対して美容外科診療は,もともと特に病気がないゼロの状態からプラスの方向へ,患者さんがより求める形にしていきます。

3433_0201.png
図1 形成外科診療・美容外科診療・美容後遺症診療の位置付け
「マイナスからゼロ」ではなく「マイナスからプラス」をめざす。

 そして,美容外科によってプラスの状態を求めたのにかえってマイナスの状態になってしまったのが美容後遺症診療の対象となる患者さんです。マイナスからゼロに戻すことは,美容後遺症診療としては最低限のラインです。美容外科医としてはさらに,患者さんがもともと求めていたプラスを実現することをめざします。

 例えば,不適切な豊胸剤による後遺症のある方は,豊胸剤を除去する処置のみを行うと,もともと希望された胸の状態とはかけ離れた状態になります。これを希望した状態に近いところまでいかに安全に治療できるかが,美容後遺症診療に求められているゴールだと思います(図2)。

3433_0202.png
図2 美容後遺症診療の一例
①アクアフィリングによる豊胸手術後⇒②アクアフィリングの除去を実施⇒③適切な脂肪移植による豊胸手術を行った。

 美容後遺症診療は,患者さんそれぞれで経過や状態が異なるため,どのような治療が正解であるか,治療のゴールをどこに設定するかを,個別に考える必要があります。また,美容後遺症診療は全て保険適用外の自費診療になるため,コスト面も考慮して治療方針を立てなければなりません。これらは難題ではありますが,治療戦略を立てていく上で美容外科での経験はもちろん,形成外科における外傷治療などの知識と経験が非常に役立っています。

 美容外科はあくまでも「体表を扱う外科」である形成外科の一分野ということを,これまでの経験から改めて認識するようになりました。さまざまな問題をうまく解決してマイナスからプラスへの移行を実現できた場合には,患者さんの人生を劇的に良い方向に好転させることができたと実感し,医師としてのやりがいを感じます。

 私は,2020年4月から日本医科大学付属病院の美容外科・美容後遺症診療を担当しています。まだ1年と少しですが,Twitter(@prs_asahi)などSNSを通じて,主に美容後遺症についての情報発信を行ったところ,初診患者はおよそ2倍程度増加しました。しかしあくまでも情報発信の目的は,当院の外来患者が増えることよりも,美容外科手術を今後考えている人や医療機関への働き掛けにより,美容外科の透明性・安全性を向上させ,美容後遺症患者の数そのものを減らしていくことにあります。

 私自身も美容外科診療に携わっており,あらゆる手術にリスクが伴うことは十分理解しています。また,そのようなリスクは,手術の難易度や侵襲にかかわらず,簡単な手術でも偶発的に生じる場合があります。偶発的に生じてしまう合併症・後遺症に関しては,ゼロにするのは難しいと思います。しかし,当院を受診する患者さんを診ていると,偶発的に生じたというよりは,明らかに不適切な治療,学会などで注意喚起されている医療材料の使用などによる,必然的に生じた美容後遺症がほとんどです。このような事例に関しては,美容外科診療を受ける患者さん,美容外科診療を提供するクリニック,双方への働き掛けによって少なくできるのではないかと思います。

 当院の形成外科は美容外科や美容外科後遺症診療の教育を行う,大学病院としては日本でも数少ない施設です。自分自身の診療レベル向上はもちろんですが,美容外科の知識を持つ形成外科医,形成外科のベースがある美容外科医を一人でも多く輩出することも,私たちの重要な役割であると考えています。

 形成外科専門医取得には,経験した手術症例を提出する必要があります。外傷や先天異常など複数の項目があり,その中には「美容外科」も含まれます。しかし大学によっては,美容外科診療を全く行わない形成外科学教室も少なくありません。これは私個人の考えとしては非常にもったいないと考えます。美容外科診療の経験は,形成外科診療において役に立ちますし,その逆もあります。

 美容外科診療で得られた知識を応用した知見について形成外科関連の学会で発表することを通じて,形成外科診療と美容外科診療の親和性をより多くの医師に伝えていくことが,私自身の今後の目標です。


3433_0203.jpg

日本医科大学 顔と心と体の美容医学講座(社会連携講座) 講師

2009年三重大医学部卒。東京労災病院にて臨床研修修了後,日医大形成外科入局。2020年自治医大大学院修了。同年4月より現職(同年9月より自治医大形成外科非常勤講師を兼任)。日本形成外科学会専門医,日本美容外科学会正会員,日本熱傷学会専門医,日本創傷外科学会専門医。