医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3330号 2019年07月15日



第3330号 2019年7月15日


第115回日本精神神経学会開催


 第115回日本精神神経学会学術総会が6月20~22日,染矢俊幸会長(新潟大大学院)のもと「ときをこえてはばたけ 人・こころ・脳をつなぐ精神医学」をテーマに朱鷺メッセ(新潟市)にて開催された。2018年度の診療報酬改定以降,抗不安薬や睡眠薬処方の減量がさらに求められるようになった。シンポジウム「平成30年度診療報酬改定後のベンゾジアゼピン系睡眠薬の減量」(コーディネーター=久留米大・小曽根基裕氏。司会=小曽根氏,秋田大大学院・三島和夫氏)では,減薬達成に向けた戦略が議論された。

写真 シンポジウムの模様


 2018年度の診療報酬改定で,抗不安薬や睡眠薬の処方に関して,①ベンゾジアゼピン受容体作動薬の抗不安薬・睡眠薬を1年以上の長期にわたって同一用量・用法による継続処方する場合②抗不安薬・睡眠薬・抗うつ薬のいずれかを3種類以上,または4種類以上の抗不安薬および睡眠薬を処方する場合の減算が規定された。睡眠薬処方のおよそ6割は精神科・心療内科以外の診療科からであり,減薬達成に向け診療科を超えた取り組みが模索される。

睡眠薬減量をめざすために必要なことは

 三島氏はまず,睡眠薬を初めて服用した患者を追跡した結果,10人に1人が1年以上の長期服用につながったことを示した氏らの調査を紹介した。睡眠薬を処方する精神科医・心療内科医の9割が症状改善後に睡眠薬を中止すべきと考えており,睡眠薬や抗不安薬処方適正化の推進に,複数回にわたる診療報酬改定が一定の成果を与えたと見る向きがある。一方で患者が減薬を嫌がる,減薬のタイミングがわからないなどの理由で実現には至らないケースがあると氏は話し,「適切な患者教育や精神科薬物療法の情報提供が求められる」と今後の課題をまとめた。

 要支援・要介護高齢者の増加の原因の一つに転倒による骨折がある。睡眠薬服用は転倒リスクの増大につながることから,老年医学を専門とする大黒正志氏(金沢医大)は,「ポリファーマシーの観点からも,高齢者において睡眠薬の減薬は重要」と主張した。氏は,施設内で精神科や整形外科と協働し,減薬を達成した経験を持つ。この経験から,「老年内科医・精神科医・薬剤師等との多職種連携で薬剤評価を行うことで,睡眠薬使用の適正化に寄与可能だろう」と考察した。

 睡眠薬の減量達成には患者の減薬意思が欠かせない。患者が前向きに減薬を達成するための手法として,須賀英道氏(龍谷大)はウェルビーイング思考を紹介した。ウェルビーイングは肉体的にも精神的にも,社会的にも満たされた状態を指し,ウェルビーイング思考では,健康を創生する視点で医療をとらえる。睡眠薬の減薬をウェルビーイング思考でめざす場合には,睡眠薬服用を主たる問題ととらえて減薬を目標とするのではなく,生活リズム改善の目標のもと副次的に減薬の達成をめざす。この思考法による減薬においては,睡眠薬を減らしても眠れた事実を記録し,できたことの振り返りで自己肯定感を高め,モチベーションを向上させるかかわりが必要になると解説した。

 他方,天谷美里氏(慈恵医大病院)は睡眠薬服用に不安を感じる患者が67%いるとの調査に着目。動画を作成し,睡眠薬減量の動機付けをめざした。インターネットを介した動画視聴と視聴後のアンケート調査の結果,視聴前に減薬に後ろ向きだった群の86.9%で減薬意思が強化された。これらの減薬意思強化群において印象に残った動画の内容が「睡眠薬の副作用」「睡眠薬を内服しても自分の力で眠っていること」「必要睡眠時間が年齢とともに減少すること」だったことから,氏は「睡眠薬や睡眠の基本的な知識を伝える患者教育が減薬につながる可能性がある」と患者教育の重要性を訴えた。

 外来患者における睡眠薬減量成功の要因は何か。小鳥居望氏(久留米大)は同大病院精神神経科外来で3種類以上の睡眠薬を3か月以内に複数回処方され,その後1年以上受診を継続した患者を対象に,減薬ができる要因について分析を行った。減薬成功率は年配者や双極性障害の患者で高く,ルネスタ®やベルソムラ®,アモバン®は中止率が高い睡眠薬だったという。一方,主治医別の減薬成功率には14.3~80.0%と大きなばらつきが見られ,「担当する主治医のモチベーションや医師―患者関係も減薬成功に大きな影響を与えている可能性が高い」と,今後の研究に意欲を示した。

 日本精神神経学会開催に併せて,5月に採択されたICD-11を運用するためのトレーニングセミナーが開催され,ICD-11第6章「精神,行動,および神経発達の障害」作成の中心的役割を担ったGeoffrey M. Reed氏(WHO)とMichael B. First氏(米コロンビア大)が講師を務めた。症例を用いて実際にICD-11に基づいた診断を体験し,診断に至る思考回路や注意すべきポイントについて,講師や参加者同士でディスカッションを行った。

写真 講演するMichael B. First氏(左)とGeoffrey M. Reed氏
来日中の,ICD-11第6章「精神,行動,および神経発達の障害」作成において中心的役割を担った2人を講師に,トレーニングセミナーが催された。