医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2860号 2009年12月21日

第2860号 2009年12月21日


第4回医療の質・安全学会開催


 第4回医療の質・安全学会が11月21-23日,武田裕会長(阪大大学院)のもと,東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催された。重大な医療事故が続発した1999年から10年,わが国では事故防止へ向けてさまざまな対策が行われてきた。本学会では,これまでの10年の歩みの評価と今後の方向性をめぐり,白熱した議論が展開された。本紙では,医療安全教育に関するパネルディスカッションのようすを紹介する。


パネルディスカッションのようす
 医療安全のための新しい知識・技術・機器などを導入しても,現場の医療者がその目的や使用法を理解していなければ,かえって混乱と危険につながる可能性がある。パネルディスカッション「医療安全教育:教育の効果・効率・魅力を高めるための方法論と,実際の取り組みにおける技法」(座長=日本医療安全研究所・石川雅彦氏,東大・原田賢治氏)では,日々の業務で多忙な医療従事者などに,過剰な負担にならない効果的な安全教育を行うための方法が議論された。

真に効果的なe-learningとは

武田裕会長
 鈴木克明氏(熊本大)は,PDCAサイクルを繰り返し,優れた教育を組み立てるインストラクショナル・デザイン(ID)の手法について述べた。まず,学習意欲を高める4要素に,学習者の注意を引くこと,自分との関連性を感じさせること,学んでいく自信を与えること,満足感を与えることを挙げたID専門家の言葉を氏は示した。その上で,同大で氏が取り組む,e-learningによる専門家養成大学院を紹介。IDに加え,情報通信技術やマネジメント力,知的財産権の知識を備えることが,e-learningを利用した教育に必要だとした。

 続いて登壇した座長の原田氏は,東大病院で実施しているe-learningによる医療安全研修を紹介。研修医や事務系職員を含む全職員を対象とし,感染対策や急変時の対応などが学べる。これにより,学習効果が有意に向上したほか,e-learningの有用性が認知され,救急部・集中治療部や検査部などが自主的に教材を作成していることを明かした。

 奥寺敬氏(富山大)は,自身が取り組む脳卒中のシミュレーション教育について紹介。「座学だけの研修は限界がある」と語る氏の研修は,ディスカッションや意識レベルの確認実習などの実践を含む。一方で,医療従事者の多忙さを考慮し,内容はおよそ3時間とコンパクトにまとめたことなども紹介した。

研修室を抜け出し,実習を

 高橋誠氏(東医歯大)は,侵襲的医療手技における安全教育として,危険因子を事前に分析,対策を立てるHAZOP(Hazard and operability study),PHA(Process hazard analysis)を紹介。医療行為の一連の流れを場面ごとに分けて,危険因子とその原因・頻度を分析し,安全対策を整えるという。最後に,HAZOPやPHAは危険因子をいかに網羅的に列挙できるかが,これらを用いた医療安全対策の鍵になると述べて,講演を終えた。

 田中共子氏,兵藤好美氏(共に岡山大)は,同大看護学部の学生,教員,看護職員を対象に行ったゲーム形式の医療安全シミュレーションのようすを報告した。会場では,医師から受けた指示が看護師の間を伝わっていく間に齟齬が生じるようすが紹介された。両氏はゲーミング・シミュレーションには認知・行動・感情にかかわるインパクトの強さがある一方,楽しんで参加しながら気づきが得られるとして,教育法としての有用性を指摘した。