医学書院

検索
HOME雑 誌 > 保健師ジャーナル

保健師ジャーナル


第一線で活躍する保健師に向けた,「保健師」の名の付く唯一の専門誌。保健活動の「いま」と「これから」を,確かな情報と具体的な実践を伝えることで描き出す。(ISSN 1348-8333)

月刊,年12冊
2016年 1部定価:本体1,400円+税

2016年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 14,280円
冊子+電子版/個人 17,280円
冊子+電子版/共有 19,440円
電子版/個人 14,280円
電子版/共有 16,440円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2016年09月発行 (通常号) ( Vol.72 No.9 )
定価 1,512円 (本体1,400円+税8%)
特集 計画づくりと評価 保健師も積極的に関わろう!
健康増進計画,母子保健計画,介護保険計画など,各種の保健医療福祉計画が自治体で策定されている。そして計画にもとづいた評価を行うことは,事業の発展には欠かせない。保健師はこれまで計画づくりに積極的に関わることは多くはなかったが,これからは住民や行政内の各部署と連携し,事業計画に関わることが求められる。保健師が計画づくりとその評価に参画する意義を,健康増進計画の実践事例とともに考える。