医学書院

検索
HOME雑 誌 > 保健師ジャーナル

保健師ジャーナル


公衆衛生活動の現場で働く保健師に向けた,「保健師」と名の付く唯一の専門誌。保健活動の「いま」と「これから」を,確かな情報と具体的な実践を伝えることで描きます。(ISSN 1348-8333)

月刊,年12冊
2018年 1部定価:本体1,400円+税

2018年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 14,280円
冊子+電子版/個人 17,280円
電子版/個人 14,280円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2018年05月発行 (通常号) ( Vol.74 No.5 )
定価 1,512円 (本体1,400円+税8%)
特集 「寄りあいワークショップ」の活用 住民主体のコミュニティ再生を目指して
コミュニティの衰退が指摘される中,健康問題を含めた地域の課題に地域ぐるみで取り組み,社会資源の醸成やコミュニティエンパワメントを図ることが求められている。しかし,その手法は確立されていない。そこで本特集では,さまざまな分野の地域再生に用いられてきた「寄りあいワークショップ」の理論と方法,実践例を紹介し,その活用について考える。