医学書院

検索
HOME雑 誌 > 保健師ジャーナル

保健師ジャーナル


公衆衛生活動の現場で働く保健師に向けた,「保健師」と名の付く唯一の専門誌。保健活動の「いま」と「これから」を,確かな情報と具体的な実践を伝えることで描く。(ISSN 1348-8333)

月刊,年12冊
2017年 1部定価:本体1,400円+税

2017年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 14,280円
冊子+電子版/個人 17,280円
電子版/個人 14,280円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2017年06月発行 (通常号) ( Vol.73 No.6 )
定価 1,512円 (本体1,400円+税8%)
特集 これからの肝炎対策
2016年6月,肝炎対策基本指針が改正され,2011年に開始された肝炎研究10カ年戦略も中間見直しが行われている。また,B型肝炎ワクチンの定期接種も開始され,保健所・市区町村保健センターでは組織を横断した体系的な取り組みが期待されている。本特集では,肝炎対策の最新知見・情報を踏まえ,特に保健師がどのように関わっていくべきかについて,事例を交えながら考える。