医学書院

検索
HOME書籍・電子メディア > 書籍詳細

病院前救護学


著:郡山 一明

  • 判型 B5
  • 頁 178
  • 発行 2020年09月
  • 定価 3,960円 (本体3,600円+税10%)
  • ISBN978-4-260-04275-8
1つ上のキャリアを切り開く新時代の救急救命士に向けた決定版!
1つ上のキャリアを切り開く新時代の救急救命士のために! ベストセラー『救急救命士によるファーストコンタクト』の著者が、指導救命士を目指す読者を意識してまとめた「病院前救護学」の決定版。病院前救護とは何か(定義)、救急救命士のための現場論・チーム論・訓練論、組織における人材育成論や地域解析論など、中堅以上の救急救命士や消防行政のマネジメント層に必須の知識を、理論と実例を豊富に紹介しながら解説。
序 文


□この本を手に取って下さった方は「おや? これまでの病院前救護の概念とは違う……」と思われるに違いない.さまざまなプロトコールや活動要領が書かれているわけではないし,最新の心肺蘇生法について述べられているわけでもない.
□改めて考えてみてほしい.救急救命士による病院前救護活...


□この本を手に取って下さった方は「おや? これまでの病院前救護の概念とは違う……」と思われるに違いない.さまざまなプロトコールや活動要領が書かれているわけではないし,最新の心肺蘇生法について述べられているわけでもない.
□改めて考えてみてほしい.救急救命士による病院前救護活動とは何なのだろうか.わかりやすくするために言葉を変えれば,「誰のため,何のための活動なのか」である.救急救命士は病院で待つ医師のために,手足となって働く存在なのか.傷病者のために,最終治療を行う医師につなぐことを担う自律したプロフェッショナルなのか.
□私は医師としての生涯の半分以上を病院前救護教育に携わってきたが,さまざまな研修に関わり,救急救命士とともに現場活動を解析するにつれ,前項の問いの答えは明らかに後者であると考えるようになった.なぜなら,病院前救護活動は,それぞれ「環境も事態も異なる」現場があり,その現場において「限られた時間・情報」での判断と「限られた資機材」で対応するという,病院内とはまったく異なる状況下にあるからである.
□そうであるならば,医学知識やプロトコール,心肺蘇生法などをアプリ(Application soft)と捉え,それらを動かす基盤となる「病院内医療とはまったく異なるOS(Operating System)」部分にこそ病院前救護の専門性を見出し,「病院前救護学」として発展させるべきであろう.そして,病院前救護教育に携わってきた私の最後の務めは,私なりに到達した「病院前救護学」を社会に提示し,次なる「病院前救護学」構築のきっかけを作ることにあると考えた.
□読んでいただくとわかると思うが,本書では多様な視座から病院前救護学への接近を試みている.その背景を形作って下さった皆さんなくして本書を作成することはできなかった.記してお礼を申し上げたい.
□岩尾總一郎先生,福田祐典先生には厚生労働省で広い視座からものを見つつ,状況に応じて視座を移動することを教えていただいた.市中病院にいた私を病院前救護教育に誘って下さったのは佐藤敏行先生である.北海道大学の松尾睦先生には経験学習と熟達理論を,同志社大学の中谷内一也先生には社会心理学を,九州大学の山口裕幸先生にはチームワーク論を,近畿大学の谷口智彦先生には経営行動論に基づく人材育成論を教えていただいた.岐阜大学の小倉真治先生は,私を長きにわたり臨床客員教授としてお招き下さり,将来,病院前救護の一方の担い手となる医学生に対する講義の機会を与えて下さった.市川宗近氏との日々の会話は,時に小道に入りかける私の思考を大きな道に引き戻す糸口となった.消防の皆さんから学んだのは救助操法や火災戦術の極めて実践的かつ臨機応変な考え方である.そして,本として世に出すことができたのは医学書院の西村僚一さんの励ましと,清水日花里さんの丁寧な作業のおかげである.
□医師の第一歩を歩み始めたとき,大学院で社会との関わりを踏まえた研究者のあり方を深く心髄に刻み込んで下さった井上尚英先生,臨床医として歩み始めたとき,急性期医療の考え方と対処はもちろん,医師としての姿勢を学ばせていただいた重松昭生先生のお二人には感謝してもしきれない.私のこれまでの集大成として二人の師に本書を捧げたいと思う.

 2020年 小暑を過ぎ,夏本番を迎えた7月
 郡山一明
目 次
1章 病院前救護とは何か
  1.病院前救護の機能と構造
   1)医療との協働活動
   2)公的活動と私的活動の連結体
  2.病院前救護の特異性
   1)「引き算」なのか「足し算」なのか
   2)「場」の存在
   3)曖昧性
   4)生命の直結性
   5)マルチタスク性
   6)相反性
   7)多様性とその教育
  3.病院前救護を支える法律
   1)関連法律
   2)法からみた病院前救護の構造と問題点
  4.活動の質を支えるシステム
   1)プロトコール
   2)事後検証
   3)メディカルコントロール

2章 現場論
 I.総論
  1.現場とは何か
   1)[事例1]ホテルニュージャパン火災
   2)[事例2]松本サリン事件
  2.現場の特徴
   1)被災者の存在
   2)事態の突発性
   3)場所の不定性
   4)規模の曖昧性
   5)原因の不可視性
   6)事態変化の非予測性
   7)事態変化と体制構築の乖離性
   8)対応力の限界性
   9)対応者の安全限界性
  3.現場活動の意思決定論
   1)概要
   2)システムループ
  4.システムループを阻害する因子
   1)状況把握の阻害因子
   2)方針決定を阻害する因子
   3)指揮を阻害する因子
 II.各論
  5.症状とは進行している病態の可視部分である
  6.救急活動の特殊性
  7.救急救命士のシステムループの特徴
  8.それぞれのシステムループ
   1)場(出場途上を含む)の把握
   2)傷病者の病態把握
   3)方針決定
   4)指揮
  9.医療機関への連絡
   1)情報資料ではなく,解釈を伝える
   2)医療機関が知りたい大項目
   3)受信者である医師の心得

3章 チーム論
  1.チームとは何か
   1)チームの位置づけ―人の集まりの定義と分類
   2)チームの分類
   3)チームの意義
   4)チーム特性
   5)リーダーシップ
   6)フォロワーシップ
   7)リーダーシップとフォロワーシップ
  2.チームをいかに育てるか
   1)コミュニケーションの重要性
   2)チームの発達段階
   3)チームづくり
  3.タスクフォース活動の特徴と対策
   1)集団の弱点
   2)事前の対策

4章 訓練論
  1.訓練とは何か
   1)定義
   2)訓練と経験,メンタルモデル
   3)訓練の利点
  2.訓練の構成要素
   1)学習理論
   2)訓練設計理論
   3)指導理論
   4)訓練計画
  3.訓練における思考判断と技術の変遷

5章 組織における人材育成論
  1.プロフェッショナルとは何か
   1)プロフェッショナルの変遷と定義
   2)プロフェッショナルに必要な能力
  2.プロフェッショナルを育成する「場」としての組織
   1)組織別パターンからみた消防の人材育成
   2)救急救命士に対する組織教育の現状
   3)消防における人材育成と組織のあり方
  3.救急救命士の熟達段階
   1)救急救命士のモチベーション
   2)チクセントミハイのフロー理論とその応用
   3)救急救命士の熟達曲線
  4.質の高いOn the job training
   1)OJTを考えるために知っておくべき2つの基盤
   2)全体統合のための「雪だるまモデル」
   3)現場での学び

6章 地域解析論
  1.地域解析の目的
  2.地域の病院前救護体制のPDCAサイクル構築
   1)PDCAサイクル
   2)病院前救護体制のPDCAサイクル
   3)地域社会構造の変化と影響を踏まえる
  3.地域のPDCAサイクル管理
   1)統計の意義
   2)他地域と比べる
   3)自地域を調べる

7章 これからの病院前救護
  1.現場活動の視座から─現場活動,臨床医学の発展
   1)何を課題とすべきか
   2)病院前救護活動地図を作る
  2.社会システムの視座から
   1)持続可能な病院前救護
   2)プロフェッショナルになる

索引