• HOME
  • 書籍
  • 検査値と画像データから読み解く 薬効・副作用評価マニュアル 


検査値と画像データから読み解く 薬効・副作用評価マニュアル

もっと見る

「よく処方される薬」と「臨床検査や画像検査」のポイントを「薬⇔検査」の双方向の切り口で編集した一冊。第I部の「薬→検査」では薬効別に、①疾患に関連する薬、自覚症状、検査→②薬の評価項目とタイミング→③治療効果(④副作用)の評価に必要な臨床検査と画像検査→⑤薬剤選択の考え方→⑥評価から介入までのフローチャート→⑦記録の書き方―の流れで記載。第II部の「検査→薬」では検査ごとにその評価ポイントを解説。

編集 吉村 知哲 / 岩本 卓也
発行 2022年08月判型:B6変頁:560
ISBN 978-4-260-04881-1
定価 4,400円 (本体4,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

 薬物療法を実践するためには,以下のことが薬剤師に求められる.
 ①薬の投与前から患者情報を確認し,個々の患者に合った投与量・投与方法かどうかを見極め,適正使用の判断をすること.
 ②患者に対して適切な服薬指導を行いアドヒアランス向上につなげること.
 ③患者の服薬状況を確認し,薬の治療効果および副作用を適切にモニタリングして薬物療法を評価すること.
 ④治療効果を向上させるために,薬剤変更の考慮や副作用の的確なマネジメントを行うこと.
 この一連の流れの中で,特に③の「薬の治療効果および副作用を適切にモニタリングして薬物療法を評価する」には,患者の自覚症状以外に客観的評価指標として臨床検査値や画像データを参考とする必要がある.しかし,これらの客観的評価指標は疾患や薬剤によって評価項目が異なることもあり,漏れなく的確に評価することは容易ではない.添付文書やインタビューフォーム,適正使用ガイドなどから得られる医薬品情報の活用とは別のスキルが必要となる.
 2020年9月に改正施行となった「医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」では,服用期間を通じた継続的な薬学的管理と患者支援の義務化,医師等への服薬状況等に関する情報提供の努力義務化が盛り込まれている.薬剤師は,服薬期間を通して患者をフォローアップすることが必要になった.さらに,院外処方箋には臨床検査値が表示され,病院薬剤師のみならず保険薬局薬剤師においても臨床検査値と関連付けた薬の評価を行うことが求められている.
 本書は,薬剤の治療効果と副作用発現の評価に必要な臨床検査や画像検査について,薬剤と検査を関連付けて簡潔にまとめたマニュアルである.臨床で活躍する薬剤師からの「薬物療法を臨床検査や画像診断と結び付けて評価できるマニュアル本があったら助かる」という声を実現させた一冊である.
 構成は,「薬剤編」と「検査編」の2部からなる.前半の「薬剤編」では,系統別に分類した薬を切り口に,一連の薬効・副作用評価の流れに則して,「Overview」「臨床所見と検査」「薬の分類と評価項目」「治療効果の確認項目」「副作用の確認項目」「薬剤選択のチェックポイント」「評価から介入までのフローチャート」「薬剤管理指導記録の書き方」の8つの項目に分けて解説している.後半の「検査編」では,臨床検査の項目ごとに「Overview」「評価のポイント」「異常値で考慮すべき疾患」について,また,画像検査については,「検査の特徴」「基本的な見え方」「薬剤に関連する主な疾患と所見」について解説している.
 本書が薬物療法に携わるみなさんにとって,臨床における積極的な患者支援の一助になれば幸いである.

 2022(令和4)年6月
 編集者を代表して
 大垣市民病院 薬剤部長
 吉村知哲

開く

はじめに 薬剤師が行う薬効・副作用評価
──本書のコンセプトと使い方──

第I部 薬の治療効果と副作用の評価項目(薬効別)
 第1章 循環器系に作用する薬剤
   1 降圧薬
   2 虚血性心疾患治療薬
   3 抗不整脈薬
   4 心不全治療薬,昇圧薬
   5 利尿薬
 第2章 呼吸器系に作用する薬剤
   6 気管支喘息・COPD治療薬
 第3章 消化器系に作用する薬剤
   7 消化性潰瘍治療薬
   8 腸疾患治療薬
 第4章 内分泌代謝系に作用する薬剤
   9 糖尿病治療薬
   10 脂質異常症治療薬
   11 痛風・高尿酸血症治療薬
   12 甲状腺疾患治療薬
   13 骨・カルシウム代謝薬
 第5章 血液に作用する薬剤
   14 抗血栓薬
   15 造血薬
 第6章 炎症・免疫・アレルギーに作用する薬剤
   16 免疫抑制薬
   17 非ステロイド性抗炎症薬
   18 抗リウマチ薬
   19 アレルギー疾患治療薬
 第7章 神経系に作用する薬剤
   20 抗精神病薬,抗うつ薬,気分安定薬,精神刺激薬
   21 抗不安薬,睡眠薬
   22 抗てんかん薬
   23 パーキンソン病治療薬
 第8章 感染症治療薬
   24 抗菌薬
   25 抗ウイルス薬
   26 抗真菌薬
 第9章 抗悪性腫瘍薬
   27 殺細胞性抗がん薬
   28 分子標的薬
   29 免疫チェックポイント阻害薬

第II部 臨床検査・画像検査の評価ポイント
 第10章 臨床検査
   30 血液一般検査
   31 肝機能検査
   32 腎機能検査
   33 出血・凝固・線溶系関連検査
   34 電解質検査
   35 糖代謝検査
   36 脂質代謝検査
   37 ホルモン関連検査
   38 免疫・アレルギー関連検査
   39 感染症検査
   40 腫瘍マーカー・がん関連遺伝子検査
   41 その他の生化学検査
   42 尿検査,その他の検体検査
   43 心電図検査
   44 脳波検査
   45 呼吸機能検査
 第11章 画像検査
   46 X線検査
   47 血管造影検査
   48 超音波検査
   49 CT検査
   50 MRI検査
   51 核医学検査
 第12章 その他
   52 フィジカルアセスメント

索引

ひとことメモ
 1 薬物性肝障害
 2 有機リン化合物およびカーバメート化合物
 3 肝臓の合成能と代謝能
 4 栄養状態を表す指標
 5 APTTとPTに関与する因子群
 6 線溶系とその制御機構
 7 FDPとDダイマーの関係
 8 DIC
 9 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
 10 イオン化Ca(iCa)
 11 インスリン分泌指数
 12 α-グルコシダーゼ阻害薬の中で,なぜアカルボースだけ1,5-AGに影響するのか?
 13 検査条件の確認(脂質異常症)
 14 脂質異常症の診断基準
 15 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)
 16 コレステロールエステル転送蛋白(CETP)
 17 家族性III型高脂血症の診断基準
 18 内分泌性高血圧
 19 デキサメタゾン抑制試験(DST)
 20 妊娠とホルモンの関連
 21 薬剤アレルギー
 22 ブレイクポイント
 23 Bristol Stool Scale
 24 コンパニオン診断薬
 25 がん遺伝子パネル検査
 26 ビタミンの吸収阻害
 27 薬剤性のビタミン欠乏
 28 アシデミアとアシドーシス,アルカレミアとアルカローシス
 29 臨床現場での対応(肺での血液ガス交換機能障害,酸塩基平衡障害)
 30 ヘモグロビン(Hb)の影響
 31 薬剤性肺障害
 32 心不全症例の分類

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。