PT臨床評価ガイド

もっと見る

理学療法介入にあたり、評価は避けて通れない。本書は、若手理学療法士や理学療法学生に向けて、臨床の現場で求められている評価を漏れなく紹介するとともに、可能な限り実際の評価表を掲載している点もポイント。各評価について、その実施方法や注意点、結果の解釈や活用のしかたが簡潔な記載により容易に理解できる。また、初学者にとって特に必要となる、領域共通の評価も充実させた。臨床的視点でまとめられたPT関係者必携の1冊。

編集 畠 昌史 / 藤野 雄次 / 松田 雅弘 / 田屋 雅信
発行 2022年01月判型:A5頁:656
ISBN 978-4-260-04295-6
定価 6,820円 (本体6,200円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 序文
  • 目次

開く

序――臨床現場をよく知るPTだからこそ,臨床で本当に使える理学療法評価の本を

 縁あって,書籍『そのとき理学療法士はこう考える』(医学書院,2017)の出版に携わらせていただきました.この本を手にとっていただいた皆さんより,「評価の部分をもっと詳しく知りたい」「やっぱり評価が大事だよね」「事例報告で使われている評価について説明してほしい」など,理学療法評価についての声を多く頂戴したことが本書を企画するきっかけとなりました.
 理学療法が,評価ナシで始まることはありません.
 物事において,何かを解決しようとするとき,その原因を追究することが1番の近道であるといえます.家電が動かなくなればどの部品が悪いか調べる,ケンカの仲直りをするときはなぜケンカをしたのか振り返るのと同じで,理学療法においても,対象者の主訴を聞き,評価することによって介入に繋げます.したがって,評価の重要性は言うまでもなく,「評価がないと始まらない」のです.
 本書の内容は,タイトルのとおり「臨床」を意識したものになっています.この1冊があればどんな理学療法場面でも対応できるように,あらゆる分野の評価を網羅しています.「臨床現場をよく知るPT だからこそ,臨床で本当に使える理学療法評価の本を提供したい」という思いのもと,いずれの項目も優れた臨床的視点を持った方々に執筆していただきました.そして,評価指標や評価方法のみではなく,解釈のヒントや臨床でどう活用するかまで理解できるように工夫しました.われわれのマインドが,これから臨床実習に出る理学療法学生,臨床現場に出たばかりの理学療法士,教育にあたっている理学療法士の方々に届き,実践の役に立つことを願っています.
 最後に,私は事あるごとに「周りの人に恵まれているな」と感じて理学療法士としての日々を送ってきましたが,本書に関わらせていただき,それを確信することとなりました.このような素晴らしい機会と出会いを与えてくださり,温かく支え続けて下さった医学書院の北條立人氏に心から感謝を申し上げます.まさに協働した仲間である,共同編集者の藤野雄次氏,松田雅弘氏,田屋雅信氏に改めて最大限の感謝を申し上げます.そして素晴らしい原稿を執筆してくださった皆様,池上総合病院,千川篠田整形外科,厚生連高岡病院の皆様,大学・大学院の恩師・同期・先輩・後輩,そして家族にこの場を借りて感謝を伝えたいと思います.いつも本当に,ありがとうございます.

 2021年11月
 編者を代表して
 畠 昌史

開く

イントロダクション
  ・理学療法における評価とは
  ・評価の流れ
  ・評価のタイミング
  ・理学療法評価項目
  ・評価の手法
  ・評価のまとめ(統合と解釈)
  ・評価の記録・報告
  ・評価のとらえかた
  ・評価の選択と組み立て

共通
  ・医療面接
  ・視診・触診
  ・意識障害
  ・関節可動域検査,関節弛緩性の検査
  ・筋力:MMT,HHDによる筋力検査,握力
  ・腱反射・病的反射
  ・筋緊張検査
  ・協調機能評価
  ・片麻痺機能検査:BRS
  ・脳神経検査
  ・感覚検査
  ・疼痛
  ・原始反射,姿勢反射
  ・バランス
  ・動作分析
  ・認知機能:HDS-R,MMSE
  ・ADL評価
  ・QOL評価:SF-36®,LSA
  ・転倒 
  ・アライメント(姿勢評価)
  ・栄養:SGA, CONUT, MNA
  ・形態測定
  ・バイタルサイン,フィジカルアセスメント
  ・画像の読影方法 ①運動器
  ・画像の読影方法 ②脳:CT・MRI
  ・画像の読影方法 ③胸部X線画像
  ・血液検査
  ・循環機能検査:心電図
  ・呼吸機能検査:肺機能検査

脳血管障害
  ・運動機能評価:FMA, SIAS
  ・筋緊張:体幹の筋緊張評価
  ・失調:SARA
  ・体幹機能・基本動作:TIS,TCT
  ・バランス:BESTest
  ・脳卒中の姿勢・動作分析:立ち上がり,歩行
  ・装具:装具の種類,装具の選定方法・適応,フィッティング
  ・高次脳機能障害
  ・嚥下機能
  ・脊髄損傷の機能的な評価
  ・脊髄損傷の予後予測
  ・褥瘡評価:DESIGN-R®2020

運動器障害
  ・運動器疾患における痛みの評価:問診・運動検査
  ・レッドフラッグ&イエローフラッグ
  ・エンドフィール
  ・整形外科的テスト
  ・切断
 部位・疾患別特異的機能障害・QOL
  ・頚部痛
  ・腰痛症
  ・変形性関節症(股関節・膝関節)
  ・足部・足関節
  ・上肢・肩
  ・関節リウマチ
  ・治療成績判定基準・機能評価法:JOAスコアなど

内部障害
 ICU
  ・ABCDEFバンドル
  ・人工呼吸器のパラメータ
  ・Medical Research Council(MRC) Score
  ・血液ガス
 循環器
  ・冠動脈造影検査
  ・右心カテーテル(RHC)
  ・心臓超音波検査(UCG)
  ・12誘導心電図
  ・CT検査:大血管疾患
  ・動脈硬化検査
  ・運動耐容能
  ・NYHAの心機能分類
  ・心理評価
  ・自己効力感(self efficacy)
 呼吸器
  ・重症度分類,病歴
  ・酸素療法
  ・呼吸筋力
  ・運動耐容能
  ・QOL:SGRQ, CRQ, CAT
 糖尿病
  ・糖尿病の評価
 神経筋疾患
  ・パーキンソン病
  ・筋萎縮性側索硬化症
  ・筋ジストロフィー
  ・脊髄小脳変性症
  ・多発性硬化症
  ・ギランバレー症候群
  ・重症筋無力症
 小児系疾患
  ・脳性麻痺
  ・二分脊椎
  ・ダウン症候群
 がん
  ・がん患者のパフォーマンス評価
  ・cFAS
  ・疼痛評価
  ・栄養評価
  ・血液検査の解釈
  ・ADL評価
  ・QOL評価
  ・心理評価
 高齢期
  ・ロコモティブシンドローム
  ・フレイル
  ・サルコペニア
  ・障害高齢者の日常生活自立度判定基準,認知症高齢者の日常生活自立度判定基準

評価法索引
索引

NOTE
 ・「BRS ○~○」という表記は適切か
 ・MCIとは
 ・なぜ胸部X線画像を確認しなければならないのか?
 ・血液検査の異常値
 ・MRC score実施の際の注意点
 ・冠動脈の狭窄率
 ・糖尿病の診断基準
 ・排尿障害ならびに感覚障害について
 ・ダウン症児の特徴
 ・ロコモ,フレイル,サルコペニア