• HOME
  • 書籍
  • 理学療法ガイドライン 第2版


理学療法ガイドライン 第2版

もっと見る

エビデンスに基づく理学療法によって臨床の質を高めるために、これからの臨床の指針となる一冊。21領域、41疾患・外傷における195のCQが、理学療法の現在の立ち位置と進むべき方向を示す。

監修 公益社団法人 日本理学療法士協会
編集 一般社団法人 日本理学療法学会連合 理学療法標準化検討委員会ガイドライン部会
発行 2021年10月判型:B5頁:648
ISBN 978-4-260-04697-8
定価 6,050円 (本体5,500円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 正誤表を追加しました。

    2021.11.01

  • 序文
  • 目次
  • 正誤表

開く

『理学療法ガイドライン 第2版』の発刊と活用に期待を込めて

 このたび,『理学療法ガイドライン 第2版』を発刊します.この発刊にご協力いただいた1,400名以上の方々に御礼申し上げます.
 背部痛,腰椎椎間板ヘルニア,膝前十字靱帯損傷,肩関節周囲炎,変形性膝関節症,脳卒中,脊髄損傷,パーキンソン病,脳性麻痺,糖尿病,心大血管疾患,慢性閉塞性肺疾患,身体的虚弱(高齢者),下肢切断,地域理学療法,徒手的理学療法の16の疾患・領域からなる『理学療法ガイドライン 第1版』(2011年)から10年ぶりです.第2版は,脳卒中,脊髄損傷,筋萎縮性側索硬化症,脊髄小脳変性症,パーキンソン病,脳性麻痺,低出生体重児,二分脊椎症,骨形成不全症,デュシェンヌ型筋ジストロフィー,頸部機能障害,腰椎椎間板ヘルニア,非特異的腰痛,腰部脊柱管狭窄症,肩関節周囲炎,上腕骨外側上顆炎,肘部管症候群,投球障害肩,投球障害肘,橈骨遠位端骨折,手指屈筋腱損傷,関節リウマチ,手根管症候群,大腿骨近位部骨折,変形性股関節症,寛骨臼大腿骨症候群,鼡径部痛症候群,変形性膝関節症,膝蓋大腿関節症,前十字靱帯損傷,アキレス腱障害,足関節捻挫,大血管疾患,心不全,慢性閉塞性肺疾患,間質性肺疾患,人工呼吸器管理,糖尿病,軽度認知障害,フレイル,地域理学療法の41の疾患・領域からなります.これは理学療法のエビデンス化の進歩を示しています.そして,理学療法を主語とし,公益財団法人日本医療機能評価機構のMindsに準じ,理学療法における現行のエビデンスを1冊に集積・作成されたことは大きな成果です.
 今後は,このガイドラインの有効活用が命題です.私は臨床時代に,『脳卒中ガイドライン』を購入し,医師の診療基準を学び,理学療法に活かせる内容を探索し,その理学療法の実践が医師との信頼関係と患者さんの利益を高める道筋と考え,精読していました.実際に効果のある理学療法のエビデンスが弱いならば,エビデンスを高めるために,症例発表,症例集積発表,症例対照研究に取り組みました.こうした経験からも,会員にわかりやすく推奨内容を周知し,当たり前に活用されるようになり,理学療法の科学性が外部へ認知され,理学療法の発展につながる風土の醸成が重要となります.
 最後に,このガイドラインが日常診療で頻回に利用され,さらなる理学療法のエビデンスが構築されることを願います.そしてそれは,理学療法士の行う「理学療法」が,安心・安全かつ効果的であり,国民の健康と福祉に寄与することの証明につながると信じてやみません.

 2021年8月
 公益社団法人 日本理学療法士協会
 会長 斉藤 秀之


発刊にあたって

 『理学療法ガイドライン 第2版』が多くの困難を克服して完成したことに,心より感謝いたします.赤坂部会長の下,多くの委員,班員,アドバイザーの協力によって作業は続けられたとお聞きしています.会員の方々が,このガイドラインを積極的に活用して,科学性のある臨床理学療法を提供することを切に願っています.
 診療報酬の第7部リハビリテーションの部では,「リハビリテーション医療は理学療法,作業療法,言語聴覚療法等の治療法によって構成される」とされています.理学療法は治療法であり,治療であるからこそ診療報酬を得られる立場が確立しているのです.治療であれば,当然のようにガイドラインは必要不可欠です.
 私は2020年の10月に中央社会保険医療協議会(中医協)の専門委員になりました.中医協の構成は1号側委員として各種保険者,2号側委員として医師・歯科医師・薬剤師,専門委員として学者数名・看護師・歯科衛生士,そして理学療法士である私という構成です.私が参加した初めての会議で「各学会にガイドライン作成を求める件」が検討され,ガイドラインのない学会に対しては強くガイドライン作成を要請するということが話し合われました.その論議の中で「ガイドラインのない治療法は報酬の対象にはなりえない」との発言が厚生労働省からありました.1号側委員からもその考えを推奨する意見が出されたのです.また,2021年3月の中医協では費用対効果についての論議があり,これまでの1年くらいの検討の結果,2022年診療報酬改定に費用対効果判定を導入することが決まりました.当面の間は単価の高い治療等について検討することになったのです.医療保険での動きを受けて,介護保険でも次期改定時には費用対効果が俎上に上がることが予測されます.介護保険は,医療保険と違って単価が非常に高いものは存在しないために,全体としての伸びが大きいものが費用対効果判定の対象となる可能性があります.
 日本は少子化の影響を受けて,大きく経済力を落としていくことが考えられます.社会保障費が国家的重荷となり,その抑制を強く求められる時期が来る可能性があります.その時の基準になるものはまちがいなく「費用対効果」になります.臨床理学療法が壊滅的な打撃を受けないように,ビッグデータを集積し,ガイドラインを作成し,公的保険収載を守ることが肝要です.最近の医療の革新性を考慮するとガイドラインの見直しは数年単位で行うことが求められます.今後も第3版,第4版とたゆまぬ努力を続けることが理学療法の発展には欠かせません.委員および班員・アドバイザーの努力に感謝するとともに,次の機会にもご協力いただくことをお願いいたします.

 2021年8月
 公益社団法人 日本理学療法士協会
 前会長 半田 一登


『理学療法ガイドライン 第2版』の作成経過について

 『理学療法ガイドライン 第1版』の作成過程を振り返ると,2008年にガイドライン特別委員会を設置し,0版が2010年3月完成,パブリックコメントを実施し,2011年10月に完成した(担当理事:内山靖氏,部会長:鈴木重行氏).2014年にはダイジェスト版の作成を開始し,2015年9月に完成した.
 2015年12月1日に『理学療法ガイドライン 第2版』の作成のため,第1回ガイドライン・用語策定委員会が日本理学療法士協会にて開催され,日本理学療法士学会分科学会より12名の委員が参加した.日本スポーツ理学療法学会の川島敏夫氏が委員長に互選され,検討が開始された.
 2016年4月,第2版に向けて,作成班ごとに班員や外部委員の構成,スコープ案の検討が本格化した.さらにガイドラインの作成方法についての理解を深める目的で,2017年4月には,森實敏夫先生(日本医療機能評価機構[Minds])と河合富士美先生(聖路加国際大学)をお招きして研修会を開催した.また,2017年度より前任の川島敏夫氏に代わり,赤坂が委員長を務めることになり,副委員長に片田圭一氏と諸橋勇氏が互選された.
 第2版では,世界的な診療ガイドラインの標準的な作成および運用方法を提案しているMindsの作成方法に準じて作成することを基本方針とし,アドバイザーとして中山孝氏,乙戸崇寛氏,藤本修平氏,佐々木祥氏に加わっていただき,SR研修会を開催した.一方,作成班では班員を対象に修正デルファイ法を実施し,CQを順次決定し,委員会で承認作業を行うこととした.2018年2月にはCQについてパブリックコメントを実施した.3月には,新たに3名のアドバイザー(高崎博司氏,杉田翔氏,小向佳奈子氏)に加わっていただいた.5月より作成班が検索式を提出し,6月から検索式のフィードバックを開始した.この検索式のフィードバックでは「検索式に対するフィードバックシート」を作成し,各班が効率良く修正が行えるように努めた.
 2019年10月の時点で検索式の修正が10回となる班があり,全体として検索式がアドバイザーのチェックで承認されたのは全体のおよそ6割にとどまる状況となった一方で,メタアナリシスが終了した班も出てきて,全体の進捗状況に大きな差が生じることとなった.COVID-19の感染拡大により,対面での委員会を開催することが難しくなり,メールでの連絡では委員および関係者との意思疎通に時間差が生じ,齟齬が生まれやすい環境となった.
 2020年4月には,①理学療法ガイドライン・用語策定委員会は,ガイドラインを2021年3月(またはできるだけ早期)に書籍(理学療法ガイドライン 第2版〉として出版する.また,出版後6か月を目処に,日本理学療法士協会のウェブサイトにガイドライン詳細版を掲載する.②委員会による承認を経て文献取り寄せ委託業者への依頼方法を改定し,作成グループへのメール連絡の方法が周知徹底された.③各CQに対して,これまで検討してきた推奨文,作成班とSR班を中心に理学療法の専門家としてのステートメントの2種類の形式でまとめていただくこととし,作業が大幅に遅れて推奨文またはステートメントとしてまとめることが難しいCQについては,辞退を検討することにした.なお,推奨では作成までの経過を明らかにする予定であったが,ステートメントや中止となる場合についても作成までの経過について記録を残すこととした.
 9月下旬には作成班よりパネル会議後の検討を踏まえて,推奨とステートメントの第1校が提出され,5名の委員による校閲,作成班へのフィードバック後,第2校の提出,5名の委員による校閲,そして作成班で再修正後,12月10日から4回に分けて,パブリックコメントを実施した.さらに,そのパブリックコメントに対して作成班で修正,委員会での承認作業を経て,推奨文とステートメントとして最終原稿をまとめた.ガイドラインを読むための用語と解説,疾患総論,BQについても同様の方法で進め,すべての原稿を完成させることができた.
 2021年4月,日本理学療法士学会は一般社団法人日本理学療法学会連合となり,ガイドライン・用語策定委員会は理学療法標準化検討委員会ガイドライン部会となった.
 多くの検討と作業を乗り越えて,『理学療法ガイドライン 第2版』は2021年秋に発行の運びとなる見通しとなった.第2版は,統括委員会27名,作成班174名,SR班1,193名,外部評価委員25名が関与し,21領域,41疾患・外傷数,そのCQ数は最終的に195,推奨文129,ステートメント66となった.
 『理学療法ガイドライン 第2版』の作成作業が進むなか,近年はエビデンスを意識した研究論文や発表が多くなった.このことは,エビデンスを意識して文献を確認し,研究活動や臨床での理学療法を行う姿勢,そしてガイドラインなどを参照して根拠に基づく理学療法を実践する姿勢に変化してきたと考えている.
 成果物として第2版をまとめたことは大きな仕事であったが,実際にはこの作業を通じて,多くの理学療法士が,エビデンスや科学的視点に基づいて理学療法を提供するように変化してきたことが最大の功利であったと感じている.

 2021年8月
 一般社団法人 日本理学療法学会連合
 理学療法標準化検討委員会ガイドライン部会
 部会長 赤坂 清和

開く

策定にあたって

第1章 脳卒中理学療法ガイドライン
第2章 脊髄損傷理学療法ガイドライン
第3章 神経難病理学療法ガイドライン
第4章 小児理学療法ガイドライン
第5章 頸部機能障害理学療法ガイドライン
第6章 背部機能障害理学療法ガイドライン
第7章 肩関節機能障害理学療法ガイドライン
第8章 肘関節機能障害理学療法ガイドライン
第9章 投球障害肩・肘理学療法ガイドライン
第10章 手関節・手指機能障害理学療法ガイドライン
第11章 股関節機能障害理学療法ガイドライン
第12章 膝関節機能障害理学療法ガイドライン
第13章 前十字靱帯損傷理学療法ガイドライン
第14章 足関節・足部機能障害理学療法ガイドライン
第15章 足関節捻挫理学療法ガイドライン
第16章 心血管疾患理学療法ガイドライン
第17章 呼吸障害理学療法ガイドライン
第18章 糖尿病理学療法ガイドライン
第19章 軽度認知障害理学療法ガイドライン
第20章 フレイル理学療法ガイドライン
第21章 地域理学療法ガイドライン

ガイドライン・用語策定委員会 統括委員会一覧
外部評価委員一覧
作成班一覧
SR 班一覧
パネル会議およびアウトカム重要度評価会議 外部出席者一覧
索引

開く

本書の記述の正確性につきましては最善の努力を払っておりますが、この度弊社の責任におきまして、下記のような誤りがございました。お詫び申し上げますとともに訂正させていただきます。

正誤表はこちら

  • 正誤表を追加しました。

    2021.11.01