医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3173号 2016年05月09日



第3173号 2016年5月9日


【寄稿】

脳梗塞超急性期におけるチーム医療の重要性

立石 洋平(長崎大学病院脳神経内科 助教)


 多職種からなる医療従事者が協働し,患者をケアする「チーム医療」の重要性が叫ばれて久しい。一人ひとりがそれぞれの専門性を発揮してサポートを行うことで,患者に精神的な安心を与えるだけでなく,提供する治療の利益を最大限にまで高めることが可能となる。多くの疾患がチーム医療の対象となり,ほとんどの場合その恩恵を受けられると考えてよいだろう。

 脳血管障害は,チーム医療の重要性が特に高い疾患である。想像しやすいのは,脳血管障害急性期を乗り越えた生活期だろうか。生命の危機は乗り越えたものの,麻痺や高次脳機能障害,嚥下障害などの後遺症を残した患者の生活を,医師,リハビリテーションスタッフ,看護師,栄養士,歯科医師などがチームでサポートしていく。しかし,チーム医療が有効なのは生活期だけではない。あらゆる脳血管障害の各ステージで有効であり,脳梗塞超急性期も例外ではない。

発症から治療開始までの時間短縮に欠かせないチーム医療

 脳梗塞超急性期に適応があるt-PA静注療法は,発症から4.5時間以内に治療を開始しなければならず1),治療開始までの時間が短いほど予後は良好となる2)。また,一度は否定された虚血性脳血管障害急性期に対する脳血管内カテーテル治療は,2015年にいくつかのランダム化比較試験でその有効性が示され,積極的な実施が推奨されるようになった3)。有効性が示された理由は,再開通率の改善だけでなく,発症から再開通までの時間短縮化も大きく影響していた4)。発症から治療開始までの時間を短くする点は,チーム医療がポジティブに関与できる部分であろう。

 脳卒中発症から治療開始までには,7つの段階がある。①脳卒中発症の発見・通報(Detection),②救急隊の出動(Dispatch),③適切な病院への連絡・搬送(Delivery),④救急外来入室(Door),⑤情報収集・検査(Data),⑥治療方針決定(Decision),⑦薬剤選択(Drug)で,脳卒中診療の「7つのD」と言われている。チーム医療を拡大解釈するならば,「脳卒中発症の発見・通報」ができる家族もチームの一員と考えられる。したがって,住民への啓発は今後も重要であり,継続的に啓発に努めることが必要である。また,脳卒中疑い患者を適切に搬送する救急隊は,紛れもなく脳梗塞超急性期におけるチーム医療の重要な一端を担っている。当院では,脳卒中診療の情報提供や搬送された患者の経過報告など,定期的に救急隊員と情報を共有する会を開催している。

診療科,職種の垣根を越えた診療体制の構築を

 今回強調したいのは,患者が救急外来へ来院し,t-PA静注療法もしくは脳血管内カテーテル治療が開始されるまで(Door-to-Needle;DTN)の時間短縮にはチーム医療が重要になるという点である。具体的には,脳神経内科と脳神経外科のシームレスな連携,放射線科からの全面的なバックアップ,看護師との協調などが挙げられる。

 脳卒中には脳内出血やくも膜下出血など,手術適応の可能性がある病態も含まれる。現在の日本では脳血管内カテーテル治療を担う専門医の多くが脳神経外科医であるため,日頃から脳神経内科と脳神経外科の間で垣根のない関係を築いておくことが,救急外来における脳卒中診療をスピーディーかつスムーズに進行させることにつながる。当科では毎朝,脳神経外科と合同で脳卒中カンファランスを行い,治療方針などの情報共有を図っている。

 また,脳梗塞超急性期の治療方針は頭部画像検査で決定すると言っても過言ではない。来院後,遅滞なく頭部画像検査へ移動することは,DTN時間短縮に寄与する重要な因子である。t-PA静注療法の後に脳血管内カテーテル治療を行う場合には,血管造影室のマネジメントも重要になる。以上のことは,放射線部が実務を担当するため,放射線科医師の理解とバックアップがあってこそ,良好な診療体制の構築が可能になることも忘れてはいけない。

看護師主体のNGK 48でDTN時間の短縮に成功

 当院では,DTN時間短縮をめざすために,看護師がイニシアチブを取って脳梗塞超急性期診療を進められるよう取り組んだ。具体的には,看護師同士で神経診察(National Institute of Health Stroke Scale;NIHSSスコア)の講習会を行い,放射線技師への脳卒中講習会も看護師が行った。臨床現場においては,救急外来に脳卒中疑い患者来院の一報が医師から入ると,MRI検査室への連絡,スケールベッドやt-PA体重換算表の準備,適応となった患者へのt-PAの準備・静注の開始などは全て看護師が能動的に行うこととした。この対応の周知も重要だと考え,かかわったスタッフが話題にしやすいキャッチーな研究名(Nurse of emergency department Guides stroKe team to early thrombolytic treatment within 48 minutes from hospital arrival;NGK 48 study)を付け,Stroke Codeとした。

 当院では,脳卒中診療医が24時間365日携帯している脳卒中ホットラインに救急隊や近隣の病院から直接連絡が入り,来院直後から対応することになっている。ERドクターが初療を行い,「脳卒中疑い」と判断した後に発動させる海外のStroke Code(脳卒中診療医が携帯している電話にテキストメッセージが一斉送信される,など)とは少し異なるが,日本において脳卒中診療医,看護師,放射線部が協働して,DTN時間短縮をめざすには有効であると考えた。結果として,NGK 48導入前(pre-NGK 48群)115例と導入後(NGK 48群)44例を比較すると,DTN時間は有意に改善した()。DTN時間が48分以内の症例は23%から50%に増え(p=0.002),予後についても悪化はなく,一部では改善が得られている5)

 pre-NGK 48群とNGK48群の比較

求められるのはストライカーではなく司令塔

 AHA/ASAが作成した「DTN時間を早めるための10個の手順」6)の導入前に診療した2万7319人と,導入後の4万3850人を比較した研究では,60分以内に治療が開始された患者が増加した(26.5% vs. 41.3%,p<0.001)だけでなく,あらゆる原因の入院中死亡の減少(9.93% vs. 8.25%,p<0.001),自宅退院の増加(37.6% vs. 42.7%,p<0.001),症候性頭蓋内出血頻度の減少(5.68% vs. 4.68%,p<0.001)が報告されている7)。また,Stroke Codeを導入し病院全体でDTN時間短縮をめざした報告を見ても,t-PA静注療法患者が増え,DTN時間も短縮することがわかっている8,9)。国・病院レベル,どちらの取り組みも有効である。

 当院の取り組みの特徴は,救急外来担当の看護師が中心となって,脳梗塞超急性期診療の改善をめざした点にある。大学病院は医師の入れ替わりが激しく,市中の総合病院は専門医の数が限られている。私のようなサボり癖のある医師と違って,看護師は仕事に対して真面目で,一生懸命取り組む方が多いように思う。そして,決まりごとは一度作ってしまえば比較的継続が容易であることが多い。以上のことから考えると,大学病院でも市中の総合病院でも,看護師が脳梗塞超急性期診療に積極的にかかわることは,DTN時間短縮に有効と言えるであろう。また,同様に重要なのが,看護師が活躍できる場を提供するために,脳卒中を専門とする医師が,リーダーとしてチームをマネジメントすることである。実際,米国では脳卒中を専門とする脳卒中診療医(特に脳神経内科医)の強いリーダーシップが,脳卒中センターを運営する上で重要な要素であると指摘されている10)

 私が理想とするのは,「脳卒中診療医が進路を示し,救急看護師がかじを取る脳梗塞超急性期診療」。急性期の現場で,脳卒中診療医に求められているのは,個人プレーでチーム引っ張るエースストライカータイプではなく,チームをまとめ,全体的なレベルを上げる司令塔タイプなのかもしれない。

参考文献・URL
1)Stroke. 2013[PMID:23370205]
2)JAMA. 2013[PMID:23780461]
3)吉村紳一.急性期脳梗塞に対する血管内治療の展望.週刊医学新聞第3160号,2016.
4)Stroke. 2015[PMID:25944328]
5)堀田ほづみ,他.救急外来看護師がrt-PA静注療法を主導することにより来院-治療開始時間が短縮する.第40回日本脳卒中学会総会.2015.
6)Stroke. 2011[PMID:21885841]
7)JAMA. 2014[PMID:24756513]
8)Stroke. 2010[PMID:20651269]
9)J Stroke Cerebrovasc Dis. 2015[PMID:25524016]
10)Stroke. 2015[PMID:26219648]


たていし・ようへい氏
2003年長崎大医学部卒後,長崎大病院第一内科入局。05年から川崎医大病院脳卒中医学教室にて脳卒中診療の基礎を学び,07年長崎大病院。11年Cleveland ClinicにResearch Fellowとして留学するが,急遽決まった長崎大病院脳卒中センター開設のために半年で帰国。14年8月より新教室としてスタートした同院脳神経内科の脳卒中部門のリーダーとして走り回っている。Blog「西の果ての脳卒中内科医の日々」。