医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2800号 2008年10月06日

第2800号 2008年10月6日


MEDICAL LIBRARY 書評・新刊案内


臨床医のための症例プレゼンテーション A to Z
[英語CD付]

齋藤 中哉 著
Alan T. Lefor 編集協力

《評 者》日野原 重明(聖路加国際病院名誉院長・理事長)

世界標準の症例プレゼンテーション技術を理論から学べるテキスト

 このたび,自治医科大学客員教授であり東京医科大学の総合診療科教授でもある齋藤中哉教授の執筆と,自治医科大学教授のAlan T. Lefor教授の編集協力により,『臨床医のための症例プレゼンテーションA to Z』が医学書院から出版された。これには英語のCDが付いている。

 本書の内容は,2003年以来,ハワイ大学の医学教育フェローシップ・プログラム・ディレクターをされていた齋藤中哉氏が『週刊医学界新聞』誌上において2004年から1年間,12回にわたって連載した「英語で発信! 臨床症例提示――今こそ世界の潮流に乗ろう」に,大幅な加筆・修正を加えたものだ。連載は,カンファレンスにおける症例提示(Case Presentation)の実例を分析し,テキストとして教育的,効率的な症例の提供の仕方を教えてくれる,読者にあたかも米国での症例検討会に出席しているような感を与える記事であった。

 私は,日米の臨床医学にあるレベル差の大きな原因のひとつは,米国でみるような効率的なカンファレンス進行の技が日本にないことにあると考えてきた。だから,本書が出版されたことの意義は大きいと思う。しかも,本書では症例提示の日本語の例文の多くが英文に訳され,CDに収録されているため,これを聞くと,まるでアメリカの医学教育機関でカンファレンスに出席しているような臨場感を持つのである。

 章を追って内容を示すと,第1章は症例の提示の技に必要な基本的な点が取り上げられている。第2章には症例を提供する上での理論が述べられ,主訴の取り上げ方,次いで現病歴,既往歴,家族歴,生活歴をとる要領が示されている。次に診察の順序として,診察の技法,検査結果の取り上げ方,最後に要約の書き方が示されている。またPOSによるプロブレム・リストとそのアセスメントと治療検査のプランの書き方が示されている。

 続いて,病歴診察所見や検査成績を口述する速度や発音,音調の取り方,そのときの視線の向け方や姿勢や身振りについて,さらに差別用語を使わない注意が述べられている。

 以降の章は,より具体的な実践について述べている。例えば第3章には,症例提示の技やコツが分類して述べられており,第4章には症例提示の練習法やスライドの使い方が述べられている。第5章には症例提示の指導上の7つのポイントが述べられており,第6章には英語での口述の仕方や要領が述べられている。

 以上のように本書は,症例提示の理論から実践までが万遍なく述べられているが,表現は平易で,指導医と会話しているようなムードで読むことができ,内容を納得して自己訓練すれば,症例提示能力,ひいては臨床的実力が高くなる爽快感が体験されるのである。

 本書が生きたテキストとして医学生,研修医はもちろん,ナースやコメディカルにもよき学習書となることを信じて疑わないものである。

B5・頁248 定価3,990円(税5%込)医学書院
ISBN978-4-260-00278-3


消化器内視鏡スタッフマニュアル

光島 徹,田辺 聡 監修
松本 雄三,木下 千万子 編

《評 者》赤松 泰次(信州大学医学部附属病院内視鏡診療部)

消化器内視鏡「オールインワン」の指南書

 内視鏡室は,医師,看護師,内視鏡技師,臨床工学技士,医療事務など,さまざまな職種のスタッフの協力によって運営されている。本書は主に内視鏡室に勤務するコメディカルスタッフを対象に発刊され,執筆者も医師だけでなく内視鏡の現場を熟知したベテランのコメディカルの方々が随所に担当しており,従来の医師主導のマニュアル本とは一線を画す秀書である。内容は極めて実践的かつ具体的に分かりやすく解説されている。内視鏡室で勤務を始めて日が浅いコメディカルスタッフが消化器内視鏡全般にわたる知識を身につけるためだけでなく,ある程度内視鏡室での勤務経験があるコメディカルスタッフにとっても,より専門的な知識の習得とスキルアップのために役立つと思われる。

 I章は「安全で快適な内視鏡を提供するために」と題して,内視鏡機器の管理や内視鏡室で取り扱う備品や薬品の説明の他,医療スタッフの連携やリスクマネジメントについて解説され,II章は「受診者が満足する内視鏡検査を提供するために」と題して,内視鏡検査の概要や介助のコツ,患者への配慮や観察のポイントなどが記載されている。Ⅲ章は「確実な内視鏡治療を援助するために」,Ⅳ章は「救命救急のために」と題して,さまざまな内視鏡治療の概要と使用する処置具の解説および介助のコツが述べられている。さらにⅤ章は「保険について」と題して,内視鏡スタッフが知っておくべき保険点数が一覧表にしてまとめられている。

 このように本書は,消化器内視鏡に携わるコメディカルスタッフにとって必要不可欠な知識がすべて網羅された「オールインワン」の指南書であり,すべての内視鏡室にぜひ1冊備えることを勧めたい。医師とコメディカルスタッフがそれぞれ共にレベルアップを図っていくことが,より安全で有益な内視鏡診療につながるものと確信する。

B5・頁328 定価4,620円(税5%込)医学書院
ISBN978-4-260-00397-1


生きるための緩和医療
有床診療所からのメッセージ

伊藤 真美,土本 亜理子 編

《評 者》山崎 章郎(ケアタウン小平クリニック)

「緩和ケア」の不条理に取り組む5人の侍

明るい悪戦苦闘ぶりが面白い

 いささか意表を突かれた本であった。書名から伝わってくる第一印象は,誠実に地域の有床診療所で緩和医療に取り組んでいる人々からの,真摯な問題提起が詰まった本なのではないか,つまり,よく理解できるけれども,問題の重さゆえに,読むほうの気分も重くなってしまうような本なのではないか,ということだったからである。そう覚悟して読んでみた。

 しかし,まず筆者が一読して感じたことは,この本は面白いということであった。有床診療所という入院施設でもあるのに,病院や緩和ケア病棟とはかけ離れて安い,まるで格安ビジネスホテルか民宿並みの入院費しか認められていない医療施設で,しかし質の高い緩和ケアを提供しようと悪戦苦闘している人々の奮闘ぶりが,5つのそれぞれに個性的で味のある物語として展開されているからである。が,悪戦苦闘しているのに,決して暗くもなく,明るい希望すら感じるのである。居直っているようにも見えるが,確信してその苦労を楽しんでいるようでもある。はらはらどきどきもするが,わくわくするような面白さが伝わってくるのである。

 そのような観点から言えば,本書の書名は「5人の侍」の方がふさわしかったかもしれないと思った。読後に黒澤明監督の映画「7人の侍」を思い出し,本書に登場する,個性に満ちた5人の医師を「5人の侍」と表現してもよいのではないかと思ったからである。

 野盗の悪逆非道に蹂躙されていた村人が,その窮状を知った7人の侍の応援を得て,犠牲を払いつつも,野盗に勝利し,自立し,人間の尊厳を回復していく物語は,緩和ケアを求めつつもなかなか得られない人々に,不十分な制度にもかかわらず,時には身銭を切り,赤字を覚悟しながらも,それらの人々のニーズに応えようとする5つの診療所の物語と,その底流で共通するものがある。それはどんな困難にあっても,不公正や不条理に対して,やむを得ないとあきらめることなく立ち向かう勇気,あるいは人間性に対する信頼とでも言うべきものなのかもしれない。

 でも,こんなことを書くと,そんなに肩肘張っていませんよと,軽くいなされそうでもある。それは読めば分かる。だから面白い本になっているのだ。)

一筋の希望としての「有床診療所の緩和ケア」

 しかしながら,本筋に戻れば,がん対策基本法の施行以来,中身を伴わない緩和ケアという言葉が,津波のように襲ってきている現在にあって,本書に登場する有床診療所の在り様は,一筋の希望でもある。著者らも主張しているように,緩和ケアに取り組む有床診療所は,その存続が無理なく可能であるように,医療保険制度上の見直しは急務であると考える。厚労省の皆さんには,本書を熟読のうえ,善処を望むものである。

 さて最後に,再び書名であるが,緩和医療ではなく,緩和ケアと表現されるべきではなかったのか。緩和医療は緩和ケアの一部なのであり,著者たちの取り組みは緩和ケアと表現されてこそふさわしいと考えるからである。

A5・頁304 定価2,310円(税5%込)医学書院
ISBN978-4-260-00653-8


プロメテウス解剖学アトラス
頸部/胸部/腹部・骨盤部

坂井 建雄,大谷 修 監訳

《評 者》佐々木 克典(信州大教授・組織発生学)

透明感という衝撃 新たな解剖学書の誕生

 解剖学書の生命は挿入された図にある。図を1枚見ただけで,どの解剖学書かすぐ分かるほど,風雪に耐えた解剖学書の図は個性的である。これまでさまざまな意匠の図が多数描かれており,「これ以上新しい図が登場することはないだろう」と思っていても,『プロメテウス解剖学アトラス』の図のように,私どもの想像を超えたさらに衝撃的な図が生まれてくるところにこの領域の面白さがある。

 本書の図の特徴は,透明感である。ギリシャ神話に登場する女神や妖精が透けた衣類を身につけ,舞うようなイメージの図が数多く挿入されている。この透かしの技法は日本の芸術にも時折見られるが,ヨーロッパが得意とするものであり,カメオ職人が,自分が彫った妖精を見せながら,透けている状態を掘り出す難しさを,熱を込めて語ってくれたことを思い出す。この技法は1枚の図の中で,お互いの臓器の関係,特に裏側にある血管との関係を表現するために極めて有効に使われており,その描き方はまさに芸術である。

 臓器を包む結合組織でできた膜の解剖は臨床的アプローチ,特に剥離操作に欠かすことができない。しかし,解剖図の中でこれを描き出すのは至難の技であり,図式的なものはあるものの,リアルなタッチで描くことに成功した解剖書は極めて少ない。本書は,この困難な問題をクリアした稀有な解剖学書であり,頸部や骨盤構造を包む複雑な膜構造を実に明快に写実的に描き分けている。

 人体の構造は決して平面的あるいは平行に存在するわけではなく,三次元的構造の中で複雑に綾を成している。解剖の難しさ,面白さはまさにこのクロスを理解することにあり,同時に臨床に欠かせない情報となる。しかし,この複雑な構造をすべて描き出しても,かえって混乱させるだけである。必要な構造をどのように抽出し,描き分けるかが重要であり,それが,その解剖学書の意図を鮮明にする。本書は臨床で問題になるクロス構造を実に丹念に取り上げている。例えば,直腸子宮靭帯(基靭帯)とクロスする構造の描き方などは白眉である。こうした図が随所に挿入されており,このアトラスが基礎から臨床への連続性を意図しているのは明らかである。

 プロメテウスが意味する“先に考える者”にふさわしく,これまでにない視点から作り上げられたこの解剖学書は,卓越した美しさと目的の明快さで医学を学ぶ人々を圧倒するであろう。解剖学全般に深い造詣を持たれておられる坂井建雄教授,大谷修教授による優れた監訳は,この新しいタイプの解剖学アトラスを読者により身近なものにしている。解剖学を学び始めた医学生が人体の構造の妙味を知るために,現場に立つ外科医が自らの知識を整理し確認するために,このアトラスを座右に置かれることをお薦めする。

A4変・頁392 定価11,550円(税5%込)医学書院
ISBN978-4-260-00571-5


抗菌薬マスター戦略――非問題解決型アプローチ
Antibiotic Basics for Clinicians: Choosing the Right Antibacterial Agent

岩田 健太郎 監訳
Alan R. Hauser 著

《評 者》青木 眞(サクラ精機顧問)

学生から指導医まで使いやすい抗菌薬治療の名著

 Alan R. Hauser著:Antibiotic Basics for Clinicians: Choosing the Right Antibacterial Agentが岩田健太郎先生の監訳により『抗菌薬マスター戦略――非問題解決型アプローチ』と題されて出版された。

 本書は以前,自分が原書で入手した瞬間から印象的だった。一言で表現するならば「綺麗」な本である。それは表紙に大理石のような美しい模様をあしらうだけではなく,各章がシンプルだがよく考えられた構成・色遣いを用いているためでもある。これは,表紙こそ勇ましい岩田騎士の姿に変わっているが訳書でも変わっていない。

 本編の美しさは,研修医や医学生をはじめとする初学者がイメージを持ちやすいように,という配慮からくる。似たような名前の薬剤の,何が違うのか,どこまでは同じなのか,といったことに多くの初学者が困惑するのは,情報が雑然とし,学習のための配慮や支援が欠ける場合である。

 細菌の耐性化も進み,抗菌薬の知識を,再度概観し直す必要を感じている後期研修医や指導医にとっても間違いなく有用である。自分にとっても本書は抗菌薬の講義を準備するとき,手離せない本の一つである。「クリンダマイシンはBacteroides fragilisにはやめておけ,A群溶連菌には注意……」といった記載について,その意味するところを研修医と指導医が議論するよい機会も提供してくれるかもしれない。原著者Alan R. Hauserが序文に記すごとく「主要概念や原則をマスターした読者は,その後の臨床体験ののち,原則に対する微妙な行間や例外事項をも取り込んでいく」ことになるだろう。

 「楽しい」本であることも付け加えておく。本書にはコラム形式をとりながら多くの抗菌薬にまつわるトリビアがちりばめられている(例:『実は!』リンコサミド系抗菌薬の名前はネブラスカ州リンカーンからとられている」)。

 監訳者の岩田健太郎先生は,米国の研修医時代から多産な方である。30代半ばにして執筆した本の数は既に片手を超えている。そして帰国後,彼は優れた教師であることも証明した。その彼が監訳者序文で「限られた時間と果てしなく拡大する医学知識……相反する条件をぎりぎりまで絞った抗菌薬の教材」,「むしろ読後にある種の世界観を獲得していただきたい」として勧める本書を,自分も心からお薦めする次第である。訳者一覧にそろったお名前も,多くが自分がよく存じ上げる新進気鋭の臨床医たちである。

B5変・頁380  定価5,250円(税5%込)MEDSi
http://www.medsi.co.jp/

関連書
    関連書はありません