医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2780号 2008年05月12日



第2780号 2008年5月12日


第102回医師国家試験合格者発表

合格率は過去10年で最高の90.6%


■第102回医師国家試験学校別合格者状況

学校名 総数 新卒 既卒
受験
者数
合格
者数
合格
受験
者数
合格
者数
合格
受験
者数
合格
者数
合格
(国立) (人) (人) (%) (人) (人) (%) (人) (人) (%)
北大 123 114 92.70 106 104 98.10 17 10 58.80
旭川医大 104 92 88.5 96 89 92.7 8 3 37.5
弘前大 111 106 95.5 102 101 99 9 5 55.6
秋田大 111 100 90.1 103 94 91.3 8 6 75
東北大 104 88 84.6 88 84 95.5 16 4 25
山形大 102 100 98 99 97 98 3 3 100
筑波大 116 113 97.4 108 105 97.2 8 8 100
群馬大 110 100 90.9 103 94 91.3 7 6 85.7
防衛医大 59 56 94.9 59 56 94.9 0 0 0
千葉大 110 103 93.6 103 99 96.1 7 4 57.1
東大 97 88 90.7 95 88 92.6 2 0 0
東医歯大 93 88 94.6 86 82 95.3 7 6 85.7
新潟大 100 88 88 94 86 91.5 6 2 33.3
富山大 98 93 94.9 91 88 96.7 7 5 71.4
金沢大 112 101 90.2 101 97 96 11 4 36.4
福井大 119 102 85.7 107 97 90.7 12 5 41.7
山梨大 111 101 91 97 90 92.8 14 11 78.6
信州大 106 95 89.6 98 93 94.9 8 2 25
岐阜大 88 83 94.3 80 78 97.5 8 5 62.5
浜松医大 118 113 95.8 112 109 97.3 6 4 66.7
名大 105 98 93.3 100 96 96 5 2 40
三重大 104 100 96.2 97 95 97.9 7 5 71.4
滋賀医大 103 97 94.2 100 95 95 3 2 66.7
京大 113 104 92 97 95 97.9 16 9 56.3
阪大 109 98 89.9 98 92 93.9 11 6 54.5
神戸大 111 105 94.6 100 98 98 11 7 63.6
鳥取大 89 84 94.4 78 76 97.4 11 8 72.7
島根大 96 86 89.6 89 82 92.1 7 4 57.1
岡山大 100 92 92 92 87 94.6 8 5 62.5
広島大 105 94 89.5 95 89 93.7 10 5 50
山口大 106 92 86.8 96 83 86.5 10 9 90
徳島大 104 92 88.5 89 85 95.5 15 7 46.7
香川大 97 94 96.9 89 87 97.8 8 7 87.5
愛媛大 102 98 96.1 92 91 98.9 10 7 70
高知大 101 86 85.1 88 81 92 13 5 38.5
九大 115 108 93.9 100 98 98 15 10 66.7
佐賀大 98 91 92.9 91 88 96.7 7 3 42.9
長崎大 95 83 87.4 77 72 93.5 18 11 61.1
熊本大 112 101 90.2 94 93 98.9 18 8 44.4
大分大 95 89 93.7 84 80 95.2 11 9 81.8
宮崎大 111 102 91.9 96 90 93.8 15 12 80
鹿児島大 117 105 89.7 93 89 95.7 24 16 66.7
琉球大 129 109 84.5 112 102 91.1 17 7 41.2
国立計 4,509 4,132 91.6 4,075 3,875 95.1 434 257 59.2

学校名 総数 新卒 既卒
受験
者数
合格
者数
合格
受験
者数
合格
者数
合格
受験
者数
合格
者数
合格
(公立) (人) (人) (%) (人) (人) (%) (人) (人) (%)
札幌医大 109 103 94.50 103 99 96.10 6 4 66.70
福島医大 85 81 95.3 79 78 98.7 6 3 50
横浜市大 61 59 96.7 59 57 96.6 2 2 100
名市大 80 73 91.3 70 69 98.6 10 4 40
京府医大 105 100 95.2 97 94 96.9 8 6 75
阪市大 86 79 91.9 79 76 96.2 7 3 42.9
奈良医大 98 91 92.9 85 83 97.6 13 8 61.5
和歌山医大 66 64 97 58 56 96.6 8 8 100
公立計 690 650 94.2 630 612 97.1 60 38 63.3

学校名 総数 新卒 既卒
受験
者数
合格
者数
合格
受験
者数
合格
者数
合格
受験
者数
合格
者数
合格
(私立) (人) (人) (%) (人) (人) (%) (人) (人) (%)
岩手医大 91 82 90.1 81 77 95.1 10 5 50
自治医大 106 105 99.1 103 102 99 3 3 100
獨協医大 121 107 88.4 104 98 94.2 17 9 52.9
埼玉医大 115 107 93 94 91 96.8 21 16 76.2
順大 93 92 98.9 92 91 98.9 1 1 100
慶大 94 90 95.7 89 88 98.9 5 2 40
日大 111 101 91 94 86 91.5 17 15 88.2
帝京大 134 105 78.4 99 84 84.8 35 21 60
日本医大 106 95 89.6 95 89 93.7 11 6 54.5
昭和大 120 112 93.3 110 107 97.3 10 5 50
東医大 127 106 83.5 105 90 85.7 22 16 72.7
慈恵医大 109 103 94.5 100 96 96 9 7 77.8
東女医大 113 99 87.6 96 90 93.8 17 9 52.9
東邦大 110 93 84.5 100 87 87 10 6 60
杏林大 99 89 89.9 82 79 96.3 17 10 58.8
北里大 115 103 89.6 99 96 97 16 7 43.8
聖マリアンナ医大 121 111 91.7 99 93 93.9 22 18 81.8
東海大 109 88 80.7 97 83 85.6 12 5 41.7
金沢医大 121 101 83.5 98 88 89.8 23 13 56.5
愛知医大 113 105 92.9 84 81 96.4 29 24 82.8
藤田保衛大 132 111 84.1 114 101 88.6 18 10 55.6
阪医大 120 104 86.7 102 97 95.1 18 7 38.9
近畿大 117 107 91.5 88 86 97.7 29 21 72.4
関西医大 108 97 89.8 93 88 94.6 15 9 60
兵庫医大 105 88 83.8 85 74 87.1 20 14 70
川崎医大 122 109 89.3 99 90 90.9 23 19 82.6
福岡大 118 103 87.3 91 82 90.1 27 21 77.8
久留米大 126 115 91.3 106 101 95.3 20 14 70
産業医大 89 87 97.8 83 82 98.8 6 5 83.3
私立計 3,265 2,915 89.3 2,782 2,597 93.4 483 318 65.8
認定および予備試験 71 36 50.7 32 17 53.1 39 19 48.7
その他計 71 36 50.7 32 17 53.1 39 19 48.7
総合計 8,535 7,733 90.6 7,519 7,101 94.4 1,016 632 62.2

 さる3月28日,厚労省より第102回医師国家試験(2月16-18日実施)の合格者が発表された。受験者数8535名に対し,合格者は7733名,合格率は90.6%。昨年の87.9%を上回り,この10年では過去最高の合格率となった。

新卒・既卒ともに合格率上昇

 合格者を新卒・既卒別にみると,新卒者の合格率は94.4%と,8年連続で90%台であり,近年では過去最高の合格率となった。一方,既卒者の合格率も62.2%と前回の48.4%を大幅に上回る結果になった。

 合格者の男女別内訳は男性5067名(65.5%),女性2666名(34.5%)で,合格者全体に占める女性の割合は過去最高。また男女別の合格率では男性の89.2%に対し女性は93.3%と,女性受験者の健闘ぶりが目立った。

出題方式の変更と出題傾向

 今回からの変更点は下記の2点。
1)時間割を前回までの8ブロックから9ブロックに変更
2)1つの問題ブロックの中に一般問題と臨床問題が混在

 正確な知識に加え,基礎に基づき適切な臨床判断を行うための思考力が求められた。

 出題傾向としては,病態生理の理解を前提としたうえでの臨床問題が目立ったほか,これまでに引き続きプライマリ・ケアを重視する姿勢が顕著となり,臨床医としての素質を問うものとなった。

 このほか,眼科,整形外科などのいわゆる「マイナー科目」や小児科に関する問題の増加,産科に関する問題の難化傾向――などが今回の出題の特徴といえる。なお,必修問題で5問が採点除外となった。禁忌肢問題選択数は前回同様,2問以下とされた。

◆第102回医師国家試験 合格基準

 一般問題を1問1点,臨床実地問題を1問3点としたとき
(1) 必修問題については,160点以上 ただし,必修問題の一部を採点から除外された受験者は,必修問題総点数の80%以上とする。
(2) 必修問題を除いた一般問題および臨床実地問題については,
 一般問題は,130点以上
 臨床実地問題は,399点以上
(3) 禁忌肢問題選択数は,2問以下

■厚生労働省関連の国家試験合格状況

職種名 受験者数 合格者数 合格者率
(人) (人) (%)
第102回医師 8,535 7,733 90.6
第101回歯科医師 3,295 2,269 68.0
第94回保健師 11,055 10,066 91.1
第91回助産師 1,722 1,690 98.1
第97回看護師 51,313 46,342 90.3
第60回診療放射線技師 2,444 1,789 73.2
第54回臨床検査技師 3,997 2,947 73.7
第43回理学療法士 7,997 6,924 86.6
第43回作業療法士 5,783 4,257 73.6
第38回視能訓練士 683 648 94.9
第21回臨床工学技士 1,816 1,510 83.1
第21回義肢装具士 130 128 98.5
第17回歯科衛生士 6,361 6,106 96.0
第31回救急救命士 2,523 2,022 80.1
第16回あん摩マッサージ指圧師 2,020 1,772 87.7
第16回はり師 5,561 4,347 78.2
第16回きゅう師 5,539 4,344 78.4
第16回柔道整復師 6,702 5,069 75.6
第10回言語聴覚士 2,574 1,788 69.5
第93回薬剤師 13,773 10,487 76.1
第20回社会福祉士 45,324 13,865 30.6
第20回介護福祉士 142,765 73,302 51.3
第10回精神保健福祉士 7,375 4,456 60.4

■医師国家試験の回数別合格者数の推移

回数 施行年月日 受験者数 合格者数 合格率
(人) (人) (%)
93 1999年3月20-21日 8,692 7,309 84.1
94 2000年3月18-19日 8,934 7,065 79.1
95 2001年3月17-19日 9,266 8,374 90.4
96 2002年3月16-18日 8,719 7,881 90.4
97 2003年3月15-17日 8,551 7,721 90.3
98 2004年3月20-22日 8,439 7,457 88.4
99 2005年2月19-21日 8,495 7,568 89.1
100 2006年2月18-20日 8,602 7,742 90.0
101 2007年2月17-19日 8,573 7,535 87.9
102 2008年2月16-18日 8,535 7,733 90.6
累計(93回-102回) 86,806 76,385 87.9

■医師国家試験男女別合格者数等の推移

回数 総数 男女別合格率
(人) (人) (人) (%) (%)
98 受験者数
(%)
8,439 5,717(67.7) 2,722(32.3) 86.3 92.7
合格者数
(%)
7,457 4,935(66.2) 2,522(33.8)
99 受験者数
(%)
8,495 5,744(67.6) 2,751(32.4) 87.4 92.7
合格者数
(%)
7,568 5,019(66.3) 2,549(33.7)
100 受験者数
(%)
8,602 5,892(68.5) 2,710(31.5) 88.5 93.3
合格者数
(%)
7,742 5,213(67.3) 2,529(32.7)
101 受験者数
(%)
8,573 5,811(67.8) 2,762(32.2) 86 91
合格者数
(%)
7,535 5,022(66.6) 2,513(33.4)
102 受験者数
(%)
8,535 5,679(66.5) 2,856(33.5) 89.2 93.3
合格者数
(%)
7,733 5,067(65.5) 2,666(34.5)