医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第2779号 2008年04月28日



第2779号 2008年4月28日


さよなら,東京病院附属リハ学院
日本最初のPT・OT養成校。最後の卒業式で歴史に幕


 国立病院機構附属養成校の再編成により閉校が決定した東京病院附属リハビリテーション学院(清瀬市・四元秀毅学院長)において,3月14日,最後の卒業式と閉校記念式典が行われた。保護者や教職員,閉校を惜しむ多くの同窓生らが見守るなか,第43回生43名(理学療法学科21名,作業療法学科22名)が学び舎を巣立った。

 国立病院機構東京病院附属リハビリテーション学院は,1963年5月1日,厚生省(当時)の認可を受け,国立療養所東京病院に附置された,日本で最初の理学療法士・作業療法士(PT・OT)養成校である。開校当初はWHOなどの援助を受け,外国人教師による英語での授業が行われていた。PT学科,OT学科ともに3年制で,現在までに両学科合わせて1514名の卒業生を輩出している。

これからの毎日は患者さんが教科書

 四元学院長は,卒業生1人ずつに卒業証書を手渡し,「学院での3年間で基本的な知識や考え方は身につけてもらったが,学ぶべきことはまだたくさんある。これからの毎日は患者さんが教科書。自分たちよりも人生経験の豊富な方の治療にあたっているということを忘れず,日々精進してほしい」と,はなむけの言葉を贈った。卒業生らは,「先輩が卒業し,学年が進むにつれて閉校の寂しさが募っていったが,最終学年として,勉強に,学校行事に,最後まで精一杯取り組んで今日を迎えた。お世話になった方々への感謝,3年間の思い出を胸に新天地へと飛び立っていきたい」と門出の決意を述べた。

 卒業式に引き続いて行われた閉校記念式典では,学院の歴史を振り返るスライドが披露され,懐かしい映像に会場が沸く場面がみられた。最後に出席者全員で校歌を斉唱し,45年の歴史に幕を閉じた。

 現在,全国のPT・OT養成校は232校(2007年4月時点)に達するまでになった。同学院の卒業生の多くが,医療者また教育者として第一線で活躍し,リハビリテーションの普及・発展に寄与している。