BRAIN and NERVE Vol.74 No.8
2022年 08月号

ISSN 1881-6096
定価 2,970円 (本体2,700円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

特集 迷走神経の不思議

迷走神経の生理学──基礎研究の歴史から現在への展開
鈴木郁子

マウス迷走神経活動の電気生理学的測定方法
谷田 守

血管迷走神経性失神
古川俊行

迷走神経と腸脳相関──迷走神経反射による制御性T細胞誘導機構を中心に
金井隆典,寺谷俊昭

パーキンソン病におけるαシヌクレイン異常凝集体は迷走神経を介して上行する
大野欽司,平山正昭

薬剤抵抗性てんかんに対する迷走神経刺激治療
杉山一郎,他

経皮的耳介迷走神経刺激の臨床応用
山本貴道

うつ病に対する迷走神経刺激
吉野敦雄,他

ホップ由来苦味酸による脳腸相関活性化──食成分を通じた迷走神経刺激
阿野泰久

ポリヴェーガル理論──その概要と臨床的可能性
花澤 寿


■総説
「人工知能(AI)による筋病理判読アルゴリズム」の開発
大久保真理子,他

■症例報告
新型コロナワクチン(BNT162b2)接種後にギラン・バレー症候群を生じた71歳女性例
押部奈美子,他


●脳神経内科領域における医学教育の展望──Post/withコロナ時代を見据えて
第12回 オンライン多職種連携教育
河内 泉

●臨床神経学プロムナード──60余年を顧みて
第18回 Guillain-Barré症候群(GBS)の知られざる歴史的展開
(1)注目されなかった半世紀 (2)誤解と共に広がる (3)「syndrome」とは
平山惠造

●LETTERS
レンブラント絵画の中の「脳と神経」
森 望

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。