• HOME
  • 書籍
  • 見て学ぶ 一般検査学アトラス 


見て学ぶ 一般検査学アトラス
外観検査から顕微鏡検査まで

もっと見る

好評を博した『検査と技術』誌 Vol.50 No.3(2022年3月・増大号)「見て学ぶ 一般検査学アトラス──外観検査から顕微鏡検査まで」の待望の書籍化。検体の外観・顕微鏡写真をさらに充実させ、「チェック問題」を付録に加えました。検体の多彩な外観(性状・色)を目で見て確認できること、典型的な成分の顕微鏡写真を多く掲載したことが本書の特長です。臨床検査のみならず、臨床診療にも役立つ一冊です。

編集 宿谷 賢一
発行 2024年07月判型:B5頁:240
ISBN 978-4-260-05663-2
定価 5,940円 (本体5,400円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

 一般検査は,わが国の独特の検査分野であり,クリニックから大学病院まで,あらゆる臨床検査の場で実施されています.取り扱う検査材料には尿,糞便,喀痰,髄液,胃・十二指腸液,穿刺液,精液などがあり,幅広く“血液以外の体液”が該当します.
 そして一般検査は,いわゆるスクリーニング検査としてだけでなく,疾病原因を確定づける検査としての一面も有しています.糞便検査の寄生虫検査,髄液検査の細胞算定検査,関節液検査の結晶鑑別などは確定診断に直接結びつく,重要な検査です.また,尿検査や糞便検査は多くの生体情報を得ることができるにもかかわらず,患者の負担が少なく,理想的な非侵襲的検査であるといえるでしょう.
 他方,髄液検査は採取量が少ないことから,多岐にわたる検査は実施できず,少量の検体からいかに多くの情報を見つけ出せるかが要求される検査です.したがって,医師が患者の臨床所見を大切にするように,臨床検査技師は,外観検査によって検体の色調や混濁を詳細に確認し,適切に判断できる能力が求められます.
 2022年春に発行された「検査と技術」誌増大号「見て学ぶ 一般検査学アトラス──外観検査から顕微鏡検査まで」が好評により早々に品切れとなり,このたび,さらに写真を充実,補足教材として2次元コードで写真を拡大して見られるチェック問題を加え,単行本として発行することになりました.
 本書は,一般検査が取り扱う幅広い検査材料について,外観検査と顕微鏡検査に重点をおきつつ,“読んで知る”ではなく,“見て学ぶ”教本をコンセプトに構成しました.そのため,解説文は最小限に留めてあります.
 各種検査材料の外観検査と疾患の関連については多くの書籍に記載されていますが,本書のように実際の検体の写真が多岐にわたり掲載され,外観検査にクローズアップされたものは少ないのではないでしょうか.また,顕微鏡検査では,臨床検査を学ぶ学生が理解できる典型的な成分を多く掲載し,特に尿沈渣成分は542枚の写真から構成しています.さらに,尿沈渣検査の理解を深めるために腎・尿路系の組織像も加えてあります.
 検査材料の色調などの情報は,臨床検査のみならず,臨床診療においても確認する機会があることから,医師・看護師にも有用な一冊であるといえます.本書を一般検査学の参考書として活用していただくことにより,外観検査の多彩な情報を体感し,顕微鏡検査のレベルアップにつながることを願っています.
 最後に,本書の発刊にあたり,貴重な写真のご提供,ご執筆をいただきました諸先生に心から感謝いたします.

 2024年5月
 順天堂大学医療科学部教授・臨床検査学科
 宿谷 賢一

開く

尿検査
  尿の外観検査
  尿沈渣検査
  尿沈渣検査に必要な組織像

髄液検査
  髄液の外観検査
  髄液の顕微鏡検査

穿刺液検査
 【胸水・腹水】
  胸水・腹水の外観検査
  胸水・腹水の顕微鏡検査
 【CAPD排液】
  CAPD排液の外観検査
  CAPD排液の顕微鏡検査
 【関節液】
  関節液の外観検査
  関節液の顕微鏡検査

糞便検査
  糞便の外観検査
  寄生虫検査

精液検査
  精液の外観検査
  精液の顕微鏡検査

結石検査
  結石の外観検査

その他の検体の検査
  その他の検体の外観検査

文献一覧
チェック問題
索引

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。