• HOME
  • 書籍
  • 乳癌診療ポケットガイド 第3版


乳癌診療ポケットガイド 第3版

もっと見る

進化し続ける聖路加国際病院ブレストセンターのチーム医療を、この1冊のマニュアルに収載! 乳癌診療に携わる医師はもちろん、専門看護師、薬剤師、遺伝カウンセラーなどメディカルスタッフの方々にとっても役立つ知識、実臨床で求められる新規治療の詳細まで、コンパクトにまとめた。乳癌診療の専門性はさらに向上し、多職種が協働して患者を支えることがますます求められている。乳癌の専門家をめざすのであればぜひ。

編集 聖路加国際病院ブレストセンター・ オンコロジーセンター
責任編集 吉田 敦 / 扇田 信 / 梶浦 由香
発行 2024年07月判型:B6変頁:280
ISBN 978-4-260-05615-1
定価 4,180円 (本体3,800円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

第3版の序

 前回の第2版が発行されてから約10年の歳月が経過しました.この間に本邦の乳癌診療では人工乳房再建の保険適用や,HBOC診療(BRCA遺伝学的検査,PARP阻害剤,リスク低減手術)等の大きな進展がありました.また薬物療法に関してはCDK4/6阻害薬やPARP阻害薬また免疫チェックポイント阻害薬などが登場し,HER2陽性の乳癌に対してはADC(抗体薬物複合体)も使われるようになり,以前にも増してサブタイプ別の治療の側面が強くなっています.
 このような新規治療の開発が進む一方で,DCISに対するactive surveillanceや,術後adjuvantにおけるアンスラサイクリンの省略など,治療のde-escalationについても議論されるようになりました.予後予測や治療効果予測を腫瘍の遺伝学的情報で行うOncotype DX®も日常診療で使用され,再発治療においてもがん遺伝子パネル検査を使用し,癌をより個別化し治療方針を決める時代を迎えています.手術に関しても,リンパ節転移があれば腋窩郭清を行う時代から,腋窩郭清が不要な患者を選択し,郭清を省略する手術のde-escalationへ向けた取り組み(targeted axially dissection:TAD)が広く計画されています.また,乳癌手術にもda Vinciを用いてより小さな創でnipple sparing mastectomyを行うような取り組みもスタートしています.

 乳腺外科医はこれらの適応や効果,そして副作用やその費用なども,情報を十分に理解し,患者さんに対して説明する必要があります.治療方針を相談するうえで乳癌の病態のみならず,患者さんの年齢や生活背景などへの配慮や,患者さん自身の希望を十分に考慮したshared discussion makingがより重要になってきています.
 乳癌診療の専門性はますます向上し,乳腺外科医1人ではその役割を担うのは難しく,腫瘍内科医,形成外科医,看護師,薬剤師,遺伝カウンセラーなどの多職種が患者の治療選択に関わりあう,チーム医療がますます重要性を増しているといえます.
 聖路加国際病院の乳腺外科のチーム医療は2006年のブレストセンター設立以来,進化を続けています.医師の働き方改革も議論されるようになり,乳腺診療の中心を女性が担う時代になりつつある近年では,乳がん看護専門看護師やがん看護専門看護師の役割も大きくなっています.スマートフォンを中心としたIT機器や,ChatGPTなどのAIの力も利用して,より患者さんに優しい,効率的な医療をめざして,日本全体で乳癌診療を考えていく時代にさしかかっていると思います.
 本書は,聖路加国際病院ブレストセンター・オンコロジーセンターで行われている,多職種診療の実際をポケットサイズでまとめたものです.日本全国の様々な環境で,日々乳癌診療を行う医療者の方々の参考になることを願い,チーム全体で協力して執筆しました.ぜひこのポケットガイドが皆様のお役に立つことを願っています.

 2024年6月
 吉田 敦

開く

I 乳癌の発生・進展

II 疫学・予防
 A 罹患率・死亡率
 B リスク因子
 C 検診

III 診断
 A 診断総論
 B 診察
 C 画像診断
 D 細胞診・組織診
 E 病理組織診断

IV 原発性乳癌の治療
 A 治療総論
 B 術前薬物療法
 C 外科的治療
 D 乳房再建術
 E 放射線療法
 F 術後薬物療法
 G 妊娠・授乳期乳癌
 H AYA(adolescent and young adult)世代乳癌
 I 術後リハビリテーション・退院指導
 J リンパ浮腫
 K 術後フォローアップ

V 進行再発乳癌の治療
 A 治療総論
 B サブタイプ別治療
 C 分子標的薬剤
 D PARP阻害薬
 E 臓器別治療
 F がん遺伝子パネル検査

VI 薬物療法の副作用
 A 骨髄抑制
 B 悪心・嘔吐
 C 末梢神経障害
 D 薬剤性肺炎
 E 口内炎
 F 脱毛
 G 手足症候群・皮膚障害
 H 眼症状
 I 便通異常
 J 心毒性
 K 浮腫
 L irAE(免疫関連有害事象)
 M 肝障害・腎障害
 N oncologic emergency

VII 緩和療法
 A 疼痛管理
 B オピオイドの使い方
 C その他の症状の管理

VIII 遺伝性乳癌
 A 家族性腫瘍と遺伝性腫瘍
 B BRCA1/2 遺伝子とHBOC

IX チーム医療
 A 総論
 B 関わる看護スタッフ

索引

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。