コアカリノート
臨床医学まるごと整理

もっと見る

臨床医学全分野のエッセンスを一冊に凝縮! 医学生が卒業までに修得すべき事項を示した「医学教育モデル・コア・カリキュラム」に準拠し、学修目標ごとに見開き2ページで完結する構成。要点を箇条書きのスタイルでまとめた文章(左ページ)と関連図表(右ページ)が、効率的な知識の整理、記憶の定着を促す。“マイノート”として徹底的に使い込んでいただきたい。(本文執筆:安達洋祐)

編集 「コアカリノート」編集委員会
発行 2024年02月判型:A5頁:2016
ISBN 978-4-260-04864-4
定価 19,800円 (本体18,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 正誤表を追加しました。

    2024.02.20

  • 序文
  • 目次
  • 正誤表

開く

 この20年間で,日本の医学教育は大きく変わりました.例えば,次の3つです.
(1)文部科学省が「医学教育モデル・コア・カリキュラム」(以下,コアカリ)を設定
(2)診療参加型臨床実習の知識と技能を患者に保証する共用試験(CBTとOSCE)を導入
(3)日本医学教育評価機構(JACME)が全国医学部の教育内容を世界基準で厳格に評価

 今の学生は,Z世代です.IT機器に囲まれて育ち,デジタルに慣れ親しんでいるため,授業は対面よりオンライン,講義はライブより録画(倍速再生),資料は紙媒体よりデータを好みます.実際,授業で講義を聞いてノートをとる姿は少なく,自宅の机で本を開いて読む学生は少数派です.今回のパンデミックで,このような傾向は顕著になっています.

 医学部の教員は,専門医や研究者です.高度先進医療や医科学研究が得意で,学生教育は苦手かもしれません.最先端の医療や研究を伝えたいために講義は早口でむずかしく,資料は詳細かつ膨大です.予習しろ,復習しろ,教科書を読めと言い,伝統ある教科書や海外の専門書を紹介しますが,厚く重く高い本を買って勉強する学生は例外的です.

 本書は,このような現状を考えて学生のために作りました.特徴を3つ挙げます.
(1)コアカリに沿って目次と項目を作り,1項目を左右2ページの本文と図表で掲載
(2)各項目で覚えてほしいサマリーを四行まとめ(約150字,30秒で読める)に要約
(3)英語や略語の理解を促すため,左ページの下段に医学用語の英語表記を列挙

 コアカリは,大学共通の学習項目です.本書は,コアカリ(平成28年度版)の臨床医学に相当する領域を網羅し,「D 臓器別疾患」569項目,「E 全身性疾患」171項目,「F-1 診療の基本」111項目を解説しました.本文・図表・写真は,医学書院の『標準シリーズ』や『新臨床内科学』を参照し,診断基準と治療方針は診療ガイドラインで確認しました.

 私は学生時代,教室の最後部の座席で講義のノートをとり,試験前には講義のまとめと記述問題の解答例を作り,同級生や後輩は「あだちノート」と呼んで使っていましたが,外科医を卒業し学生教育を支援する立場になって作り上げたこの「コアカリノート」が,臨床医学を1冊で学べる便利な本として,全国の学生に愛用されることを願っています.

 最後に,医学教育の現場で私を刺激してくれた久留米大学の学生に感謝するとともに,教育支援に関わる機会と環境を与えてくださった久留米大学学長の内村直尚先生に謝意を表し,本書の企画に賛同し支援してくださった医学書院の方々にお礼を申し上げます.

 令和5年10月
 安達洋祐

開く

令和4年度改訂版コア・カリキュラム対応目次

D 人体各器官の正常構造と機能,病態,診断,治療
 D-1 血液・造血器・リンパ系
 D-2 神経系
 D-3 皮膚系
 D-4 運動器(筋骨格)系
 D-5 循環器系
 D-6 呼吸器系
 D-7 消化器系
 D-8 腎・尿路系(体液・電解質バランスを含む)
 D-9 生殖機能
 D-10 妊娠と分娩
 D-11 乳房
 D-12 内分泌・栄養・代謝系
 D-13 眼・視覚系
 D-14 耳鼻・咽喉・口腔系
 D-15 精神系

E 全身に及ぶ生理的変化,病態,診断,治療
 E-1 遺伝医療・ゲノム医療
  1) 遺伝医療・ゲノム医療と情報の特性
 E-2 感染症
  1) 病態
  2) 診断・検査・治療の基本
  3) 症候
  4) 疾患
 E-3 腫瘍
  1) 定義・病態
  2) 診断
  3) 治療
  4) 診療の基本的事項
  5) 各論
 E-4 免疫・アレルギー
  1) 診断と検査の基本
  2) 症候
  3) 病態と疾患
 E-5 物理・化学的因子による疾患
  1) 診断と検査の基本
  2) 症候
  3) 疾患
 E-6 放射線の生体影響と放射線障害
  1) 生体と放射線
  2) 医療放射線と生体影響
  3) 放射線リスクコミュニケーション
  4) 放射線災害医療
 E-7 成長と発達
  1) 胎児・新生児
  2) 乳幼児
  3) 小児期全般
  4) 思春期
 E-8 加齢と老化
  1) 老化と高齢者の特徴
 E-9 人の死
  1) 生物的死と社会的死

F 診療の基本
 F-1 症候・病態からのアプローチ
  1) 発熱
  2) 全身倦怠感
  3) 食思(欲)不振
  4) 体重減少・体重増加
  5) ショック
  6) 心停止
  7) 意識障害・失神
  8) けいれん
  9) めまい
  10) 脱水
  11) 浮腫
  12) 発疹
  13) 咳・痰
  14) 血痰・喀血
  15) 呼吸困難
  16) 胸痛
  17) 動悸
  18) 胸水
  19) 嚥下困難・障害
  20) 腹痛
  21) 悪心・嘔吐
  22) 吐血・下血
  23) 便秘・下痢
  24) 黄疸
  25) 腹部膨隆(腹水を含む)・腫瘤
  26) 貧血
  27) リンパ節腫脹
  28) 尿量・排尿の異常
  29) 血尿・蛋白尿
  30) 月経異常
  31) 不安・抑うつ
  32) もの忘れ
  33) 頭痛
  34) 運動麻痺・筋力低下
  35) 腰背部痛
  36) 関節痛・関節腫脹
  37) 外傷・熱傷
  * チアノーゼ
  * 出血傾向
 F-2 基本的診療知識
  1) 臨床推論
  2) 根拠に基づいた医療〈EBM〉
  3) 臨床検査
  4) 病理診断
  5) 放射線等を用いる診断と治療
  6) 内視鏡を用いる診断と治療
  7) 超音波を用いる診断と治療
  8) 薬物治療の基本原理
  9) 外科的治療と周術期管理
  10) 麻酔
  11) 食事・栄養療法と輸液療法
  12) 医療機器と人工臓器
  13) 輸血と移植
  14) リハビリテーション
  15) 在宅医療と介護
  16) 緩和ケア
 F-3 基本的診療技能
  1) 問題志向型システムと臨床推論
  2) 医療面接
  3) 診療録(カルテ)
  4) 臨床判断
  5) 身体診察
  6) 基本的臨床手技

付録
 大まかにつかむからだの異常 必須110疾患 重要90疾患
 あだち法 症候別9疾患 3×3で覚える鑑別診断
 学生のための医学史年表

後記

図表出典一覧

索引
 欧文索引
 和文索引

開く

本書の記述の正確性につきましては最善の努力を払っておりますが、この度弊社の責任におきまして、下記のような誤りがございました。お詫び申し上げますとともに訂正させていただきます。

正誤表はこちら

  • 正誤表を追加しました。

    2024.02.20