家でのこと
訪問看護で出会う13の珠玉の物語

もっと見る

雑誌『訪問看護と介護』で大好評の連載まんが「家でのこと」が単行本に!新たに新作3本を収載し、読み応え十分。訪問看護の現場で出会う13の感動の物語を、鮮やかな言葉と絵で描き綴る。綿密な取材と作者の経験から生まれたストーリーは、訪問看護の魅力を伝えるとともに、そこに映し出される倫理問題や社会問題を考えるきっかけになる。看護教育におけるグループワーク教材(地域・在宅看護論)としても最適な1冊!

高橋 恵子
発行 2021年02月判型:A5頁:128
ISBN 978-4-260-04315-1
定価 1,540円 (本体1,400円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

ひろい宇宙に
こんな星が
ありまして。

その星には、
いろいろな国が
ありまして。

国には、
たくさんの町があり、

町には、
これまた
たくさんの
家があります。

そして、
たくさんの家
ひとつ
ひとつには、

かけがえのない物語が
つまっています。

開く

プロローグ

第1話 その母と子の毎日
第2話 土管の家
第3話 さいごのおやすみなさい
第4話 息子の味
第5話 もうひとつの家
第6話 私の重み
第7話 目と目から
第8話 ラジオが聴こえる部屋
第9話 コロナの頃
第10話 昔から、知っているから
第11話 間の家で
第12話 ここで、待ってるね
特別話[第6話続編] 終わりの続き

『家でのこと』ができるまで──訪問看護の根っこを探して

作者プロフィール

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。