• HOME
  • 書籍
  • 小児科レジデントマニュアル 第4版


小児科レジデントマニュアル 第4版

もっと見る

初版発行から27年、進化し続ける小児科マニュアルの最新版。「沖縄県立中部病院」「沖縄県立南部医療センター・こども医療センター」で研鑽を積んだエキスパートたちがノウハウを凝縮し、全面改訂。カラーアトラスを新設し、項目数は過去最多とさらに充実した。日常診療から救急、新生児、保健まで、“子どもをみる優しく的確な視点”が幅広く詰まっている。研修医はもちろん、子どもに関わるすべての医療職におすすめ。

*「レジデントマニュアル」は株式会社医学書院の登録商標です。
シリーズ レジデントマニュアル
監修 安次嶺 馨 / 我那覇 仁
編集 小濱 守安 / 中矢代 真美
発行 2021年03月判型:B6変頁:656
ISBN 978-4-260-03962-8
定価 4,950円 (本体4,500円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

第4版 序

 『小児科レジデントマニュアル第4版』は,前版から6年を経て改訂の運びとなった.近年の医療情報の蓄積は早く,また,診断法や治療法の進歩が年々加速している状況に鑑み,従来より改訂期間が短くなった.
 思えば,初版の発行から,すでに27年が経った.第4版のページ数は,初版の208ページから3倍以上の672ページに増えた.執筆は,沖縄県立中部病院と沖縄県立南部医療センター・こども医療センターで研修を受け,あるいは共に働き,その後,全国で診療に従事する小児科医,小児外科医らが担当している.本書の執筆者には,新たに新進気鋭の小児科医が加わり,その内容は一層充実したものとなっている.
 本書の基本的な枠組みは第3版と同様で,I 小児救急,II 小児疾患,III 新生児疾患,IV 小児保健,V 検査・手技,VI 小児検査基準値,VII 小児薬用量であるが,今回,新たなる試みとして,巻頭にカラーアトラスを取り入れ,より日常の診療に役立つものと期待している.ほとんどの写真は,関連項目の執筆者の提供によるものである.
 編集会議では監修者,編集者,編集協力者8人の委員と医学書院編集担当者が集まって作業した.8人の委員は担当項目のすべての原稿をチェックし,その結果を全体会議で検討した.原稿の長さが予定字数から大幅に超過したものは,適切な長さに縮めるよう依頼した.また,内容があまりにも高度で専門的すぎるものは,簡潔に記述するよう要請した.各項目には,原則として推薦文献とそのポイントを記述した.このことは第2版から始めたが,読者から好評なので,今回もその方針を継続した.マニュアルとしての記述の限界から,さらに詳しい内容を知るために関連文献にあたって理解を深めることを意図した.このような作業により,全体にバランスの取れた内容になったと考える.
 最終の編集会議はコロナ禍の最中で,全員が集まることが困難になり,オンライン会議を行った.時代の変化を感じつつ,マニュアルの編集作業を終えることができた.
 「Instructive Case」は沖縄県立南部医療センター・こども医療センターと沖縄県立中部病院のケースカンファレンスで討論した症例から,興味ある例を取り上げた.「Side Memo」は項目を15に増やし,COVID‒19という最新トピックスをカバーして,内容の充実を図った.検査値については,成長発達の過程にある小児の特性を考えて,適切に判断していただきたい.また,薬用量については,添付文書に全面的に従ったものではなく,執筆者の判断によるものもあることをご理解いただきたい.
 本書の発刊に際し,医学書院の山中邦人氏,安部直子氏には多大なご支援をいただいた.編集委員一同,心から感謝申し上げます.

 令和3年2月
 監修
  安次嶺 馨
  我那覇 仁

開く

カラーアトラス
略語一覧

I 小児救急
  1.発熱
  2.けいれん重積
  3.意識障害
  4.呼吸障害
  5.咳・喘鳴
  6.チアノーゼ
  7.アナフィラキシー/蕁麻疹
  8.ショック
  9.心肺蘇生
  10.脱水
  11.嘔吐
  12.下痢
  13.吐血・下血(消化管出血)
  14.腹痛
  15.低血糖症
  16.異物(気道・消化管)
  17.溺水
  18.児童虐待
  19.頭部外傷
  20.中毒

II 小児疾患
 呼吸器疾患
  1.上気道炎・咽頭炎
  2.中耳炎
  3.クループ症候群
  4.細気管支炎
  5.肺炎・膿胸
 循環器疾患
  6.先天性心疾患
  7.心不全
  8.心筋炎
  9.無酸素発作
  10.感染性心内膜炎
  11.川崎病
  12.不整脈
 腎・泌尿器疾患
  13.尿路感染症
  14.腎不全
  15.腎炎
  16.ネフローゼ症候群
 消化器疾患
  17.肥厚性幽門狭窄症
  18.腸重積症
  19.急性虫垂炎
  20.胃食道逆流症
  21.肝炎・肝不全
 血液・腫瘍性疾患
  22.貧血
  23.免疫性血小板減少性紫斑病(特発性血小板減少性紫斑病)
  24.出血性疾患
  25.輸血
  26.腫瘍
  27.白血病
 内分泌異常・代謝性疾患
  28.甲状腺疾患
  29.成長ホルモン分泌不全性低身長症
  30.糖尿病性ケトアシドーシス
  31.副腎不全症(慢性・急性)
  32.思春期早発症
 免疫・アレルギー疾患
  33.食物アレルギー
  34.気管支喘息
 感染症
  35.抗菌薬療法
  36.麻疹(はしか)
  37.インフルエンザ
  38.菌血症
  39.細菌性髄膜炎
  40.発疹性疾患の鑑別
 神経疾患
  41.熱性けいれん
  42.てんかん
  43.脳炎・脳症
  44.発達障害(神経発達症)
  45.脳性麻痺

III 新生児疾患
  1.新生児の分類と成熟度
  2.ハイリスク新生児
  3.新生児の一般的管理
  4.新生児の栄養
  5.新生児の蘇生
  6.新生児黄疸
  7.新生児低血糖
  8.新生児低カルシウム血症
  9.けいれん(新生児発作)
  10.低酸素性虚血性脳症
  11.新生児頭蓋内出血
  12.新生児の感染症
  13.新生児の呼吸管理
  14.無呼吸発作
  15.新生児一過性多呼吸
  16.胎便吸引症候群
  17.未熟児動脈管開存症
  18.新生児の外科疾患

IV 小児保健
  1.成長と発達
  2.乳幼児健診のチェックポイント
  3.予防接種
  4.学校において予防すべき感染症

V 検査・手技
  1.縫合
  2.骨髄輸液
  3.腰椎穿刺
  4.胸腔穿刺・胸腔ドレナージ
  5.検尿
  6.排尿時膀胱尿道造影
  7.グラム染色
  8.小児の鎮静法

VI 小児検査基準値
  小児検査基準値

VII 小児薬用量
  1.小児薬用量一覧
  2.ステロイドの全身投与

索引

Side Memo
 頭蓋内圧亢進症
 片頭痛のアプローチ
 SIDSとALTE,BRUE
 搬送
 熱傷
 小児の新型コロナウイルス感染症
 尿崩症
 夜尿症
 停留精巣,陰囊水腫
 便秘と便秘症
 関節痛の鑑別
 SIAD
 頸部リンパ節腫大
 子どもとたばこ
 鼠径ヘルニア

Instructive Case
 ピクつきを主訴に来院した乳児
 食道異物はすぐに症状が出ない?
 超音波検査を契機に診断に至り,MRIでフォローアップが可能だった急性巣状細菌性腎炎(AFBN)の1例
 清涼飲料水の飲ませすぎで心不全?
 頻回の喘息発作を契機に診断したムコ多糖症
 細菌性髄膜炎として治療介入された新生児脳室内出血
 X線で異常指摘のなかった頻回嘔吐の日齢2男児
 嘔吐・経口摂取不良を主訴に来院した頻拍発作
 1歳8か月男児のけいれん?
 ポート感染の診断にDTP(differential time to positivity)が有用だった小児例

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。