医学書院

検索
HOME週刊医学界新聞 > 第3221号 2017年04月24日



第3221号 2017年4月24日


2016年度保助看国家試験合格発表

保健師,助産師,看護師いずれも合格者数は昨年度に比べ減少


 厚労省は3月27日,2016年度の第103回保健師国家試験,第100回助産師国家試験および第106回看護師国家試験の合格者を発表した。

写真左 発表開始直後,列を成す関係者
写真右 受験番号を照合する受験者たち=いずれも東京・厚労省にて

 合格率は,保健師90.8%,助産師93.0%,看護師88.5%。看護師国家試験の合格率は第95回(2005年度,88.3%)以来の低さとなり,合格者数は昨年を下回った。保健師,助産師とも合格者数は昨年度に引き続き減少し,助産師の合格者数は7年ぶりに2000人を割り込んだ。学校区分による合格状況は本紙2面に示す。採点除外等となった問題については,保健師国家試験で5問,助産師国家試験で1問,看護師国家試験では8問だった。

 合格発表会場の一つとなった東京・厚労省講堂には,受験者やその家族,学校関係者,病院関係者らが詰め掛けた。発表時刻の14時を過ぎると,会場のあちこちで,友人と手を取って喜びを分かち合い,記念撮影をする姿が見られた。取材に応じた女子学生は,「緩和ケアに興味がある。入職後は患者さんから一つでも多くのことを学んでいきたい」と笑顔で抱負を語った。

 神奈川県内の看護学校の教員は看護師国家試験問題について,「五肢二択問題が出題された他,読解力や臨床判断を問う,暗記では対応できない出題が多かった」と出題傾向の変化に触れ,「国家試験の傾向に合わせ,集中して長文を読み解く力を鍛えることを意識して授業や学内試験を組み立てたい」と教育者の立場から指導の工夫に意欲を示した。

 保助看国試合格者数・合格率の推移


第106回看護師国家試験の出題傾向分析

斉藤 由美(東京アカデミー東京校 講師)

◆必修問題について

 過去問にない単語が出題されたので難しく感じたかもしれないが,「AM 10ヒューマンエラー」は医療従事者として持っておいてほしい知識であり,「PM 3光化学オキシダント」の原因物質は知っておくべきである。関係法規,社会保障の問題は新問が多かったが難易度は普通であり,解剖生理・基礎看護は例年通りであった。

◆一般問題について

 第104回以降,過去問のみの学習では厳しくなっており,その傾向は顕著になっている。初見の問題で高正答率を得るには,知識と思考力を鍛える必要がある。以前より出題されていた3~5行ほどの臨床に則した出題がAM 12問・PM 7問と増加した。問題文中にキーワード(重要事項)が増え,複数のキーワードを見つけ出し,関連付けて正解を導かなければならないため解答に時間はかかるが,「状況把握」と「看護師として何をするか」を問われているだけである。また,「AM 66脊髄損傷」「AM 80左上腕骨顆上骨折」など,整形外科分野からの出題も見られた。「PM 40関節リウマチの自助具」は2016年2月の医道審議会の議決(出題基準改定方針)を踏まえた,在宅医療での看護技術や医療用具および住宅改修等を扱う新傾向問題の一つと言える。関係法規は制度改正を間近に控える介護保険は出題減となった。「PM 46就業構造基本調査」「PM 67食品衛生法他」等は今まで出題されたことのない統計や法律であり,幅広い学習が求められる。

◆状況設定問題について

 例年AM,PM各10症例だったものが各11症例になり,さらに読解力が求められた。一般問題で時間を使い過ぎた受験生には大変だったに違いない。検査データの基準値を正しく暗記して異常を見分ける力をつけないと解けない問題が複数あった他,一般問題と同様,「看護師として何をするか」という判断を問う出題が多かった。疾患の勉強に加えて「思考力」「アセスメント力」を習得することが必要であり,実習中の教育がますます求められてくるだろう。

 次回から新出題基準へ移行するとされているが,解剖生理から疾患の病態を理解し,患者に何をすべきかという思考を問う近年の傾向は変わらないと考えられる。そのため,これまで以上に幅広く,深く知識を習得し,関連付けて考えることが重要になる。


2016年度保助看国試の合格基準

第103回保健師国家試験
一般問題を1問1点(73点満点),状況設定問題を1問2点(68点満点)とし,次の合格基準を満たす者を合格とする。
→総得点 85点以上/141点

第100回助産師国家試験
一般問題を1問1点(75点満点),状況設定問題を1問2点(70点満点)とし,次の合格基準を満たす者を合格とする。
→総得点 87点以上/145点

第106回看護師国家試験
必修問題および一般問題を1問1点,状況設定問題を1問2点とし,次の①②の全てを満たす者を合格とする。
→①必修問題 40点以上/50点
 ②一般問題,状況設定問題 142点以上/248点

註:一部の問題において採点対象から除外された受験者は基準が異なる場合がある。

■2016年度保助看国家試験合格者状況

第103回保健師国家試験合格状況

第100回助産師国家試験合格状況

第106回看護師国家試験合格状況