医学書院

検索
HOME雑 誌 > BRAIN and NERVE-神経研究の進歩

BRAIN and NERVE-神経研究の進歩


『脳と神経』 『神経研究の進歩』 の統合誌として2007年発刊。2012年に編集体制が一新された。時宜をとらえたテーマを深く掘り下げる「特集」,新しい動向をキャッチアップする「総説」を中心に座談会やインタビュー記事も充実。日々更新される神経学,神経科学の知見をわかりやすく紹介。投稿論文も常時募集中。(ISSN 1881-6096)
投稿受付

MedicalFinder ユーザ登録(無料)で最新号の目次をメールでお届けします!
詳しくはこちら

月刊,増大号3冊を含む年12冊
2016年 1部定価:本体2,700円+税
増大号定価:本体3,800円+税

2016年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 34,080円
冊子+電子版/個人 39,080円
冊子+電子版/共有 44,240円
電子版/個人 34,080円
電子版/共有 39,240円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2016年05月発行 (通常号) ( Vol.68 No.5 )
定価 2,916円 (本体2,700円+税8%)
特集 手の症候学-生理学・解剖学からみた新知見
手というのは不思議な器官で,外部からの情報を受け取り中枢へ伝えると同時に,その情報をもとに細やかな動きを遂行し,時にその人の心情までをも表現する。今回は「手の症候学」と題し,近年明らかになってきた,各疾患の病態を反映する小手筋(母指球筋,背側骨間筋)の萎縮パターンを中心に新しい知見を紹介する。