医学書院

検索
HOME雑 誌 > BRAIN and NERVE-神経研究の進歩

BRAIN and NERVE-神経研究の進歩


『脳と神経』『神経研究の進歩』の統合誌として2007年発刊。時宜をとらえたテーマを深く掘り下げる「特集」、新しい動向をキャッチアップする「総説」を中心に日々更新される神経学、神経科学の知見をわかりやすく紹介する。投稿論文も常時募集中。本誌はMEDLINEに収載されており、掲載論文はPubMedで検索可能。(ISSN 1881-6096)

投稿受付submit

月刊,増大号3冊を含む年12冊
2019年 1部定価:本体2,700円+税
増大号定価:本体3,800円+税

2019年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 34,080円
冊子+電子版/個人 39,080円
電子版/個人 34,080円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
*「BRAIN and NERVE」年間購読料 2019年消費税率変更対応価格表(PDF)はこちら
最新号のご案内
2019年06月発行 (通常号) ( Vol.71 No.6 )
定価 2,916円 (本体2,700円+税8%)
特集 補体標的治療の現状と展望
補体は,抗体を補助する分子として「補体」と名付けられた。その発見は100年以上前であるが,近年補体経路の機能の解明が飛躍的に進み,微生物感染症のみならず,さまざまな疾患の病態形成に補体系が深く関与することが明らかになってきた。現在では,補体を標的とした治療薬が新規治療として注目されている。本特集では補体の活性化が関与すると考えられる疾患における作用機序を詳述し,今後の開発が期待される候補薬などの展望もまとめた。