発刊記念Webセミナー
こんなときどうする!? 整形外科術後リハビリテーションのすすめかた 第2集

  • 受付中

2024年8月23日(金)19:00 - 21:00

※アーカイブ配信期間に視聴予定の方も、お申込みはリアルタイム配信日までにご登録ください。リアルタイム配信終了後の新規お申込みはできません。

240823sem_.png

本ウェブセミナーでは,エビデンスに基づいた整形外科手術後のリハビリテーション手法に焦点を当てます。

専門家が脊椎,膝関節,手指の手術からの回復プロセスについて詳しく解説し,臨床現場での実例を交えて具体的な術式と術後のリハビリテーションプロセスを紹介します。

参加者は,治療の計画から実行までの具体的なリハビリテーションについて学ぶことが可能です。

なお,このセミナーは基本的に,今年6月に発刊予定の『こんなときどうする!? 整形外科術後リハビリテーションのすすめかた 第2集』の内容に基づいて行われます。

  • 日時

    リアルタイム配信 2024年8月23日(金) 19:0021:00
    アーカイブ配信 8月24日(土)~9月23日(月)23:59

  • 対象

    理学療法士,作業療法士

  • 受講料

    無料

  • 指定図書

    https://www.igaku-shoin.co.jp/download_file/16500/0 こんなときどうする!? 整形外科術後リハビリテーションのすすめかた 第2集(医学書院、2024年6月下旬発行予定)
     本セミナーは上記書籍を用いて行います。
     本書がなくても参加できますが、ご用意いただくとグッと理解が深まります。

  • 開催形態

    オンライン

  • オンライン受講とは

    ・オンライン受講は、専用の視聴用URLにアクセスすることで、Web環境下で動画として視聴いただけるプランです。
     視聴されている方のお顔が講師や他の視聴者から見えることはありません。
    ・視聴に用いるパソコン、タブレット端末、スマートフォンなどのデバイスおよび通信回線につきましては、ご自身でご準備ください。
    ・受講はパソコン端末を推奨しております。
    ・リアルタイムで視聴した場合も、後日アーカイブで再度視聴可能です。
    ・アーカイブ配信は本セミナーにお申込みをいただいた方のみご視聴可能です。
    ・セミナーについてご不明な点がある際は、「セミナーについて」または「よくあるご質問」をご確認ください。

  • 注意事項

    ・配信の撮影・録画・キャプチャー等および資料の無断転載・複製等は固く禁止いたします。
    ・1名分のお申し込みに対しては、1名の閲覧となります。複数人での閲覧をご希望の場合、それぞれお申し込みください。
    ・お申し込み完了時点でメールが届きます。メールが不着の場合はお申し込みができていませんので、ご注意ください。

*一部変更となる場合がございます

  • 19:00~19:15

    挨拶と総論 (三木貴弘先生)
    セミナーの目的と全体の流れ説明。整形外科リハビリテーションの重要性と基本的な考えかたについて

  • 19:15~19:45

    講演 脊椎手術後のリハビリテーション:成人脊椎変形 (渡邊勇太先生)
    脊椎手術の種類,術後の合併症とその対策,リハビリテーションの段階別アプローチについて

  • 19:45~20:15

    講演 膝関節手術後のリハビリテーション:半月板損傷 (野村勇輝先生)
    半月板修復術後のリハビリテーションプロセス,痛みの管理,運動療法の段階的導入,日常生活への復帰までのガイドラインについて

  • 20:15~20:45

    講演 手指術後のリハビリテーション:手指骨折 (早﨑涼太先生)
    手指骨折の種類,手術後の固定と保護,リハビリテーション技術と手指機能の回復を目指したエクササイズについて

  • 20:45~21:00

    質疑応答とまとめ (三木貴弘先生)
    セミナーの内容に関する質問への返答など,参加者とのディスカッション。セミナーのまとめ。  

240823sem_miki.jpg

株式会社PREVENT Insight Lab シニアリサーチャー

理学療法免許取得後,整形外科疾患を中心に臨床活動を行う.

その後,現職にて健康科学における研究と社会への実装の両輪を回すべく活動を行っている.

編集書籍に『こんなときどうする!? 整形外科術後リハビリテーションのすすめかた』(医学書院,2021)など多数.

理学療法士・専門理学療法士(運動器・スポーツ),博士(保健科学).

X(@PHYSIO_MIKI)

240823sem_watanabe.jpg

札幌円山整形外科クリニック 副技師長

理学療法士免許取得後,総合病院にて整形外科術後患者を中心に臨床業務を行う.

その後,現職にてクリニック部門の責任者として管理業務を並行しながら,術後や保存療法,スポーツ疾患など多様な整形外科疾患に対して臨床業務や研究に汗をかいている.

編集協力の書籍として『こんなときどうする!?整形外科術後リハビリテーションのすすめかた』(医学書院,2021),代表著書に『非特異的腰痛のリハビリテーション』(羊土社,2018)などがある.

X(@SC_NABE)

240823sem_nomura.jpg

札幌円山整形外科病院 理学療法士

札幌医科大学卒業後,同大学大学院に進学し,スポーツ理学療法学分野の研究および臨床活動に従事.

2021年より現職に就き,膝関節を含む一般整形外科疾患およびスポーツ障害の患者に対する臨床活動を行っている.

博士(理学療法学).札幌医科大学訪問研究員.

スポーツ庁委託ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設活用事業(スキー・ジャンプ)医科学スタッフ.

240823sem_hayasaki.jpg

札幌医科大学保健医療学部作業療法学科作業療法学第1講座 助手

札幌医科大学保健医療学部作業療法学科卒業後,札幌円山整形外科病院入職.2019年札幌医科大学大学院保健医療学研究科博士課程前期修了,2023年より現職.

痛みと運動器の作業療法について研究を行っている.運動器作業療法研究会副代表.

著書として『こんなときどうする!?整形外科術後リハビリテーションのすすめかた』(医学書院,2021),『卒後5年までにマスターすべき 運動器障害理学療法 上肢・頚部―基礎から実践まで』(メジカルビュー社,2022)など.

X(@RHayasakiOT)

株式会社医学書院 販売・PR部 セミナー担当
TEL:03-3817-5698
E-mail:pr_web@igaku-shoin.co.jp

 

お電話でのお問い合わせは平日9:00~12:00、13:00~17:00にお願いいたします。
TEL、FAX、E-mailでのお申し込みは受け付けておりません。上の[申し込む]ボタンからお申し込みください。