医学書院

検索
HOME雑 誌 > 看護教育

看護教育


変わりゆく医療の構造、そして教育界全体の動きをみすえ、今求められる看護教育を、みなさんとともに考えていきます。ベテランの先生方はもちろん、学生への指導に不安を感じていらっしゃる新人教員の方々にも役立つ内容をお届けします。(ISSN 0047-1895)

月刊,増大号を含む年12冊
2020年 1部定価:本体1,600円+税
増大号定価:本体2,400円+税

2020年 年間購読料(本体価格,送料弊社負担)
冊子版 15,540円
冊子+電子版/個人 18,540円
電子版/個人 15,540円
*ご注文の際は消費税が加算されます。
最新号のご案内
2020年10月発行 (通常号) ( Vol.61 No.10 )
定価 1,760円 (本体1,600円+税10%)
特集 新型コロナウイルス感染症 これからの学校・教育
新型コロナウイルス感染症の看護教育への大きな影響が続いています。当初は都心部に集中していた感染も各都道府県に拡がりをみせ、学生は登校できるのか、実習に出ることができるのかなど、今後の状況はまだまだ読めない状況にあります。本特集では、8月号で紹介した、各教育機関の授業への対応を引き継ぐ形で、新型コロナウイルス感染症影響下の学校・教育を取り扱います。教育機関としての組織のあり方、自治体や病院との連携、また米国での実践と結びついた教育など、さまざまな視点をとおしてこれからの学校・教育について考える一助となれば幸いです。