精神看護 Vol.25 No.1
2022年 01月号

もっと見る

「強制入院」を経験した人たちから話を聞いた『精神看護』2021年11月号特集には、たくさんの反響をいただきました。
編集部としては、たった1回でこの課題が終わるものではないことから、さらに強制入院に関する意見・考えを募り、特集にしていくことにしました。

なお、本特集内での「強制入院」という言葉は、医療保護入院および措置入院を指しています。

ISSN 1343-2761
定価 1,650円 (本体1,500円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

■特集1 2021年11月号特集「強制入院の体験を語る」を受けて
強制入院が、「傷」を作っているかもしれない件

[インタビュー]村井美和子さんに聞く。私が今、かかわっている人たちの話
(聞き手:編集部)

身体拘束は、行う側をも傷つける
社本昌美

野生の声、動物の声 人間の声である前に
村瀨孝生


■特集2 家族看護・危機介入のコツ、教えます

高EE家族への看護の鍵は、「家族ミーティング」にあり!
小瀬古伸幸

危機介入! でも「クライシス・プランが効かない!」そんな時どうする?
小瀬古伸幸


■レポート
ECTと記憶――ある新聞記者の、珍しく、そして奇妙な物忘れ
H.I.さん

■投稿
精神科病院実習――患者さんと直接かかわる経験は、学生にとってかけがえのないものだ
服部かおる


●精神科の患者さんの感動・驚愕・奇跡の一言…6
「これまで誰にも話していない真実を教えます」
山下隆之

●たくさんの人の声、Twitterで集めました!…8
「患者さんと初めて会う時、頭の中で何を考えていますか?」
マツコ、TOKIYAPI、田端恭兵、眞榮和紘

●「ゼロ」からはじめるオープンダイアローグ…9
逆説・プロセス・システム
斎藤 環

●患者さんと社会との接点を整えるシンデレラ・メイク講座…7
プログラムの構造を守るための工夫
新田マリア

●当事者研究のスキルバンク…27
本日の研究者:まことさん 本日のスキル:良いことスケッチ法
べてるの家

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • http://www.igs-kankan.com/