病院 Vol.81 No.1
2022年 01月号

もっと見る

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は,わが国の医療提供体制の在り方に関する根本的な問題を明らかにした.新興感染症だけではなく,がん診療や脳血管障害,虚血性心疾患,外傷など他の急性期医療についても適切に対応し,医療崩壊を起こさない強靭な医療提供体制の再構築が求められている.そのための基本設計の指針となるのが地域医療構想と医療計画である.本特集では,今後の地域医療構想の在り方について,あらためて関係者の意見を整理する.
[企画・松田 晋哉]

ISSN 0385-2377
定価 3,300円 (本体3,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

■地域医療構想の制度的枠組み
新型コロナウイルス感染症流行後の地域医療構想・医療計画
鷲見 学

厚生労働省研究班の立場から考える今後の地域医療構想と医療計画の展開
今村 知明

データから考える地域医療構想の課題
松田 晋哉

■地域医療の現場から考える地域医療構想
高度急性期・急性期を担う公立病院からみた地域医療構想の今後の在り方
伏見 清秀

高度急性期・急性期を担う民間病院からみた地域医療構想の今後の在り方
太田 圭洋

回復期・慢性期からみた地域医療構想の今後の在り方
鈴木 龍太

介護老人保健施設からみた地域医療構想の今後の在り方
折茂 賢一郎

看護からみた地域医療構想の今後の在り方──地域における看護職確保・感染管理体制に焦点を合わせて
吉川 久美子

沖縄県における新型コロナウイルスの流行と地域医療構想
髙山 義浩

地域医療の現場からみた新型コロナウイルス感染症対応と地域医療構想の今後の在り方
一宮 仁


■対談
これからの地域医療構想の在り方
本田麻由美×松田晋哉

■特別記事
臨床検査技師へのタスク・シフト/シェアを推進するための法令改正──臨床検査技師へ託された業務
宮島 喜文・丸田 秀夫


●アーキテクチャー×マネジメント[84]
新型コロナウイルス感染症対応の仮設病院──大阪コロナ重症センター,埼玉県済生会栗橋病院仮設病棟,野崎徳洲会コロナ重症センター
河崎 邦生

●これからの病院経営の考え方[8]
コロナ禍で考える紹介率と逆紹介率 外来機能報告制度に関連して
小松本 悟

●医療機関で起きる法的トラブルへの対処法[9]
奨学金や研修費用などの貸与・返還請求時の注意点
長谷川 葵

●事例と財務から読み解く 地域に根差した中小病院の経営[31]
特定医療法人丸山会 丸子中央病院──「地域のしあわせ創り」を理念に地域へ貢献し続ける病院
内記 恵和

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。