公衆衛生 Vol.86 No.8
2022年 08月号

ISSN 0368-5187
定価 2,640円 (本体2,400円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

特集 検疫所と地方衛生研究所――さあ、表舞台へ

Editorial――今月号の特集について
曽根 智史

■検疫所編
検疫所とその業務
奥村 二郎

過去の感染症対応の経験から学ぶこと
垣本 和宏

新型コロナウイルス感染症の検疫対応とその特徴
柏樹 悦郎

■地方衛生研究所編
地方衛生研究所の概要――歴史的経緯、特徴、課題
四宮 博人

COVID-19対策における地方衛生研究所の業務の実際
貞升 健志・吉村 和久

地方衛生研究所における研究活動と人材育成
髙崎 智彦

地方衛生研究所の新しい流れ
調  恒明


■特別企画 積極的疫学調査から見た新型コロナウイルスの感染特性
新型コロナウイルス対策における積極的疫学調査の意義と限界
田中 英夫

積極的疫学調査から分かった潜伏期間などの時刻の差
緒方  剛

積極的疫学調査から分かった変異株の感染力
高橋 佑紀


●衛生行政キーワード・143
オンライン診療の経緯と展望
瀧  翔哉

●患者さんに「寄り添って」話を聴くってどういうこと?・4
死の話題とどう向き合うか――まだ死にたくないんです!
清水  研

●映画の時間
劇場版 ねこ物件
桜山 豊夫

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。