公衆衛生 Vol.85 No.3
2021年 03月号

ISSN 0368-5187
定価 2,640円 (本体2,400円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 収録内容

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

ポスト・コロナ時代の自殺対策
本橋  豊・木津喜 雅

感染拡大緊急事態に関連する自殺行動の精神医学的理解と対応
太刀川 弘和

外出自粛による高齢者の健康被害と自殺を防ぐ――コロナ時代の新たな社会参加とつながり
西塚  至

外出抑制による依存症への影響と対策――コロナ関連自殺を防ぐ
松本 俊彦

COVID-19パンデミックと医療従事者のメンタルヘルス
渡部 雄一郎・染矢 俊幸

長期自粛生活がもたらす働き盛り世代の「コロナうつ」
藤井 靖

学校の休業と再開で高まる子どもの自殺リスク――外出自粛ストレスへの対処法
荻上 チキ

ICTを活用した自殺対策とコロナ禍以後の支援の在り方
伊藤 次郎


●クライシス・緊急事態リスクコミュニケーション・1
リスクコミュニケーション:平時と緊急時との相違点
蝦名 玲子

●衛生行政キーワード・138
自殺対策のこれまでとこれから
松井 佑樹

●リレー連載・列島ランナー・144
服薬自立支援プログラムによるアドヒアランス向上を目指して
相川 幸生

●科学技術イノベーション・最終回
公衆衛生は先端科学にどのように対応すべきか
山懸 然太朗・武藤 香織

●予防と臨床のはざまで・202
緊急事態宣言下の結婚式
福田  洋

●映画の時間
モルエラニの霧の中
桜山 豊夫

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。