総合診療 Vol.32 No.6
2022年 06月号

ISSN 2188-8051
定価 2,750円 (本体2,500円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • Editorial
  • 収録内容

開く

「総合診療」の本来の姿を求めて
藤沼康樹(医療福祉生協連家庭医療学開発センター)

 今号の特集は「総合診療」領域の、特に外来診療において、現在重要と思われる分野をセレクションし、私が個人的に信頼しているご執筆者の皆さんの視点から「これは知っておいてほしい!」というリサーチ・エビデンスを3つ紹介していただく内容となっています。
 こうした、“○○のアップデート”といった特集は、“○○=(イコール)疾患”になっていることが多いですが、今回は疾患や病態だけでなく、多疾患併存に代表される健康問題の構造的特徴についても取り上げています。これは、「総合診療」という仕事の対象の特徴が、疾患や病態、あるいは検査・治療法などの排他的独自性ではなく、健康問題の構造自体(例えば未分化健康問題や下降期慢性疾患等)にあるからです。
 たとえば、病棟医療における退院調整の仕事について考えてみましょう。医師の退院調整の捉え方に関しては、以下の3つのパターンがあるように思います。

 ①退院調整は、本来の医師の業務、つまり診療の時間を圧迫する、面倒で余分な仕事である。
 ②退院調整は、診療業務ではないが、重要なマネジメント業務である。
 ③退院調整は、仕事の対象として、診療業務と同等の価値があり、教育と研究の対象である。

 ①は昭和末期〜平成初期くらいまでの医学教育を受けてきた世代には、至極普通に見られる認識でしょう。退院調整に熱心に取り組むかどうかは、あくまでその医師の資質・人格次第ということになります。
 ②に関しては、マネジメント業務はスキルアップすべき課題として重要で、自己啓発的な学習も医師には必要であるという認識が持てる現代的な医師像が見えます。ただし、マネジメントと診療はあくまで別領域として設定されています。これは、いわば「内科」的な認識と言えると思います。
 ③は、診療とマネジメントの境界が消失しており、従来マネジメント業務とされている領域の研究や教育が、診療の研究や教育と同等の価値を持つものとして認識されています。つまり、退院調整は職業的アイデンティティを支える本質的な仕事であるということです。これは「総合診療」的な認識であると言ってよいと思います。

 この『総合診療』という雑誌が、疾患や病態のトピックスだけでなく、医学以外の領域への越境的なテーマを取り上げたり、医学知識のキュレーションの仕方がユニークであったりするのは、上記③のような、「総合診療」本来の特性にセンシティブな姿勢を持っているからだと思います。
 これからも総合診療がさまざまな診療科の知識や技術の足し算では成立しないという意識を持って、『総合診療』誌を面白く読み応えのある雑誌にしていければと思っています。

開く

医書.jpにて、収録内容の記事単位で購入することも可能です。
価格については医書.jpをご覧ください。

特集 総合診療外来に“実装”したい最新エビデンス My Best 3

■総論
エビデンスを実地診療に実装するには
実装科学(Implementation Science)入門
梶 有貴

■知っておきたい! Common Diseases 最新エビデンス My Best 3
①高血圧
厳しすぎる血圧治療と薬物治療偏重、フレイルの低血圧の危険
名郷直樹

②慢性腎臓病
杉本俊郎

③糖尿病
岩岡秀明

④多疾患併存
大浦 誠

⑤脂質異常症
大西由希子

⑥骨粗鬆症
山本昌弘

⑦痛風
浜田紀宏│谷口尚平│大塚裕眞│中井 翼

⑧COPD
吉松由貴

⑨喘息
倉原 優

⑩急性冠症候群
太田 洋

⑪進行期・終末期心不全
大森崇史

⑫心房細動
小田倉弘典

⑬ポリファーマシー
青島周一

⑭逆流性食道炎
久野裕司│京兼和宏│松浦俊博

⑮COVID-19
古谷賢人│伊東直哉

⑯関節リウマチ
山室亮介│萩野 昇

⑰統合失調症
宇野晃人│田宗秀隆

⑱うつ病
生物心理社会的に読む、うつ病論文 My Best 3
今村弥生

⑲健康の社会的決定要因
水本潤希

⑳小児期発症疾患成人移行例
窪田 満

今月の「めざせ!総合診療専門医!」問題


●Editorial
「総合診療」の本来の姿を求めて
藤沼康樹

●ゲストライブ
磨け! 問診力──診断に迫る“+α”のテクニック
11のQuestions にタロウとタケシがお答えします!
上田剛士│志水太郎

●アスクレピオスの杖│想い出の診療録│26
傾聴の偉大な力
小宮ひろみ

●What’s your diagnosis?│234
泣けなしの金と赤いお尻
池田宜央│酒見英太

●高齢者診療スピードアップ塾|効率も質も高める超・時短術│6
「院内コンサルト」は8割の情報でいい!
増井伸高

●オール沖縄! カンファレンス Ver.2.0│レジデントの対応と指導医の考え│65
発熱、頭痛ときたら…
宇佐美福人│鈴木智晴│徳田安春(監修)

●患者さんには言えない!?│医者のコッソリ養生法│12
翌日に疲れを残さない、ぐっすり「睡眠」の養生 2
須田万勢

●Dr.上田剛士のエビデンス実践レクチャー!│医学と日常の狭間で│
患者さんからの素朴な質問にどう答える?│27
夫婦が似るならペットも似る
上田剛士

●臨床小説│後悔しない医者│今と未来をつなぐもの│26
感じとろうとする医者
國松淳和

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。