安全に狂う方法
アディクションから掴(つか)みとったこと

もっと見る

そんなわたしに女性セラピストは、このうえない毅然さと丁寧さでこう言った。「あなたには、安全に狂う必要が、あります」──そう、自分を殺しそうになってまで救いたい自分がいたのだ。そんな自分をレスキューする方法があったのだ。著者はあらゆる生きづらさの底にアディクションを発見するが、「アディクション=依存症」ではないと言う。それは物との恋愛であり、思考への固着なのだと。愛と思考とアディクションをめぐる感動の旅路!

*「ケアをひらく」は株式会社医学書院の登録商標です。
シリーズ シリーズ ケアをひらく
赤坂 真理
発行 2024年06月判型:A5頁:260
ISBN 978-4-260-05693-9
定価 2,200円 (本体2,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

プロローグ 魂を救うこと

人を殺しそうになったことがある
それをしないためには死ぬしかない
そう思いつめたことがある

でも本当に死にそうになったとき
命はどこまでも生きていた
けなげにかわいく
変わり果てた姿でもかわいく

過去も未来もなく
今輝いていた
ふるえていた
わたしひとり
ただ脆弱な皮膚につつまれて

ああごめんなさいわたし
わたしは死にたいというか
生きてませんでした
ごめんなさいわたし
わたしの

必ず救います

“なんで真理さんは身体を使った表現をするようになったのですか?”

と聞かれて
うまく答えられなかった
でもこういうことが関係あるのはまちがいない

自分のためのレスキュー
きっとほんとは自作自演
必死の自作自演
死ぬかもしれない自作自演

自分のためのレスキュー
そうして助けを呼びこむこと

それがどういうかたちをとるかは
本人にもわからなく
わからないなりに必然

必然のアイコニックな姿をとって

わたしの前に現れる

わたしが

わたしを殺しそうになったのは
わたしの執着(アディクション)

しかしわたしを殺しそうになってまで
救いたいわたしがいたのだ

アディクションを考えることは

実に

複雑で
誤作動多き人類の取り扱い説明書を
手探りでつくるようなこと

わたしのすることはそういうこと

開く

プロローグ 魂を救うこと

第一章 アディクションの世界
 1 依存症とアディクション
 2 なりたいものにすぐなれる

第二章 わたしはひとりのアディクトである
 1 愛と思考とアディクション
 2 あなたには、安全に狂う必要が、あります
 3 ひと夏の食と石牟礼道子
 4 愛の技術

第三章 なじめない人たち
 1 失われた楽園
 2 祭りのような何か
 3 仮面を付けること、取ること
 4 この刃を自分に向けていた
 5 祝福の旅

第四章 浮遊霊よ、表現すればいい
 1 インターネットという人災
 2 浮遊霊が生き霊に変わるとき
 3 生き霊を社会が引き受けるために
 4 表現への渇望がスパークする

第五章 祝祭へ
 1 めばがくれた詩
 2 死にながら生きる方法
 3 うっかり神はやってくる

あとがき

タグキーワード

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。