• HOME
  • 書籍
  • 所見から考えるぶどう膜炎 第2版


所見から考えるぶどう膜炎 第2版

もっと見る

原因が多彩で鑑別診断が難しいぶどう膜炎をテーマに、“所見”をベースに評価・鑑別のプロセスと注意すべきポイントを示した好評書、待望の改訂版。初版の内容から写真を大幅に追加・変更しパワーアップ。「multiplex PCRの応用」「免疫チェックポイント阻害薬によるぶどう膜炎」など最新のトピックスもフォローするなど、臨床医が“今”知りたい内容へと生まれ変わった。

シリーズ 眼科臨床エキスパート
シリーズ編集 𠮷村 長久 / 後藤 浩 / 谷原 秀信
編集 園田 康平 / 後藤 浩
発行 2022年07月判型:B5頁:328
ISBN 978-4-260-04935-1
定価 17,600円 (本体16,000円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

第2版 序

 本書が2013年に発刊されて10年近い時間が経過した.ぶどう膜炎患者の所見のとりかたにはいくつかの見るべきポイント,言い換えると診察の原則がある.例外が存在することも確かであるが,ポイント・原則を知って診察するのと,ただ漫然と診察するのとでは大きな違いがある.本書はまず総論で「所見のとりかたの原則」を説いたうえで,疾患別に豊富で良質な画像を著者の皆様の協力で集めることができた.こうしてできた本書は,発刊以来読者から多くの反響をいただいた.「ぶどう膜炎はわかりにくくて,雲をつかむような感じだ」「眼炎症の所見をとるのにどこをどのように見たらよいのかわからない」といった声に対して,本書は一定の答えを出すことができたのではないかと考える.

 この10年でぶどう膜炎領域では疾患概念が見直され,検査法・画像診断法・治療法でもさまざまな進歩があった.わが国でも「ぶどう膜炎診療ガイドライン」が整備され,診療の道筋がより明確になった.本書の改訂に当たっては初版で取り上げたコンセプトを変えることなく,診察のポイントをよりわかりやすくさらに図解も加えて再構成した.新しい疾患概念や検査法,最新の疾患画像を網羅し,診察を行ったうえで進むべき次のステップをわかりやすく示すことができたと思う.また,画像の質にこだわり,初版よりさらに良質の画像を集めることができたと思う.

 本書がぶどう膜炎診療のよき理解を助けるものとして,これからも皆様の手に取っていただけるものになれば,執筆者一同,望外の喜びである.

 2022年6月
 編集 園田康平,後藤 浩

開く

第1章 総説
 ぶどう膜炎の診療概論
    I. ぶどう膜の解剖・生理
    II. 定義
    III. 分類
    IV. 問診
    V. 診察
    VI. 検査・診断
    VII. 治療

第2章 総論
 I 目で見るぶどう膜の解剖・生理
    I. 発生および先天異常
    II. 解剖と組織
    III. 生理機能とその制御
    IV. 免疫機能と役割
    V. 病理
 II 目で見るぶどう膜炎の疫学
    I. わが国におけるぶどう膜炎疾患の統計
    II. わが国におけるぶどう膜炎疾患の推移
    III. アジア各国におけるぶどう膜炎疾患の割合
 III ぶどう膜炎の画像検査
    I. フルオレセイン蛍光眼底造影検査(FA)
    II. インドシアニングリーン蛍光眼底造影検査(IA)
    III. 光干渉断層計(OCT)
 IV ぶどう膜炎の機能検査
    I. 視野検査
    II. マイクロペリメータ(MP-1)
    III. 網膜電図(ERG)
 V 診断に役立つ全身検査
    I. 診断に全身検査が有用なぶどう膜炎
    II. 全身検査を必要としないぶどう膜炎
    III. 全身検査を必要とするぶどう膜炎
    IV. ステロイド治療の投与前スクリーニング
    V. ステロイド治療中のフォローアップ
 VI 眼所見からみるぶどう膜炎の診断と鑑別
  A 角膜後面沈着物
    I. 角膜後面沈着物における原則と例外
    II. 角膜後面沈着物を観察する際のポイント
    III. 角膜後面沈着物と疾患
  B 虹彩癒着,虹彩結節
    I. 眼所見の特徴
  C 前房蓄膿
    I. 前房蓄膿とは
    II. 前房蓄膿がみられた場合の鑑別診断
    III. 前房蓄膿の診察ポイント
    IV. 治療と前房水を用いた検査
  D 隅角所見
    I. 隅角鏡の使い方
    II. 隅角所見のポイント
  E 硝子体混濁
    I. 炎症の活動性の指標となる硝子体混濁
    II. 硝子体混濁の定量
    III. 部位からみた硝子体混濁
    IV. 形状からみた硝子体混濁
    V. 病状とともに変化する硝子体混濁
  F 網膜血管炎
    I. 網膜血管炎とは
    II. 網膜血管炎の検出と蛍光眼底造影検査
    III. 網膜血管炎の検出と広角眼底写真
    IV. 網膜血管炎の原因疾患
  Advanced Studies
   1 白点症候群
   2 癌関連網膜症について

第3章 各論
 I 内因性ぶどう膜炎
  A Behçet病
    I. Behçet 病の眼病変
    II. Behçet 病の眼所見
    III. 治療 .124
  B サルコイドーシス
    I. 眼所見の特徴
    II. 続発症・合併症
    III. 眼外症状
  C Vogt-小柳-原田病
    I. 眼所見の特徴
    II. 画像検査
    III. 眼外症状
    IV. 治療と経過・予後
  D 急性前部ぶどう膜炎
    I. 疾患の特徴
    II. 眼所見の特徴
    III. 鑑別診断
    IV. 脊椎関節炎(HLA-B27関連全身疾患)
  E Fuchs 虹彩異色性虹彩毛様体炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 診断および治療上の注意
  F Posner-Schlossman 症候群
    I. 眼所見の特徴
    II. 鑑別疾患
    III. 治療と予後
  G 尿細管間質性腎炎ぶどう膜炎症候群
    I. 眼所見の特徴
    II. 全身検査所見
    III. 診断
    IV. 治療と予後
  H 若年性特発性関節炎に伴うぶどう膜炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 検査所見
    III. 続発症・合併症
    IV. 全身所見
  I 糖尿病虹彩炎
    I. 疾患の特徴
    II. 眼所見の特徴
    III. 診断と鑑別診断
    IV. 治療
    V. 予後
  J 水晶体起因性眼内炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 診断と鑑別診断
    III. 治療
 II ウイルス感染によるぶどう膜炎
  A ヘルペス性虹彩毛様体炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 検査所見および鑑別診断
    III. 起炎ウイルスによる特徴
  B 急性網膜壊死
    I. 眼所見の特徴
    II. 続発症・合併症
  C サイトメガロウイルス網膜炎
    I. 臨床所見
    II. 重症度
    III. 診断
    IV. 治療
    V. 合併症
    VI. 予後
  Advanced Studies
   3 サイトメガロウイルス慢性網膜壊死
   4 免疫回復ぶどう膜炎
  D サイトメガロウイルス虹彩炎・角膜内皮炎
   A:CMV 虹彩炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 続発症・合併症
   B:CMV 角膜内皮炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 続発症・合併症
    III. 診断
    IV. 治療
  E HTLV-1関連ぶどう膜炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 診断
    III. 続発症・合併症
    IV. 眼外症状
  Advanced Studies
   5 マルチプレックスPCR(多項目PCR)の応用
 III 原虫・寄生虫感染によるぶどう膜炎
  トキソプラズマ眼感染症
    I. 臨床所見の特徴
    II. 検査所見
    III. 治療方法
 IV 細菌感染によるぶどう膜炎
  A 結核性ぶどう膜炎
    I. 概念
    II. 眼所見の特徴
    III. 診断・検査
    IV. 鑑別診断
    V. 治療
    VI. 続発症・合併症
  B 梅毒性ぶどう膜炎
    I. 眼所見
    II. 眼外所見
    III. 検査所見
    IV. 治療
  C 猫ひっかき病
    I. 病態
    II. 眼所見
    III. 診断
    IV. 治療と予後
  D 内因性細菌性眼内炎
    I. 臨床像
    II. 治療
 V 真菌によるぶどう膜炎
  内因性真菌性眼内炎
    I. 臨床像
    II. 治療
 VI 仮面症候群
  A 眼内リンパ腫(硝子体網膜リンパ腫)
    I. 眼所見の特徴
    II. 画像検査
    III. 中枢神経系リンパ腫について
  B 白血病に伴う眼病変
    I. 眼所見の特徴
    II. 診断と治療
  C 転移性ぶどう膜腫瘍
    I. 原発巣
    II. 眼所見の特徴
    III. 腫瘍生検
    IV. 治療
    V. 生命予後
  Advanced Studies
   6 免疫チェックポイント阻害薬によるぶどう膜炎
 VII 強膜ぶどう膜炎
  A 前部強膜ぶどう膜炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 原因
    III. 続発症・合併症
  B 後部強膜ぶどう膜炎
    I. 眼所見の特徴
    II. 鑑別診断
    III. 続発症・合併症
  C 再発性多発軟骨炎
    I. 疫学
    II. 病態
    III. 所見
 VIII 神経炎を伴うぶどう膜炎
    I. 特発性視神経炎との鑑別
    II. 視神経所見を生じる三大ぶどう膜炎
    III. 感染による網膜視神経炎
    IV. 小児ぶどう膜炎
    V. 眼窩内炎症
  Advanced Studies
   7 実験的ぶどう膜炎
   8 マスサイトメトリーとヒト免疫学

和文索引
欧文・数字索引

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。