• HOME
  • 書籍
  • 百症例式 胃の拡大内視鏡×病理対比アトラス 


百症例式 胃の拡大内視鏡×病理対比アトラス

もっと見る

「百症例式」第2弾は、胃の拡大内視鏡診断に自信をつけるための厳選118症例! このうち100例はスマホ/タブレット/PCでもトレーニングできます! 5つの拡大内視鏡研究会が症例を厳選し、拡大内視鏡像と病理組織像の高度な対比手法(KOTO methodなど)を用いて丁寧に解説しました! 拡大診断に必要な基本知識も最短で学べます! 本書を熟読し、拡大内視鏡像から病理組織像が思い浮かべば、あなたもエキスパート!

編集 拡大内視鏡×病理対比診断研究会 アトラス作成委員会
発行 2021年10月判型:B5頁:288
ISBN 978-4-260-04650-3
定価 6,930円 (本体6,300円+税)

お近くの取り扱い書店を探す

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。

  • 序文
  • 目次

開く

 『百症例式 胃の拡大内視鏡×病理対比アトラス』の校正刷りが届いた.総論から始まり,細かいところまで手が行き届いた素晴らしいテキストである.Webを用いた100症例のトレーニングまで付いている.さすが,先駆的な若手の内視鏡医たちの発想である.このテキストを手にしてワクワクしている多くの内視鏡医たちが目に浮かぶ.

 さて,2006年に新潟拡大内視鏡研究会を立ち上げ数年を経てから札幌,東京,京都,奈良,神戸,岡山,高知と同様の拡大内視鏡研究会が立ち上がった.このテキストはそれらの会の中の西日本である京都,奈良,神戸,岡山,高知を率いてきたかたがたの執筆による.本書の編集を担当する「拡大内視鏡×病理対比診断研究会」とは,それらの5つの地方の研究会の総称ということである.このワクワクする内容は彼らの情熱そのものである.

 筆者は拡大内視鏡像から病理組織像を思い描くことの重要性を常に主張してきたが,このテキストにはそのポリシーがそのまま引き継がれている.うれしい限りである.

 執筆者たちから「病理組織を見据えた拡大内視鏡診断」と「楽しい新潟拡大内視鏡研究会」に触れて刺激され,それを追いかける研究会がうまれたことも序文に追加してほしい,というリクエストがあった.ここで応えたいと思う.

 コロナ禍となってから1年数カ月が経過している.この間,これらの拡大内視鏡研究会も中止やリモート開催となっている.このような研究会の楽しさは,大いに思考し,大いに議論し,そして会が終わってからはビールジョッキを片手に語り合うことにあると筆者は思っている.それができないことは本当に寂しいことである.リモートではなく,それぞれの拡大内視鏡研究会の会場で,本書の執筆者たちと直接会い,語り合える日が早く来ることを祈りたい.

 内視鏡を施行している先生がたには,胃の拡大内視鏡診断を牽引している若手内視鏡医によるこのテキストから,胃の拡大内視鏡診断の面白さをぜひ感じ取ってもらいたい.

 2021年8月
 新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院 消化器内科 八木一芳

開く

I章 総論
 拡大するには,まず病変を見つけねば! 病変の拾い上げと読影のお作法
 5分で理解する! 胃拡大内視鏡の基本――構造
  Column 1 どこまで? 何が見えてる? NBI原理
 5分で理解する! 胃拡大内視鏡の基本――血管
  Column 2 どこまで? NBIと違うの? BLI原理
 絶対に知っておくべき! 切除標本の扱いとマクロ像の撮り方――内視鏡医の立場から
 絶対に知っておくべき! 切除検体の取り扱いから組織標本の作製まで――病理医の立場から
 世界一わかりやすい! KOTO method(Kyoto One-To-One correspondence Method)
  Column 3 こんなことまでできちゃうんです! KOTO method II
 エキスパートの先生方を唸らせろ! 症例提示スライドの作り方とお作法

II章 症例提示
 症例1 H. pylori未感染胃癌――診断に苦慮した症例(70歳代,女性,ピロリ菌未感染)
 症例2 H. pylori未感染胃を背景とした病変,診断は?――血管の深度の対比ができた症例(60歳代,男性,ピロリ菌未感染)
 症例3 多彩な領域を有した粘膜内印環細胞癌の1例(70歳代,女性,ピロリ菌既感染)
 症例4 H. pylori未感染胃癌(70歳代,男性,ピロリ菌未感染)
 症例5 H. pylori除菌後胃癌――腫瘍と非腫瘍の混在(60歳代,女性,ピロリ菌除菌後)
 症例6 同一病変内で異なる内視鏡像を呈した胃癌(70歳代,男性,ピロリ菌除菌後)
 症例7 H. pylori除菌後胃癌――非腫瘍上皮の被覆(60歳代,男性,ピロリ菌除菌後)
 症例8 H. pylori除菌後胃癌――非腫瘍上皮の被覆,混在(70歳代,女性,ピロリ菌除菌後)
 症例9 多彩な組織像を呈した症例(60歳代,女性,ピロリ菌現感染)
 症例10 癌に見える非癌.この境界はなぜ生じたのか?(70歳代,男性,ピロリ菌現感染)
 症例11 隆起性病変の辺縁に広がる平坦病変(70歳代,男性,ピロリ菌現感染)
 症例12 VEC patternに見えた症例(70歳代,男性,ピロリ菌既感染)
 症例13 病変内に黒色の点を認めた早期胃癌の1例(60歳代,男性,ピロリ菌除菌後)
 症例14 異なる色調を呈し,その組織構築像が問題となった症例(70歳代,女性,ピロリ菌除菌後)
 症例15 特殊な形態を示した分化型胃癌の症例(80歳代,男性,ピロリ菌感染不明)
 症例16 診断が難しいH. pylori陰性胃病変(60歳代,男性,ピロリ菌除菌後)
 症例17 組織型診断が難しいH. pylori除菌後胃癌症例(60歳代,男性,ピロリ菌除菌後)
 症例18 H. pylori現感染胃癌――組織型と深達度診断が問題となった症例(60歳代,男性,ピロリ菌現感染)

III章「百症例式」トレーニング

索引
II章症例キーワード

  • 更新情報はありません。
    お気に入り商品に追加すると、この商品の更新情報や関連情報などをマイページでお知らせいたします。